東山紀之、「キャスターとして迎えてくださった皆さんの勇気に応えたい」 51歳での初挑戦に期待!!

東山紀之、「キャスターとして迎えてくださった皆さんの勇気に応えたい」 51歳での初挑戦に期待!!

10月2日(日)スタート「サンデーLIVE!!」の記者会見が開催

10月1日(日)からスタートする大型ニュース情報番組「サンデーLIVE!!」(毎週日曜朝5:50-8:30、テレビ朝日系)の制作発表記者会見が行われ、キャスターに初挑戦する東山紀之が登壇した。進行役として、小木逸平アナ、ヒロド歩美アナ、濱田隼アナ、林美桜アナも参加し、それぞれ番組への意気込みを語った。

同番組では、日曜朝のフレッシュなニュースをしっかりと伝えつつ、紙面に踊るスクープネタも漏らさず紹介。政治、経済、国際社会、大きな事件・事故、災害など考えなければならない問題の中から、「日曜の朝だからこそ知っておきたい」テーマを厳選して、分かりやすく解説する。ニュースという言葉にとらわれず、今の日本の「気になる」情報を深掘りする。

一致団結して新番組を盛り上げるべく、会見では東山が壇上に設置された「サンデーLIVE!!」のロゴを完成させることに。

ビクトリーの“V”、チェックボックスに入れる“チェックマーク”、そして“右肩上がり”といった意味を込め、一文字だけ赤く彩られた“V”の特大パネルを力強くはめ込み納得の表情を見せる東山。

完成したロゴを背に東山は「僕を情報番組のキャスターとして迎えてくださったテレビ朝日の皆さんの勇気に大変感謝しますし、その勇気に応えるべく頑張っていくつもりです。51歳にして初めてのチャレンジになりますが、いい年を迎えられるよう、この5人で頑張っていきたいと思っています」とアピールした。

アナウンサー陣に対しては、「若い力、ベテランの力が融合されると、野球でも優勝しますから(笑)。そんなチームを目指したいです」とコメント。

20代の頃から新聞の気になる記事をスクラップし、各報道番組のニュースの報じ方を比べていたという東山は、“今気になるニュース”として北朝鮮問題を挙げ、「やはり核兵器の開発という問題が出てきていますし、それがいちばん気になるところです」と真剣な表情で語った。

「実際、社会がどう動いているのか、それが本当のことなのかを知りたいですね」とキャスターとしての熱意をにじませた。

さらに東山は、「今後はぜひ現場にも出向き、多少危険な所でも取材をしていきたいなと思っています」と自らニュースの現場に赴く意向も表明。

その思いの原点として「東日本大震災」を挙げ、「被災された方のお話を伺っているうちに、現場の空気感を感じることは大事なことだと思ったので時間が許す限りやっていきたいです。日本だけでなく、海外も。現場の匂いや温度を自分で感じ、伝えることが大事だと思います」と明かした。

最後に「今回キャスターを務めることになり、いろんな方々からいろんな意見をすでにいただいております。『なぜ彼が…?』というようなお声もあるのですが、番組をゆっくりと成長させて、お茶の間の皆さんに喜んでいただき、『あぁ、だから彼なんだ!』と思われるように頑張っていくつもりです」と真摯な表情でアピールした。

■ 東山紀之コメント

――この番組のことはいつ、どのようなシチュエーションで聞いたのですか?

ドラマを撮っているときに事務所に呼ばれて聞きました。ただ、僕の今の仕事のペースを考えると、「本当にできるのか?」という感じだったんです。そう言われたことで火がつきまして(笑)。

「無理だと思われているならやってみようかな」とその場ですぐ決めました。ただ、後から聞いたら朝の5時50分から生放送とのことで…(笑)。「僕は何時に起きるのかな?」と決めた後に恐ろしさを感じました。

――番組開始に向けて行われている勉強会について

出演ドラマでも時事ネタを取り上げることが多く、本当に起きた事件や今世の中で起こっていることには非常に興味があったんです。また、それを自分の口で伝えていくことにも大変興味がありました。

勉強会も俳優としてとても役に立ちましたし、そういった良い相乗効果が生まれるよう今後も頑張っていきたいという思いをさらに強くしました。

――東山さん流のニュースの見方とは?

テレビのニュースもNHKから各局、どういう報道のされ方をしているのかをずっと見てきました。スポーツや政治を含め、皆さんの観点がどう生きているのか。新聞についてもそういった読み方をずっとしてきました。

番組では僕が感じる疑問をさまざまな分野のコメンテーターにぶつけ、それが視聴者の方々にとっての「!(ビックリマーク)」になってくれればうれしいですね。

――20代の頃から続けているという、新聞のスクラップについて

スクラップは30数年間、続けています。「新聞の切り抜きから役作りをする」というやり方をずっとしてきており、切り抜きはすべて引き出しの中に取ってあります。

当時の社会情勢をはじめ、なぜこれを取っておいたのかと思うような記事まで切り抜いてあるんですよ。今回キャスターに就任するにあたり、20数年前のスクラップを見たら「ウサギの飼い方」の記事が出てきたので、当時は飼おうと思っていたのかな(笑)。掘り返してみると、これも良い知識になるかなと思います。

――東山さんが今気になるニュースは?

北朝鮮問題ですね。やはり、核兵器の開発という問題が出てきていますし、それがいちばん気になるところです。実際、社会がどう動いているのか、それが本当のことなのかを知りたいですね。

また年齢を重ねることで、今の北朝鮮の問題も含め、なぜこういう状況になっているのかを自分の口で子供たちに伝えたいという気持ちが強くなってきました。親世代の方たちは同様のことを感じているのではないでしょうか。

――今後、ご自身で現地取材をしたいというお気持ちは?

もちろん! 今後はぜひ現場にも出向き、多少危険な所でも取材をしていきたいなと思っています。東日本大震災のときも被災された方のお話を伺っているうちに、現場の空気感を感じることは大事なことだと思ったので、時間が許す限りやっていきたいです。

日本だけでなく、海外も。現場の匂いや温度を自分で感じ、伝えることが大事だと思います。

――以下、小木逸平アナ、ヒロド歩美アナ、濱田隼アナ、林美桜アナコメント

■ 小木逸平アナ コメント

今まで一緒に仕事をしたことがないメンバーが集まりますので、新しい力、新しい化学変化も生まれてくると思います。みんなで東山さんを盛り立てながら、頑張りたいと思います。

勉強会は7月から10回以上にわたってやってきました。勉強会にはテレビ朝日の中のスペシャリストも来ていましたが、東山さんからの質問に答えられなかったこともありました。

実は、僕も東山さんから「そういえばちょっと疑問があるんだけど」と言われて、答えられなかったことがあります。それは「報道って、なんで報道と言うんですか?」という疑問。

調べてみたら、道には“言う”という意味があって、つまり「報道」は“報せ(しらせ)言う”ということなんですね。このように意外と知らないこと、調べていないことってあるんだなと思いました。

■ ヒロド歩美アナ コメント

土曜朝の「朝だ!生です旅サラダ」を終えて、土曜日に東京に入り、日曜の「サンデーLIVE!!」に臨みます。私もこれまでに2回ほど勉強会に参加させていただきました。

普段担当しているスポーツに関しては自分としては分かっているつもりでいたのですが、根本の部分を分かっていないことがあると、改めて痛感しました。そういう部分も解消しながら東山さんの横に立たなくてはいけないな、と強く感じています。

■ 濱田隼アナ コメント

毎週土曜に名古屋で番組を担当しているので、その番組が終わってから東京に入り、準備をして日曜日に臨みます! 頑張ります。

■ 林美桜アナ コメント

8月末にアナウンス研修を終えて、初めてのレギュラー番組が新番組でとても緊張しているのですが、新人らしく元気に明るく一生懸命頑張ります。

いつもテレビで拝見していた方と共演できるというのは信じられないことですが、今日初めて東山さんとお会いして、ますます信じられない思いです。これからたくさんのことを学ばせていただきたいと思っています。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)