【実写版 弱虫ペダル】キャスト対談 木村達成×深澤大河「もう毎日のように倒れてましたね (深澤)」

【実写版 弱虫ペダル】キャスト対談 木村達成×深澤大河「もう毎日のように倒れてましたね (深澤)」

(写真左から)深澤大河、木村達成

渡辺航の人気自転車漫画を実写化したBSスカパー!のオリジナル連続ドラマ「弱虫ペダルSeason2」が8/18(金)よりスタートする。昨年放送され、同局にとって記録的な視聴者数を記録した1stシーズンから、主人公・小野田坂道の同級生役として、その両脇を固めているのが木村達成と深澤大河だ。クールなエリートロードレーサー・今泉俊輔と、派手好きで熱いスプリンター・鳴子章吉を熱演する人気2.5次元俳優の2人に、お互いの魅力と、自転車でのロケ撮影の苦労について聞いた。

――俳優として、お互い魅力に感じているところはどこですか?

木村「大河の良いところは…気さくに喋りかけてきてくれて、でも、そっとして置いて欲しい時は、ちゃんとそっとしてくれるところですかね」

深澤「(笑)そこなんですね」

木村「(笑)前シーズンの時に移動中けっこう喋ったりとか、一緒にゲームの話とかもしてて……で、仲良くなったんですよね」

深澤「そうだね」

木村「あと、熱いところがいい。まだ舞台とかでは共演したことないんですけど、大河とはそっちでも共演してみたいなと思ってます」

深澤「ありがとうございます(笑)。達成さんのいい所は…何かストイックなんですよね。今泉ってどっちかっていうと一匹狼って感じなんですけど、達成さんは撮影現場でオフの時とかも、その今泉として居ようとする部分があるんですよ。そういった姿勢とか、格好良いなぁと思いますし……」

木村「作ってる訳でもなんでもないよ。それが俺なんだって」

深澤「いや、でもそこが格好良いから」

木村「あざっす、もっと褒めて下さい」

深澤「(笑)もっと褒めろ?」

木村「俺、褒められて伸びるタイプだから(笑)」

深澤「じゃ…、妥協を知らないところも褒めとこうかな。もっと出来るんじゃないか、もっともっとこういう風に魅せられるんじゃないかっていう追求を、凄くする方ですよね」

木村「俺、けっこう妥協して生きてきたよ」

深澤「なんで否定するんだよ(笑)。妥協してないよ!前シーズンの時も2人でのシーン撮影とか結構多かったし、俺、達成さんのそういう場面、すごく見てきてますから!」

自転車ロードレースの実車トレーニングから始まったドラマ「弱虫ペダル」。その実車ロケは過酷なものだった。

――お二人は前シーズンから今まで、多くの過酷な撮影を共有してきたんですよね?

深澤「そうですね、結構辛い部分は一緒にやってきた仲ではありますね」

木村「前シーズンだと『1000Km耐久合宿』の撮影は、本当にキツかった」

深澤「達成さんの場合、チャリにギアがなかったりしましたからね」

木村「普通にロードレース仕様のものだと思って使って、ガツガツ進んだ結果、途中でリタイアするっていう(笑)。あのハンディは辛かったです」

深澤「パーマ先輩(=鯨井康介演じる手嶋純太)と(小越勇輝演じる)小野田くんが対決する部分とかは僕もハンディありでしたよ。本当は二人の後ろにずっと着いていかなきゃいけない撮影だったんですけど、僕と達成さんが乗ったのは普通仕様のチャリ。ロードレース仕様の二人が速過ぎて、僕らは段々と消えてくっていう(笑)」

木村「最後の直線とか、本気で走ったんですけどね。ダンシングしても、何やっても勝てないんですよ。ガムシャラに漕ぎ過ぎたら、後ろタイヤがギャーギャーギャーって滑ってて…」

深澤「原作の通り、死にものぐるいでペダルを踏んでました。原作でも皆倒れてるんですけど、もう毎日のように倒れてましたね」

木村「脚がパンパンに腫れました」

深澤「腫れたといえば、ブヨとの戦いも?」

木村「あれは嫌だった。ロケ車の中に入ってくるんだよね」

深澤「噛まれると大変なんですよ。もうみんなでワーキャーしながら、『やべーそっち行ったー!』とかね」

2ndシーズンで描かれるインターハイ編には、登場キャラクターごとに見せ場が存在。当然、小越、木村、深澤以外のキャスト陣も実車によるロケ撮影が増え、大人数での集団走行シーンも多くなってくる。

――2ndシーズンの撮影はいかがですか?

深澤「やっぱり過酷ではありますけど、今回、過酷なことを一緒にやってくれるメンバーが増えたっていうのは心強いなって思います。ライバル校である箱学のメンバーとか特にね」

木村「みんなでいると心強いですよね。でも、そうなると、みんな分のカットで撮らなきゃいけないから、誰々が(カメラで)抜かれてる時も一緒に走って下さいっていう、お付き合いの怖さ?…やっぱ3人〜4人くらいでよかったかなっていう(笑)」

深澤「確かに今回は台詞がなくても、一緒に走ってなきゃいけないシーンが、ずーっとありますからね」

木村「後ろからカメラ車で追われる撮影とかになると…カットがかかっても、その声が全然聞こえないんですよ。こっちは風切ってるから。風切って走ってるから!」

深澤「全然聞こえないから、走り続けてしまいますね」

木村「そして余計な体力を使う。必要な距離の倍以上走っちゃって、疲れちゃうんです。これはそろそろ……」

深澤「そうですね、2ndシーズンではそこら辺を考えて…」

木村「改善できるところは改善していきたいですね(笑)」

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)