「コード・ブルー―」、はるかの悲劇に視聴者からはショックの声が多数!目が離せない展開に今週も首位を獲得【視聴熱】

「コード・ブルー―」、はるかの悲劇に視聴者からはショックの声が多数!目が離せない展開に今週も首位を獲得【視聴熱】

コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON

「コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON」(毎週月曜夜9:00-9:54放送)の第5話が8月14日に放送され、「視聴熱(※)」デイリーランキングで30847pt(ポイント)を獲得。ドラマ部門で第1位を記録した。

第5話の内容は、藍沢(山下智久)は、緊急オペと急変への対応でぐったりとしてしまう。そこに藤川(浅利陽介)が、妊娠中のはるか(比嘉愛未)が唯一食べることのできるトマトを持ってくる。幸せそうなはるかだったが、治療中に倒れ込んでしまい、流産してしまったはるかに、視聴者からは驚きと憐憫の声が多数。そんなはるかのそばにいながら「力になってやれない」と自分を責める藤川にも同情の声が集まったという内容。

第6話(8月21日放送)は、翔北病院で17歳の男子高校生が脳死判定を受ける。それは重い心臓病を患う橘(椎名桔平)の息子・優輔(歸山竜成)に移植可能な心臓が提供される可能性を示唆していたといった内容。

※SNSや独自調査を集計、今熱い番組・人物・コトバからテレビの流行に迫る新指標

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)