重盛さと美、再び大胆発言連発! おぎやはぎ「これ言われたら絶対うれしい」

重盛さと美が「おぎやはぎの『ブス』テレビ」でおぎやはぎに"Hな妄想"を赤裸々に語る

記事まとめ

  • 28日放送の「おぎやはぎの『ブス』テレビ」で重盛さと美が大胆発言を連発している模様
  • トークテーマ「ブスのHな夏の思い出」では、自称“ブス”が開放的な思い出を披露
  • おぎやはぎの矢作兼が「Hな妄想はするの?」と質問すると、重盛は「してます」と告白

重盛さと美、再び大胆発言連発! おぎやはぎ「これ言われたら絶対うれしい」

重盛さと美、再び大胆発言連発! おぎやはぎ「これ言われたら絶対うれしい」

重盛さと美が大胆発言を連発した

8月28日(月)夜9時から放送の「おぎやはぎの『ブス』テレビ」(AbemaTV)で、女性タレントの重盛さと美が大胆発言を連発していることが分かった。

重盛は、今回も美人の気持ちを代弁する“美人コメンテーター”として登場し、前回の同番組で過激な発言をしたことでファンが増えたことを告白。さらに、重盛は「ぐいぐいいきたいと思います」と宣言し、カメラに向かって大胆発言を。小木博明も思わず「これ言われたら絶対うれしい!」と笑顔になる。

本放送では「ブスがホットパンツに着替えたらSP」と題し、自称“ブス”な女性たちが「ホットパンツ」に着替えて登場。過去、“水着”や“浴衣”、“勝負夏服”と続き定番化されたこのファッション企画だが、そもそも好意的ではない小木は「やっぱりやるんだ、こういうの」とあきれ、矢作兼も「水着が一番嫌だったけどね…」とつぶやく。

すると前回に引き続き“ブス枠”ゲストとして登場したタレント・ぱいぱいでか美が「私、水着の回見ました!」と反応しつつ、「夏なのに秋みたいな寂しい気持ちになっちゃって…」と言い、笑いを誘う。

ホットパンツ姿を見た重盛は「普通の人がやるともうちょっとかわいい!ってなるんですけどね…」と困り顔でコメントし、おぎやはぎの2人も自称ブスたちの“2000年代のファッション”には反応に困っていた。

トークテーマ「ブスのHな夏の思い出」では、自称“ブス”が開放的な思い出を披露。

自身の体験談をうれしそうに語る自称“ブス”に、重盛はなぜか「うらやましい」と話すと、矢作は「Hな妄想はするの?」と質問する。重盛は良心の呵責で少しためらいがちに「してます」と告白する。どのような妄想をしているのか、恥ずかしそうにしながらも赤裸々に語る重盛の姿に注目が集まる。

また、28日はタレントのIMALUが“ブス枠”として2度目の登場。おぎやはぎに「また来ちゃったんだね」と言われたIMALUは「(ブス枠として出演することに)複雑な気分ですけど…そこはやっぱり殻を破って。好きなことを自由に言えて楽しいので」と、前回“殻を破る”宣言をした番組に懸ける思いを語った。

その他番組内では、リサーチ企画「巨乳ブスと貧乳ブスどちらがブスなのか?」で“ブス業界”永遠のテーマを真面目に議論する場面や、トークテーマ「本当にあったブスのもっと怖い話」では“ブスの怖い話“から“ガチ心霊トーク”に!? 8月28日(月)夜9時からの放送でぜひ、ご覧ください。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)