玉木宏が「巨悪は眠らせない―」見どころ語る『冨永の成長ぶりに注目です』

玉木宏が「巨悪は眠らせない―」見どころ語る『冨永の成長ぶりに注目です』

10月4日(水)放送の「巨悪は眠らせない 特捜検事の標的」で主演を務める玉木宏

10月4日(水)夜9時から放送される「巨悪は眠らせない 特捜検事の標的」(テレビ東京系ほか)。

同ドラマは、昨年10月に放送された「巨悪は眠らせない 特捜検事の逆襲」の続編。引き続き玉木宏が主演を務め、前作で検事役に初挑戦して新たな一面を見せた彼が、東京地検特捜部検事・冨永真一を演じる。

今回、主演の玉木宏にインタビューを敢行。続編となる作品への熱い思いを語ってくれた。

――演じる主人公はどんなキャラクターか、改めて玉木さんからお聞かせいただきたいです。

シンプルかつ頑固で弱音を見せない男です。自分のなりの正義を信じて突き進む姿には、同世代として共感するところがありました。

――真山仁作品の良さをお聞かせ願えますでしょうか。

テーマが世の中に置き換えやすいということは、攻撃的だとも捉えられがちだと思うんです。そんな中でも、こういった作品をかき続けるのは真山先生の信念だと思うんです。私も望まれる限り、冨永を演じていきたいですね。

――共演者とのエピソードを教えて下さい。

名取裕子さんはお話をよくしてくださって、たくさんやさしくしていただきました。すごく頼りがいのある先輩です。

岩城滉一さんも今作が初共演で、すごく男らしい方だと感じました。車やバイクなどの話をたくさん聞かせていただいて、すごく魅力的な方でした。

――今作の見どころの一つに、名取さんと対峙するシーンがあります。

自白をさせたいという思いの中で、本人の心に寄り添うような取り調べができないかと考えていました。

――撮影の中で、権野元監督から何か指示はありましたか?

監督自体はすごく撮影を楽しんでいたように感じます。前回から比べるとすごくまっすぐなストーリーなので、それをどう見せるかということにとてもこだわっていらっしゃいましたね。

取調室の中でも動きをつけて、静かな空間の中にスパイスを加えるような提案が監督からありました。オンエアを見て探して頂けたら。

――最後に作品の見どころと意気込みをお願いします。

検事と政治家と記者、それぞれの正義のぶつかり合い、何が正義なんだろう? と考えさせられるところが見どころですね。自らが正当だと思って生きていたとしても、それぞれの立場によって正義は変わると思うんです。そういったところに注目してほしいです。

前作から時間が経って、凛とした佇まいというか、冨永の成長ぶりをどう演じているかを見ていただけたら嬉しいですね。

■ 「巨悪は眠らせない 特捜検事の標的」あらすじ

若きエース検事・冨永真一(玉木)ら東京地検特捜部は、ある告発により厚生労働大臣・越村みやび(名取)を追うことになった。副部長・羽瀬喜一(奥田瑛二)いわく、部長・岩下希美(羽田美智子)の元に、医療コンサル会社「JWF」社長・楽田恭平がみやびへ賄賂を贈ったとの訴えがあったという。

しかも2人はサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)を取り締まる法案を成立させようとしていた。その頃みやびは民自党総裁選の出馬を決意。酒造を営む夫・俊策は、後見人に黛総理を置くことを懸念するが…。

特捜部は告発者である弁護士・宮崎穂積と「JWF」元債務責任者を聴取。だが証拠は信用できない内容だった。一方サ高住を取材中の新聞記者・神林裕太は、話を聞いた楽田にきな臭さを感じ始める。

告発は真実なのか? 総裁選絡みの策略なのか…? 冨永が執念でたどり着いた真実とは?

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)