超特急の魅力がぎっしりの4時間特番決定! 白熱ライブ&舞台裏も

超特急の魅力がぎっしりの4時間特番決定! 白熱ライブ&舞台裏も

超特急を大特集した特番がCSテレ朝チャンネル1にて放送

メインダンサー&バックボーカルグループ・超特急が、昨年とことしに行った「コカ・コーラ SUMMER STATION 音楽 LIVE」、そして「超特急 LIVE TOUR 2016 Synchronism〜Body&Groovin'〜」の3つのライブを中心に構成された特番「超特急大特集 4時間SP!!」が、9月24日(日)にCSテレ朝チャンネル1で放送されることが分かった。

ことしは念願のアリーナツアーを控え、「超ネバギバDANCE」「My Buddy」と2枚のシングルが、それぞれオリコンウイークリーチャートで1位を獲得。止まることを知らない勢いの超特急。

2016年、パシフィコ横浜にて史上最多となる3万5000人を動員した「超特急 LIVE TOUR 2016 Synchronism〜Body&Groovin'〜」では、バンドを従えてのパフォーマンスに「超特急として音の幅も広がって、パフォーマンスもより高いものをお見せできたと思います」(カイ)

「このライブは、バンドの皆さんやメンバーやたくさんの方たちと共に作り上げました。あらためて、ライブっていいなあ、と思いました」(ユーキ)と、それぞれ振り返る。

メンバーのトークでは、ライブを作り上げる過程での秘蔵エピソードも飛び出す。

昨年の「コカ・コーラ SUMMER STATION 音楽 LIVE」は、メンバーの解説付きでオンエア。「僕たち本当に超特急が大好きなんで(笑)“この曲いいな”“いい顔してるな”とか素直に思ったり。本当に楽しかったです」(コーイチ)というように、素の表情でライブを鑑賞するメンバーの姿に注目してほしい。

そして、リョーガに渡された小型カメラ。そこに映るライブ前のメンバーの寛いだ表情、ライブ前の円陣の風景など、バックヤードの秘蔵映像満載で、ことし開催された「コカ・コーラ SUMMER STATION 音楽LIVE」がテレビ初放送さえれる。

「ことしも去年の熱量に負けないライブを全力でお届けします」(リョウガ)と語る通り、真夏の摩天楼のステージ「SUMMER STATION LIVE アリーナ」にメンバーが登場するやいなや、大きな歓声が上がり、既にフロアの熱量は最高潮に。

夏の定番曲「Summer love」で幕が開くと、続く「Drive on week」で“8号車”(=ファン)が1つになり、コールが。タカシが「燃え尽きていこうぜ!」と声を上げると、「My Buddy」を披露。

メインボーカルであるタカシとコーイチが、クラップと「サマステ! テレ朝!」というコールでフロアをあおると、メドレーに突入する。激しいダンスで魅了する「Make it hot!」、キュートな振りの「ライオンライフ」や「Beasty Spider」「超ネバギバDANCE」まで一気に駆け抜ける。

終盤「PAPAPAPA JUMPERS」の曲中には、なぜかダンサー5人によるかき氷の早食い競争がスタートし、敗者には罰ゲームも。超特急らしいコミカルな演出にフロアからは笑いが。アンコールでは灼熱のライブにぴったりの楽曲「Burn!」、ラストは切れ味のあるダンスで「超えてアバンチュール」を披露した。

リョーガが「最高の声ありがとうございました!」と8号車に感謝を伝えると、「これだけ盛り上がったから…来年も出られますよー!」と宣言し、幕を下ろした。

そんな超特急による4時間の“お祭り”は、最後まで見逃せなそうだ。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)