“未来のスーパースター”Lily's Blow「これからも全力で激熱なライブを!」

“未来のスーパースター”Lily's Blow「これからも全力で激熱なライブを!」

Lily's Blow・NANAがたっぷりと語ってくれた

都内のライブハウスを中心に活動するNANAのソロプロジェクト・Lily's Blowが、9月20日(水)に2ndシングル「花の影 / 泥沼 Break Down」をリリース。

発売を前にインタビューを行い、聴きどころやメジャーデビューから半年が経過した現在の心境などについて語ってもらった。

――2ndシングル発売おめでとうございます。早速ですが、1曲目の「花の影」の聴きどころを教えてください。

ライブなどでも披露して好評いただいているんですけど、この曲はLily's Blowとしては初めて和風サウンドに挑戦しました。本来のLily's Blowのロック調との融合を皆さんにぜひ聴いてほしいです!

――イントロからして和ですもんね!

そうなんですよ! 琴と縦笛が使われています。この曲はアニメ「信長の忍び〜伊勢・金ヶ崎篇〜」(TOKYO MXほか)の主題歌なんですが、私は以前からそのアニメが大好きで、よく見ていたんです。

主人公の千鳥ちゃんという忍びの女の子が大好きで、千鳥ちゃんが月を駆け抜けていくイメージにしたいと、プロデューサーと相談しました。

――「信長の忍び」ファンの方からの反響はありますか?

そうですね。「歌がカッコイイ!」などのコメントを頂くことがあります。そういった声はとてもうれしいですね。

――やっぱりNANAさんは「かわいい」よりも「カッコイイ」って言われる方がうれしいんですか?

はい。かわいい系でも美人系でもないので(笑)。メンタルは負けていませんが。

――えっと、どういうことですか?(笑)

私は中身で勝負しなきゃ!という感じです(笑)。

――いやいや、十分かわいらしいと思いますよ。

そんなこと言っても何も出ませんよ!(笑)

――いえ、そういう意味では(笑)。では、もう1曲「泥沼 Break Down」についてはどうでしょう?

これは家でお昼のワイドショーを見ていて、インスピレーションが湧いてきまして…。

――ワイドショー!? あ、その泥沼ですか。

そうですね。プロデューサーと話し合って、こういう曲を作りたいということで作らせてもらいました。この曲は浮気性の男性に女性代表としてガツンと言ってやる曲です(笑)。

そういう強気な気持ちで作ろうと思ったんですけど、その中で好きになっちゃいそうな自分もいる、というような。そういうピュアな部分も描いている曲だと思います。

――泥沼というわりにはかわいらしい印象を受けるメロディーですよね。

曲調はそうかもしれないですね。でも、歌詞を読んでいただくと、結構“沼な感じ”がしますよ。

――特に気に入っている歌詞はありますか?

そうですね。「地獄行き!決定」という箇所は気に入っています(笑)。前半では「トボケていますね?」などとかわいらしく言っているんですけど、結果「地獄行き」なんですよ。歌詞とメロディーのギャップが気に入っています。

――NANAさんも出演されている「真夜中のみつばち少女」(TOKYO MX)にも起用されていますね。私も見ましたが、この番組では、皆さん体を張られていますよね!

はい。私にとって念願のレギュラーバラエティーです。私もともとお笑い番組が好きだったので、とてもうれしくて! 仲がいい先輩や後輩が一緒なので、いつもわちゃわちゃしています。

ナレーションも初めてやらせてもらったんですけど、どうやったらいいのか分からなくて、最初はすごく戸惑いました。ご覧になられたならお気付きかもしれませんが、最初すごく棒読みで(笑)。でも、後半になると慣れてきました。

あと、街頭インタビューはやったことがなかったので、向こうの気持ちになって考えてみたんです。確かに急に来られたら怖いですよね。どう対処したらいいか分からなくなりますし、日々いろいろと勉強させていただいています。

――結構心が折れません? 街で知らない人に声をかけて「ちょっと無理!」とか言われたら…。

ええ、折れちゃいますね。ちゃんと聞いてくれる人は聞いてくれるんですけど。下北沢のときは雨だったし、外だったこともあってなかなか立ち止まってくれる人がいなくて、全部振られちゃって凹みました。先輩のChelsy・SHIZUKAさんと一緒だったんですけど、あのときはとてもつらかったです。でも、いい出会いもあったので、結果オーライでした。

――出会いといえば、先輩のChelsyの皆さんとの出会いも大きかったですか?

そうですね。とにかく優しいですし、よくしてくださいます。普段はおしゃれで本当にかわいい先輩なんですけど、ライブになるとガラッとイメージが変わって格好良くなるので、尊敬しています。

ドラムのAMIさんが私のライブでもサポートをやってくださっているんですけど、ドラムに魂を載せてくださるんですよ。それがすごくうれしくて、泣いちゃいそうになります。

そういう部分はとても影響を受けました。もっともっと感情を込めてお客さんに歌を届けられたらなって思っています。

――ドラムに魂を載せてとのことですが、歌っている最中に「AMIさんノッてるな〜」って気付くものですか?

気付きますね。間奏の部分でサポートメンバーの方々とアイコンタクトを取ることがあるんですけど、サポートの方々はみんな家族のような感じで、めちゃめちゃ支えてくださっていて、本当に思いを込めて演奏してくださっています。

それを見るとテンションもどんどん上がっちゃって、熱くなるものがありますよね。皆さんのおかげでより熱くなった思いを、声にできて、お客さんに届けられるので、サポートメンバーの皆さんには感謝しかないですね。

――Chelsyの皆さんとは「MITSUBACHI FES 2017」にも出られますよね。そこに向けての意気込みをお願いします。

先輩、後輩、本当にいろいろなアーティストの方が出られますよね。どんなライブでも、全て本気で、激アツで打ち上げる!というのが私のポリシーというか、やり方なので、あえて特別な思いは抱いていません。

「MITSUBACHI FES 2017」に出られるアーティストは、みんな本当にすてきで、魅力にあふれているんですけど、その中でも私たちがずば抜けて格好いいところを見せられたらなとは思っています。負けないぞー!って思いつつ、仲良く皆さんと頑張っていきたいです

――そして2ndシングルのリリース日にはワンマンもありますよね。タイトルが「泥沼レコ発ワンマンライヴ」とのことですが…このネーミングって?(笑)

名前はヤバイですよね(笑)。「花の影」と「泥沼 Break Down」は両A面なんですけど、「花の影」の方がアニメの主題歌ということもあってメディアで取り上げていただく機会が多いので、「『泥沼 Break Down』もありますよ〜! こっちもいいですよー!」というアピールです(笑)。

あと、“レコ発ワンマン”をあっさり終わらせたくないなと思っていて。悲しみだったり、喜びだったり、楽しさだったり、怒りだったり、私が持っている感情すべてをごちゃ混ぜにして、ドロドロの感情の中でやるよ!という。人生そんな甘くないから覚悟しておいて!という意味も込めて、泥沼レコ発というタイトルにしています。

――泥沼だけに、ワイドショーっぽいフリップも出てくるんでしょうか?(笑)

あ〜! 急にスクープ写真登場!みたいな(笑) そのためにわざわざスキャンダルを撮られる感じですか? 撮られるかは分かりませんが、そのアイデア頂くかもしれません(笑)。

――どうぞ(笑)。そして2017年2月にメジャーデビューされて、これで約半年経過しましたが、心境の変化はありましたか?

デビュー前もデビューしてからもいい意味で変わらずにいようと思っていたので、それはあまりないかもしれません。もちろん慣れることも大事だと思うんですけど、慣れるところは慣れつつも、初心は忘れたくないという思いがあるので、変わらずにいこうと。

ライブもたくさんやらせていただいているんですけど、どんなライブでもライブ前は必ず緊張します。ステージに立った瞬間から自分の世界に入れるので、それを引きずることはないんですけど、ライブ前は今でもすごく緊張して、どうしよう〜!ってなりますよ。

――緊張をほぐす方法は?

サポートメンバーの皆さんと「はぁ〜!」って叫んでいます(笑)。私だけではなく、メンバーも結構緊張する感じなので、みんなで「どうしよう…頑張ろう! 頑張ろう!」って言い合っています(笑)。たまにその声が大き過ぎて、ホールの観客に漏れちゃっていないか心配になることもありますね。

――なるほど。そういえば、前回のインタビューで「スーパースターになりたい!」と宣言されていましたが、その進捗はどうですか?(笑)

スーパースターへの道のりはまだまだ遠いです。道のりは遠いですけど、スーパースターになりたいと思っていること自体は全く変わっていないので、なれるように頑張ります! 

――頑張ってください。今、プライベートでハマっているものは?

お散歩です。もともと好きだったんですけど、いろいろなライブハウスでライブをやらせてもらっているので、各地の風景や町の色をのんびり見たいなと思って、よく散歩をしています。「じゅん散歩」(テレビ朝日系)のような感じで(笑)。

――「NANA散歩」ですね(笑)。町の人に絡むんですか?

いえいえ。特に何かをするわけではなく(笑)。もちろん絡むわけでもなく、ひたすら1人で街歩きをしたり、メンバーの方と歩いたり、っていう感じなんですけど、ハマっています。県外でツアーをしたいなと思っているので、今後はいろいろな所でやりたいですね。今はライブも都内が中心ですけど、ツアーなどで行った各地の景色も見たいです。ひいては旅がしたいですね。

――結構距離も歩かれるんですね!

歩きますよ! たくさん歩いて、熱〜いお風呂に入って寝るのが好きなんですよ。20歳とは思えない感じですよね(笑)。

――温泉も行きますか?

最近あまり行ってないんですけど、岩盤浴も好きなので、落ち着いたら温泉旅行に行きたいです。

――この秋、仕事以外で行ってみたいとか、やりたいことはありますか?

「真夜中のみつばち少女」で、格闘技をやらせてもらったことがあって、めっちゃいい汗かいたんですよ。普段から走ったりして汗はよくかく方ですが、それとはまた違う爽快感がありました。

それでキックボクシングっていいな!と思っちゃって。女性も結構やられている方が多いですし、私も本格的にキックボクシングを始めてみたいなって思っています。

――体を鍛えるのはお好きなんですか?

そうですね。筋トレもそうですし、走るのも。体を動かすのは基本的に好きなのですが、格闘技はやったことがなかったので、チャレンジしてみたいです。

――そして、汗をいっぱい書いた後に温泉に入ると。

そうですね。熱いお湯の中に入りたいですね! あっ!

――うまくつながりましたね(笑)。

つながりましたね〜!(笑) つなげていただいてありがとうございます!

――では、最後にこれからの意気込みと読者の方へメッセージをお願いします。

まだまだスーパースターにほど遠い人間ですけれども、これからも全力で激熱なライブを繰り広げていきたいと思いますので、ぜひライブにも来てください。9月20日(水)のワンマン、皆さんお待ちしております!

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)