「コード・ブルー」天才ピアニスト役で注目! 田鍋梨々花SPインタビュー

「コード・ブルー」天才ピアニスト役で注目! 田鍋梨々花SPインタビュー

「コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON」で天野奏を演じた田鍋梨々花

現在、「Seventeen」専属モデルとして活躍中の田鍋梨々花。夏クールドラマ「コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON」で脳に問題を抱える天才ピアニストの少女・天野奏を見て、その存在感から印象に残っている人も多いはず。そんな彼女は本作が連続ドラマ初出演! モデルから女優へと新しく活躍の場を広げる彼女に、デビューのきっかけから女優業への思いなどを直撃!

■ 保育園のころにはもうモデルの夢を持っていた

――田鍋さんは「ミスセブンティーン2016」のグランプリ受賞者。ここから有名になった先輩もたくさんいますが、選ばれたときはどんな気持ちでした?

自分が選ばれる可能性なんて10%ぐらいしかないと思っていたので、信じられなかったです。しかもこのころはまだオーディション自体、やっと慣れ始めたぐらいの時期で、実際に撮影をする動画審査でもすごく緊張してしまって。だからこそ選ばれたときは、まさか自分が?という気持ちでした。

――モデルとして「Seventeen」での撮影が始まってからはどうでした?

ポージングは初めてだったので、最初は立っているだけでも難しくて「Seventeen」を見ながら先輩方のやり方を勉強しました。ただそれは今も変わらなくて、色々なカットを撮っていると同じポーズしかしていないことが多いです。まだまだモデルとしての実力が足りていないので家で鏡を見て練習したり、先輩と撮影でご一緒したときは参考にさせてもらっています。

――怖い先輩はいない?

いません(笑)。入る前は私も先輩って怖いのかな?って思っていたんですけど、全然そんなことなくて。逆に先輩から声を掛けてくださったり、「一緒に写真撮ろう」など誘っていただいたり、皆さんすごく優しいですよ。

――特に憧れている先輩モデルさんはいます?

中条あやみさん! 後輩思いで優しくて、なおかつ面白くて場を和ませてくれる、本当に素敵な方なんですよ。モデルさん以外に映画にも出演されていて、尊敬する憧れの存在です。

――そもそも田鍋さんがこの世界に入ったきっかけは何だったんですか?

小学校の5年生のとき、「GirlsAward」(日本最大級のファンション&音楽イベント)を見に行ったときに、今の事務所にスカウトされたのがきっかけです。ただ、その前からお姉ちゃんが読んでた「Seventeen」を見ていたので、憧れはずっとあって。保育園のころからモデルになりたいと思っていました。卒園式で一人一人将来の夢を発表するときも、「モデルになる!」って言い切っていたんですよ(笑)。

――目覚めが早い(笑)。人前に出るのが昔から好きだった?

好きでしたね。そのわりに人見知りする子だったんですだけど…。事務所に入ったぐらいからそれも慣れてきて、今は全然、平気になりました。

――まだ13歳ですけど肝が据わっているというか。すごく落ち着いていますよね?

年齢より上に見えるってよく言われます。自分では意識しているつもりはないのですが…。でもモデルとしてはその方がいいのかなって思っています。

――モデルをしていて一番、楽しいことは?

自分が普段、着ないようなお洋服を着られることも楽しいし、今はメイクすることもすごく楽しいです。中学ぐらいになるとお化粧する子としない子に分かれると思うんですけど、モデルをやっていると色々なメイクをしてもらえるので勉強になる。それが嬉しいんですよ。あと、雑誌の企画によって日常の生活ではできないことを体験できるのも面白い。知らない世界をもっともっと知りたいですし、経験したいです。

■ 初挑戦の連続ドラマは不安がいっぱい

――知らない世界というところでは、ドラマ「コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON」(フジ系)で連続ドラマにも初挑戦。しかも天才ピアニスト・天野奏というハードルの高い役柄でしたが、ピアノはまったくの未経験だったそうですね。

全然やったことがなくて、両手で弾くことすらできませんでした。なので撮影が始まる前からピアノを借りて、家で3ヶ月間練習をしたのですが難しかった! 片手で弾くことから始めてちょっとずつ弾けるようになっても、両手になると途端に指が動かなくなっちゃうんですよ。でも、毎日最低でも1〜2時間はピアノに触るようにして、なんとか弾けるようになりました。

――ピアノの習得に加え、初の連ドラ出演ということで緊張したと思いますが、現場や撮影中の雰囲気はどんな感じでしたか?

「コード・ブルー―」は以前からやっている大人気のドラマなので、皆さんの思い入れが強いと思うのですが、そこに自分が後から入って演技ができるのか不安でした。その反面、いつもテレビで活躍されているすごい方達に会えるという嬉しさもあって。有名人を間近で見るのは初めてだったので、最初はフツーに「あ、本物だ」って(笑)。

――フツーに一般人目線で見てたと(笑)。

そうなんです(笑)。実際にお話をしても皆さん温かい方ばかりで安心しました。特に私は、藍沢先生役の山下(智久)さんと2人のシーンが多かったのですが、本当に優しくしていただいて。山下さんから「今やっていることがすべて積み重ねになる。それを続けていけばいつか人から憧れられる存在になれるよ」って言葉も掛けてもらえました。

――優しい。そして説得力がありますね。

はい。その言葉にすごく助けられて、オンエアで自分のシーンを見て“全然、ダメだな”と思っても、もっと勉強していこうって気持ちになれました。

――演技の面白さにも目覚めた?

本当にまだまだですけど、自分と全く違う性格の役柄を演じる事は面白いと思いました。奏ちゃんみたいに天才ピアニストで、しかも脳に病気をもっている女の子って、今の自分とはかけ離れた存在なので、その分演じるのは難しいですが、こういう子がいるという事を役を通して知ることができました。

――奏ちゃんを演じたことで改めて彼女の気持ちを理解したり、自分も同じだなと思った部分はありました?

性格的には、正反対かも。奏ちゃんは静かなタイプだけど、私はその逆。学校でも友達とよくしゃべっているし、いつもはしゃいでいるほうなんですよ。あと、奏ちゃんは自分の命よりピアノが大事って思っている子ですが、私にはそこまでのピアノ愛がないので、自分なら命を取るって思いました。でも、逆にそれだけ好きなものがある事はすごいなって尊敬します。

――田鍋さんはそこまで重大な選択を迫られたことはない?

ないですね。最近、何かに迷ったのは買い物に行ったときぐらい(笑) 。すごく可愛い洋服を見つけたのですが、2種類あってどっちがいいか決められなくて。最終的にひとつに決めましたけど、モノを選ぶときって優柔不断になっちゃうんですよね。

――わかります(笑)。話は戻りますが、「コード・ブルー―」に出たことで、心境的に変化したことはありますか?

今までモデル業をメインにやってきましたが、これからは女優として色々な作品に出演してみたいと思いました。そして、その最初が「コード・ブルー」という素晴らしいドラマでよかったなと。撮影中はスタッフさんからドラマの現場の常識ややり方など、色々なことを教わったので、それを次に活かせたらいいなと思います。

――では今後はモデルと女優の二足のわらじでやっていきたい?

私、モデルも女優も両方できる人はすごくカッコいいなと思っていて。自分もモデルとしてCMや雑誌に出て、その一方で映画にも出られる、幅広い活躍ができるようになりたいです。例えば私が好きな女優さんは小松菜奈さんなのですが、小松さんもモデル出身ですが、恋愛系から「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」(2017年、山岸由花子役)のような個性的な役まで演じ分けられるすごい女優さんじゃないですか。私もあんな風に成長して、いつか映画にも出演したいです。

――女性としてはどんな人になりたい?

しっかりして頼りがいのある人。今は「Seventeen」の中では先輩に頼ってばかりだし、欠けている部分だらけですが、いつか後輩が入ってきたとき、自分が支えてあげる存在になりたい。そのためにももっともっと色々なことを経験して、人に頼られるような女性になりたいです。

〈プロフィール〉たなべ・りりか=2003年12月24日生まれ、千葉県出身。AB型。「ミスセブンティーン2016」でグランプリを受賞し芸能界デビュー。現在「Seventeen」(集英社)専属モデルとして活躍するほか、DHC「薬用アクネコントロール」のCM等に出演

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)