カミナリがまさかの連ドラレギュラー出演!「『そういえば一回もNG出してねぇ〜な!』とツッコまれたいです」

カミナリがまさかの連ドラレギュラー出演!「『そういえば一回もNG出してねぇ〜な!』とツッコまれたいです」

ドラマ「ブラックリベンジ」への出演が明らかになったカミナリ

10月4日(木)より、日本テレビ系にてスタートする新ドラマ「ブラックリベンジ」(毎週木曜夜11:59-0:54)。同ドラマで、主人公・沙織(木村多江)が所属する雑誌「週刊星流」編集部の一員として、カミナリが2人そろって出演することが明らかになった。

スキャンダルを暴く週刊誌の世界を舞台とする本作は、捏造(ねつぞう)されたスキャンダルにより夫・圭吾(高橋光臣)を亡くした沙織が、週刊誌の記者となり夫を陥れた人物に次々とスキャンダルで復讐(ふくしゅう)していく物語。

その取材力から昨今“文春砲”として恐れられている、「週刊文春」の元エース記者・中村竜太郎氏が監修として参加。スキャンダル取材の進め方など、リアルな裏側も丁寧に描いていく。

カミナリの2人が演じるのは、沙織と同じ「週刊星流」の編集部員・田村雄大(竹内まなぶ)と岡島まこと(石田たくみ)。編集部内の名コンビで、とぼけた発言をする雄大をまことがフルスイングでたたくという、おなじみの「どつき漫才」を思わせるやりとりも披露。スクープ獲得で張り詰める編集部員たちを和ませる存在として、ドラマを盛り上げていく。

初めてのドラマにしてレギュラー出演という大抜てきに、まなぶは「めちゃくちゃうれしいです! ドラマの後半には、物語の伏線となるようなギャグを演じたいです…といっても、多分そんなことはないと思うので、クスッと笑えて謙虚なギャグを披露していきたいです」と意気込みを。

さらに、「クランクアップした時に『そういえば一回もNG出してねぇ〜な!』と出演者、スタッフの皆さんにツッコまれたいです。そのくらい完璧な演技をする自分を楽しみにしてます! 木村多江さんから休憩中に、こっそり小声で『お芝居もしっかりできるのね!』と褒めてもらえたらうれしいです」(まなぶ)と、演技への自信をのぞかせた。

一方のたくみは、「とってもうれしかったです。カミナリは芝居もできるということを見せつけたいです! ドラマの現場は初めてなので、『どんな感じかな〜』とすべてを楽しみにしています」と、撮影を心待ちにしている様子。

続けて「木村多江さんには失礼のないよう、良い子でいるように心掛けます! 僕らの漫才に近いお芝居は、インパクトを与えつつ、ストーリーやドラマの世界観を壊さないように演じたいです」と、早くも自身の演技プランを明かした。

木村だけでなく、編集長・福島勲役の佐藤二朗や、編集部デスク・天満龍二役の平山浩行、若手編集部員・芦原咲良役の岡野真也ら、多彩な顔ぶれがそろった「週刊星流」編集部。名優たちを相手に、カミナリがどのような演技を見せるのか注目しよう。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)