“AI”がアイドルバトルを判定! G☆GirlsとKNUはどっちがセクシーなの!?

“AI”がアイドルバトルを判定! G☆GirlsとKNUはどっちがセクシーなの!?

全員がミスFLASHファイナリストというG☆Girls

9月15日(金)深夜の「アイドルお宝くじ特別編 AIが選ぶ最強アイドル決定戦!」(テレビ朝日ほか)は、人工知能がアイドル対決を審査する“特別編”を放送。「萌え」「セクシー」「ワイルド」を学習したAI「OTAくん」がアイドルパフォーマンスをジャッジする。

これまでさまざまなアイドルのライブを各アイドルのファンが見守ってきた同番組。今回は、特別編として「AIが選ぶ最強アイドル決定戦!!」を開催する。世界初のアイドルパフォーマンス判定専用AI「OTAくん」を審査員として迎え、数字が取れるアイドルのパフォーマンスを判定する新たな試みに挑む。

ルールは、アイドルの特徴として挙げられやすい“推しポイント”の中から、「セクシー」「萌え」「ワイルド」の3つのテーマに分かれ、1対1のバトルを展開していく。  

「OTAくん」は昨今、囲碁やチェスなどの分野における人間と人工知能の対決で話題となった「ディープラーニング」の技術を応用。

「萌え」「セクシー」「ワイルド」を想起させる10万枚以上という膨大な量の画像を学習させることで、出場するアイドルのパフォーマンスの中でより萌え、セクシー、ワイルドなシーンを自動的に選択することを可能にした。

アイドルたちのライブパフォーマンスを見て、どちらがよりテーマに近いかをジャッジしていく。

さらに、今回「OTAくん」は過去の100回分の当番組の動画データと毎分視聴率も合わせて学習。6組のアイドルパフォーマンスの中から「最も数字が取れそうなシーン」を判定し、“高視聴率アイドル“を決定するという試みだ。

第1バトルは、「セクシー対決」。戦うのは、G☆GirlsとKNU。G☆Girlsは、ミスFLASHのファイナリストで作られた、全員がグラビアアイドルの8人組。対するKNUは、平均バストサイズ90cm、Fカップ以上のメンバーで構成された巨乳アイドルユニットであり、番組でもおなじみの2組だ。

巨乳が“売り”のKNUが「絶対に勝ちます!!」と意気込むのに対し、G☆Girlsは「私たちはおっぱいだけではなく、ウエストも細く脚もキレイなので、おっぱいだけには負けねぇ!」と反論する、深夜ならではのノリで口撃し合った。

果たして、膨大な数のグラビア画像を学習した「OTAくん」が、よりセクシーなパフォーマンスだと選ぶのはどちらなのか、“冷静な”判断に注目が集まる。

第2バトルは、「萌え対決」。世界に“Kawaiiジャパンアイドルカルチャー”を発信する5人組アイドル・わーすたと、清純系な衣装や世界観が魅力の転校少女歌撃団が激突する。

わーすたは、「萌え要素の強い猫耳をつけているので、にゃんにゃん頑張りたい、絶対負けない」と宣言し、転校少女歌撃団は、メンバーの古森結衣が「ツインテールにしてきました」とアニメっぽい声で萌えアピールすr。

アニメの画像を中心に学習した「OTAくん」が、“萌え”とジャッジするのはどちらなのか。

ほか、第3バトルでは、アップアップガールズ(仮)とCheeky Paradeによる「ワイルド対決」に加え、AIが選ぶ“高視聴率アイドル”の称号も?

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)