おぎやはぎ・矢作、週刊誌に撮られ“姉”と言い張っていた女性が“彼女”だったと告白

おぎやはぎ・矢作、週刊誌に撮られ“姉”と言い張っていた女性が“彼女”だったと告白

おぎやはぎ

9月20日の「もろもろのハナシ」(フジテレビ系)では、出演者がスタジオを飛び出し、戸越銀座商店街(品川区)でロケを敢行。その収録中に、矢作兼(おぎやはぎ)が過去のゴシップについて語った。

矢作が、ロケの拠点としてみんなで集まった飲食店について「俺、この店のウラ事情1個知ってるよ」と言い、「2日前くらいに俺のお姉ちゃん、お姉ちゃんってあのたけしさんの言うお姉ちゃんじゃなくって、(実の)姉から連絡きてね」と話し始めると、設楽統(バナナマン)が「本当?昔一緒に写真撮られたお姉ちゃん?」とちゃちゃを入れた。

すると矢作は「雑誌で一緒に…あったね(笑)、そう言うのもあった」とそれを認めると、設楽が「あれはお姉ちゃんって言い張ってたね。本当のお姉ちゃんって言い張ってたら、それ奥さんだったの。嘘ついてた。すごい嘘じゃない。本当の実のお姉ちゃんだって言ってた人と結婚したのって」と、今の奥さんと付き合っていた頃に撮られた、写真の女性について言い訳していた嘘をバラされていた。

その後、矢作は話を元に戻し「まじなお姉ちゃんから連絡が来て、今日ここでロケするでしょ?って言われたの。俺知らなかったのまず、ここでロケすること。なんでかって言ったら、ここのお店の人が、うちのお姉ちゃんの同級生だったの。すごいでしょウラ事情」と話していた。

次回の放送は9月27日(水)、「次回も商店街スペシャル 北品川からお届け!」を予定。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)