「M-1グランプリ」前回王者・銀シャリがことしの注目コンビを明かす!

「M-1グランプリ」前回王者・銀シャリがことしの注目コンビを明かす!

「M-1ファンクラブ」第3回と第4回のゲストに銀シャリが登場

動画配信サービス・GYAO!で配信中の、スーパー・ササダンゴ・マシンとNMB48・渋谷凪咲が、ゲストと共に「M-1グランプリ」の魅力を紹介する番組「M-1ファンクラブ」。9月25日(月)からは第3回の配信がスタートした。

今回は第3回のゲストで昨年の「M-1グランプリ」優勝コンビ・銀シャリにインタビュー。今年優勝の期待が懸かる注目芸人などについて聞いた。

――前回の「M-1グランプリ」からもうすぐで1年になりますが、優勝して大きく変わったことなどはありましたか?

橋本直:引っ越したことくらいです(笑)。東京に住めるようにはなりましたね。

鰻和弘:仕事ではそこまでそんなに。

――お二人が去年優勝した「M-1グランプリ」ですが、どんなところに魅力があると思いますか?

橋本:テレビに出てるとか、舞台が多いとか関係なく、誰の漫才が一番面白いかを決める場で、漫才師はみんなもう「M-1」がないと駄目な体になっているんじゃないですかね(笑)。

鰻:「年末きたなー」って感じがするのも、何かいいですよね。

橋本:出る側としては、7月ぐらいから「仕上がってる?」って話になったりするんですけどね。

――予選から決勝まで期間の長い大会ですが、その期間を勝ち抜く秘訣は?

橋本:年間を通じて漫才に向き合わないと勝てないという感じはしますね。(決勝の)3カ月前からガッとやったときは勝てなかったですね。

鰻:毎日ちょっとだけ「M-1」がある気がしますね。

橋本:そうですね。“一括払い”では勝てないです(笑)。

――では、お二人が今年「M-1」で優勝するんじゃないかと注目しているコンビを教えてもらえますか?

橋本:和牛が優勝候補と言われてますけど、そのプレッシャーでどうなるか。去年の自分たちを投影しちゃいますね。若手の中ではロングコートダディです。コント師のイメージが強いですけど、昔からむっちゃ好きなんですよね。霜降り明星が仕上がってるという情報も入ってきてますし、昔から金属バットも好きで、あとは吉田たちと…

鰻:ミキとかもでしょ? それで言うたら。

橋本:「それで言うたら」で挙げるの止めてください!(笑)。僕、全組に思い入れあるんですから! 「それで言うたら」の“軽いミキ”だったら言わんといてください。

鰻:“軽いミキ”です。軽いノリで言うたやつです(笑)。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)