麗音くんのかわいさにメロメロ、渡辺直美“親子できしゃぽっぽ”遊園地ロケに密着!

麗音くんのかわいさにメロメロ、渡辺直美“親子できしゃぽっぽ”遊園地ロケに密着!

「カンナさーん!」カンナ(渡辺直美)と麗音(川原瑛都)の絆に迫る!

この夏、癒し度100%の“親子”が注目を集めている…と言っても、上野動物園のパンダのことではない。渡辺直美がバツイチのシングルマザーを演じるドラマ「カンナさーん!」(TBS系)で、渡辺とまな息子・麗音を演じる川原瑛都くんのことだ。

ダンナ・礼(要潤)の浮気が原因でシングルマザーとなったカンナ(渡辺)は、子育てにもファッションデザイナーの仕事にも全力投球! “元”ダンナとなった礼の母・柳子(斉藤由貴)に嫌味を言われながらも、日々これでもかと襲ってくるハプニングに立ち向かう。

麗音を演じる川原瑛都くんとも撮影を通じて打ち解け、本編で2人が交わす笑顔はまるで本物の親子のよう。麗音の前のカンナは完全に“ママ”の表情。麗音も、カンナに「ママ、大好き…」と抱きつくしぐさで全国の女性視聴者の母性本能を刺激しまくっている。

カメラが回っていないときでも、2人は親子みたいに仲良しなの? カンナ&麗音ではなく直美&瑛都くんの普段の表情を知るために、ザテレビジョン記者がロケ現場へ潜入!

■ ずっと一緒! “親子”の絆の原点

8月上旬、東京近郊の遊園地に「カンナさーん!」チームの姿があった。15日に放送された5話の遊園地でのシーンを撮影するためだ。

遊園地のトロッコ列車に乗っているのは、カンナ(渡辺直美)と麗音(川原瑛都)、そしてカンナの職場の後輩・翔子(トリンドル玲奈)。この日は、青ちゃん先生(工藤阿須加)と翔子の仲を取り持つためにカンナが計画した遊園地デート。現場にはほかに、カンナにアタックをかけるニック難波役・加藤雅也の姿もあった。

ファッションデザイナーのカンナは、麗音とおそろいのアイテムを身につけて楽しむことも。この日の麗音の足元は、カンナとおそろいの白いスニーカー。すると、電車の中での待ち時間、渡辺の白いスニーカーを踏むゲームを開始した麗音役・瑛都くん。「踏まないでよー、白いお靴が汚れちゃう!」という渡辺に「瑛都のおくつも踏んでいいよー」と破壊度Maxのキュートな笑顔でにっこり。暑い中汗をふきふき頑張る撮影隊を、エンジェルスマイルで癒やしまくっていた。

まずは止まった列車の中でリハーサル。待ち時間ができると渡辺、トリンドル玲奈、瑛都くんの3人は「いっせーのー、せ」と指相撲を楽しんだり歌を歌ったり、まるで本当に遊園地に遊びにきた家族のよう。ドラマ本編で見せる親子らしい雰囲気は、こうした小さなコミュニケーションの積み重ねで生まれるのだ。演じるって、実に奥の深いものだなぁ…などと感じ入っているうちにリハーサルが終わり、渡辺が「今度、本番かもしれないよー」と瑛都くんに声を掛けると、瑛都くんは近くにいたスタッフに「きしゃぽっぽ、うごきますかー? うしろにさがりますかー?」とかわいい声で質問。そんな瑛都くんの口ぶりをモノマネする渡辺に瑛都くん、大爆笑。でも電車が動き出すと、渡辺は手や足を出そうとする瑛都くんに「危ないから出さないで」と注意するなど、“ママ”の顔も覗かせる。そんな調子でふたりは、撮影の間なんやかんやと楽しそうにおしゃべりを続けていた。

■ 22日放送の6話はカンナとニックの恋物語!

屈託なく笑い合う渡辺&瑛都くん。その笑顔は、小さなかかわりをいくつも積み重ねて獲得していったものだった。次回、折り返しの6話(22日放送)では、ニック難波と付き合い始めたカンナがハッピーオーラ全開で恋に仕事にまい進する。一方、礼は無理をしてカンナと麗音のためにマンションを購入。「これでやっとカンナたちを迎えにいける」と喜ぶが、そこで初めてカンナとニック難波が付き合い始めたことを知る。

まだまだひとヤマもふたヤマもありそうな予感…。キュートなカンナ&麗音親子にハッピーな未来が訪れますように!

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)