「―直虎」ついに政次の大勝負!高橋一生『政次を演じて何度も幸福感を得た』

「―直虎」ついに政次の大勝負!高橋一生『政次を演じて何度も幸福感を得た』

「おんな城主 直虎」(NHK総合ほか)で小野政次役を演じる高橋一生

「おんな城主 直虎」(NHK総合ほか)の主人公・直虎(柴咲コウ)を支えつつも、今川寄りの家老として仕える小野政次役を演じる高橋一生。今川側をだますため、あえて井伊では、嫌われ役を買って出ていた政次。だが、その狙いを直虎に見抜かれた政次は、今では裏で直虎と共に井伊家が治める小さな土地を守るための重要な人物だ。歴史上では裏切り者として知られている政次だが、演じる高橋はあくまで“「直虎」における政次”を重視して向き合っていると語る。

「大河ドラマは史実を基にしてはいますが、お芝居をさせていただいている者としては、現場で作っているものが全て。歴史は変えられるものではありませんが、あまり史実を意識してしまうと結末から逆算した精神状態になってしまう。僕はそれは正しいとは思っていなくて、(脚本家の)森下佳子さんが書かれているものや、スタッフが作ろうとしているものが答え。史実を踏まえながらも、その行間を描く森下さんの脚本に寄り添い、作品の一部になっていくことで、見る方の想像力を刺激できたらと思いながら演じています」

また、高橋は実際の政次は歴史書の中で書かれるほど、嫌われ者ではなかったのではないかと想像する。

「小野家代々の墓は、直虎と同じ龍潭寺にあるんです。それだけで小野家が、そこまで嫌われていなかったということが一目瞭然。では、なぜ歴史上で嫌われている人物となったのか? それは僕たちが歴史や人物の一部しか見てないからだと思うんです。でも、井伊谷に墓があり、塚がいくつか点在していたり、寺社に祭られていたり、但馬守としての足跡が残っているということは、政をしっかりやって認められていた人間だったのだと思います。森下さんも、政次だけではなく登場人物ひとりひとりの人生をないがしろにせずに、そこをきちんと脚本に書いてくださっている。僕はその脚本に盲目的に従ってお芝居してきただけで、そう思える力のある脚本だったのだと思います」

■ “沈黙を選ぶ男”政次の生き方は、美しい

とはいえ、「直虎」での政次も陰から直虎を支える、ダークヒーロー的存在。自らを繕うことなく、ただ静かに、小野家に生まれた自分の宿命に従っている。

「政次は雄弁ではなく、沈黙を選ぶ男。そういう政次の生き方は、美しいと思います。こう言うと語弊があるかもしれませんが、寡黙で何を考えているのか一番近しい人でも分からない人間って、僕、好きなんです。今は政次をやらせていただいているので、思考がそうなっているだけかもしれませんが(笑)」

そうして政次を演じてきた中で、何度も幸福感を得たと言う。

「俳優として“ああ、今、最高だ”と感じる瞬間が、『直虎』の中で何度もあったんです。“死んでもいい”と思うくらいの瞬間が(笑)。例えば、3月19日放送の第11回で、直親(三浦春馬)と次郎(法師)(=直虎の僧名)さんと3人で井戸端にいたとき、このままずっと政次をやれればいいのに、と思いました。その次の日、直親が申し開きに駿府へ向かい、最後の別れとなってしまったんですけれど、3人で子供のころの思い出話をして笑い、ただ素直に楽しい時間を政次として過ごせたんです。俳優をやっていて良かったと思った瞬間でした。一度擦れ違った3人の関係性が戻ってきた。その描写がきれいに描かれていたのです。役として幸せな時間を感じました」

■ 政次は最終的には最高の選択をした

しかし、8月6日放送の第31回以降、井伊家は過去最大のピンチに陥り、政次は直虎の身を守るために井伊家の当主となる。このとき、政次はどんな未来を見据えていたのだろうか?

「政次は囲碁をやっている人間なので、同時に5、6案の異なる手を持って構えていたと思うんです。どれを一番の選択にするかというよりは、常に複数の手を持ち、それぞれに向けて少しずつ覚悟を固めている。大抵の案は自分としては望まない結果を生むかもしれないけれども、大局を見据えていく上では選ぶしかない、と小さな覚悟をしていかなければならなかった。それが希望なのか、絶望なのか分からないですけど、最終的に政次は、その中で最高の選択をしたと思います」

最後に、現在36歳の高橋は、どんな未来を思い描いているのだろう。

「年齢にちゃんと従って生きたいと思うんです。一般的にこのぐらいの年齢でこういうことをすると言われることもスタンダードにやっていきたい。と同時に、相反しちゃうんですけれど、その年齢的なものと“別の次元に飛ぶ”ということもやりたいんですよね。どういうふうにしたら、自分なりの年齢というものを咀嚼して出していけるかと考えています。最近、残っていくことをすごく意識するんです。作品は良くも悪くも残っていくものなので、(自分の年齢を)ちゃんと見られるものにできているか? きちんと年齢を重ねられているか? ということを、今、結構意識しています(笑)」

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)