ももクロ・百田夏菜子の“ガチ”がスタッフをざわつかせた!?

ももクロ・百田夏菜子の“ガチ”がスタッフをざわつかせた!?

「“チャン”(ももクロChan)は本当に身内な感じ」と語る百田夏菜子

ももいろクローバーZの冠番組「ももクロChan〜Momoiro Clover Z Channel〜」(以下「ももクロChan」)が、毎週火曜にテレビ朝日で放送中。同局の動画サイト「テレ朝動画」で'10年11月に始まり、'13年4月から地上波にも進出。ももクロらしい自由で楽しい番組を展開し、他の番組では見られない素顔を見せている。

地上波放送が節目となる5年目に突入したことを受け、リーダーの百田夏菜子を直撃。連続テレビ小説「べっぴんさん」(NHK総合ほか)の撮影で出演が減っていたが、今年の春から本格復帰。「参加率低いですが」と笑いながらも、番組について語ってくれた。

■ “チャン”は身内な感じ

――「ももクロChan」は百田さんにとってどんな番組ですか?

常に身近にあるものですね。他の番組に出させていただくときは、「よし!」って気合いを入れたり、ちょっとおすまし気味になったりとか、よその人に会うような気分になるんです。

でも、“チャン”(ももクロChan)は本当に身内な感じで、撮られていることにすら気付かないこともあるんですよ。自分でもびっくりするくらいで。この間のツアー中も、ずっと“チャン”の定点カメラが(バックステージで)回っていたんですけど、“チャン”のスタッフさんが横に立っているのにナチュラル過ぎて気にならなくて、存在を忘れてしまうというか(笑)。

前に番組のアンケート(ももクロ関係者ぶっちゃけアンケート)で、「トイレで洗った手を服で拭きそうな人」で1位だったんですよ。ヘアメークさんの意見で。そのときは「そんなことない!」って言ったんですけど、そのツアー中に定点カメラが回っているのを忘れていて、カメラの前で洗った手をめっちゃ振っていたのが映っていました(笑)。

それは“よそ行きモード”だったら気を付けるじゃないですか。「タオルでちゃんと拭こう!」って思うのに、“チャン”は普段の自分が出てしまうというか、気付いたら撮られていることが多いので、一番素に近い私たちを撮ってくれているんじゃないかなって思います。

――番組で百田さんはどんな役割ですか?

ちゃんとスタジオにセットを組んでやる企画もあるんですけど(笑)、そういう企画だと東京03の飯塚悟志さんが来てくれて、しおりん(玉井詩織)が飯塚さんと一緒にMC的なことをやってくれたりするんですけど、基本的に私と高城れにはだいたいふざけています。何にも考えないです(笑)。純粋に企画を楽しんでいますね。

演出の佐々木(敦規)さんからは「お前、普通はこうするだろ!」って注意されることがすごくあるんです。でも、勝負事は勝負なんで。例えば、全部クリアしたら100万円をもらえる企画があって、みんなで“ガチ”に取りにいったんですね。最後のぶら下がり棒で、スタッフさんは「気を使って落ちるだろう」って思っていたみたいなんですけど、「いや、落ちねーよ」って(笑)。結局、それはクリアできなかったんですけど、裏では私がクリアしそうになって、ざわざわしていたみたいです(笑)。

――“ガチ”なところもこの番組の魅力ですね。印象に残っているハプニングなどはありますか?

めっちゃあると思いますよ。もはや何をハプニングと言うのかわからないくらい…いろいろありますね(笑)。メーキングで(カメラを)回してくれていることが多くて、そういう中で起こるハプニングが多いですね。ふざけていて気付かずにどぶに落ちちゃったりとか、噴水広場で遊んでたら急に水が出てきてびちょびちょに濡れちゃったりとか。普通にロケをしていても、(台本にはない)違うところで盛り上がっちゃうんです。

■ 自ら見ようとしたことはない(笑)

――ドラマ撮影で「ももクロChan」出演が少なくなっていた時期がありましたが、番組のことは気になっていましたか?

やっぱり考えてはいましたね。番組のチェックはしないんですけど(笑)。“チャン”が放送している時間って、この業界的には“ゴールデンタイム”なんですよ。仕事を終えて、お風呂に入って、ひと段落しているときに、(テレビをつけると)不意にやっていたりするんですよね。みんな狙って見ているわけじゃないんですけど、周りから「昨日見たよ」ってよく言われます。

私も(ドラマ)撮影の夜にテレビをつけたまま台本を読んだりするんですけど、そのときに“チャン”が始まったりするんですよね。そういう時は見ていました。自ら見ようとしたことはないですけど、たまたまやっていることは何度もありました(笑)。

――普通の視聴者ですね(笑)。

そうですね。普通に視聴者の一人として見ているので、「バカだな〜」ってゲラゲラ笑いながら、「こんな企画やったんだぁ」「ここに行ったんだぁ」とか思いながら見て、メンバーに会ったら「この間見たよ」って報告していました。

――では、最後に読者へメッセージをお願いします。

「ザテレビジョン」さんにはいろいろな番組が載っているので、ピンポイントで「ももクロChan」には目がいかないと思うんですよ。ももクロのファンの人以外は。だから、これを機会に面白そうだなって思っていただけたらうれしいです。

私は何も考えずに見られる番組がすごく好きなんです。頭を使わないで見られるので。それに深夜の時間帯もすごく好きなんですよ。だから、何気なく夜に「ももクロChan」を見たとしても、たまたま出合った番組で笑ってくれたりとか、癒やされたりとか、「ももクロChan」をそういう番組にしていけたらなって思います。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)