アンジャッシュ児嶋が渡部に嘆き節「コイツ高校の頃の俺の記憶ない」

アンジャッシュ児嶋が渡部に嘆き節「コイツ高校の頃の俺の記憶ない」

児嶋一哉が相方・渡部建と共に“相方大好き芸人”として、「日曜もアメトーーク!」に登場

9月17日放送の「日曜もアメトーーク!2時間SP」(テレビ朝日系)で、アンジャッシュの児嶋一哉が相方・渡部建への“片思い”を打ち明けた。

サンドウィッチマンらと共に「相方大好き芸人」として登場したアンジャッシュ。他のコンビが両思いをアピールする中、アンジャッシュ・渡部は「(児嶋から僕への)片思いです」とキッパリ。

一方の児嶋は「恥ずかしいから言ったことないんですけど」と前置きして、渡部のことを「見た目めちゃくちゃカッコいい!」「オシャレ」などと持ち上げる。

渡部が衣装を先に選ぶと、児嶋も同じタイプの衣装選んでしまい、コンビで衣装がかぶってしまうことも多いとか。

また、高校2年の時に出会った2人だが、その当時から児嶋は渡部のマネをして同じスニーカーを履いていたという。しかし、渡部は「(児嶋がマネしていたことは)全然気付いてないです」「見てもいないです」と塩対応。

児嶋は渡部を指差しながら「コイツ、高校の頃の俺の記憶ないんすよ」と苦い顔をする。

なお、10月8日(日)放送予定の「日曜もアメトーーク!」は2.5時間SP。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)