【僕やり連載】窪田正孝、”僕やり”と駆け抜けた4か月間「高校生に戻れました!」

【僕やり連載】窪田正孝、”僕やり”と駆け抜けた4か月間「高校生に戻れました!」

9月19日(火)に最終話を迎える「僕たちがやりました」(夜9:00-9:54、フジ系)より、主演の窪田正孝が心境を語った

窪田正孝主演ドラマ「僕たちがやりました」(夜9:00-9:54、カンテレ制作、フジ系)が、9月19日(火)の放送で最終話を迎える。

本作は、「週刊ヤングマガジン」(講談社)で連載されていた同名漫画をドラマ化。“そこそこ”の日常を大切にしてきた若者4人が、あるいたずらをきっかけに爆破事件の容疑者になってしまう”青春逃亡サスペンス”である。

ザテレビジョンWEBの“僕やり”スペシャル連載では毎週火曜に、キャスト陣のインタビューや、収録の裏側などをたっぷりと紹介。最終回となる今回は、29歳にして高校生・トビオ役を熱演してきた窪田が、これまでの撮影を振り返り、本作への思いを語った。

■ 4か月間に及ぶ撮影期間は「濃かった」

――撮影を振り返っての心境を教えてください。

駆け抜けた4か月間。撮影が終わることは正直寂しいですけれど、一個一個のシーンが濃かったです。ビルとビルの隙間で、パンツ一丁でドーナツにかぶりつき、逃亡劇をしていた時は、自分自身も追いつめられていったし、(第6話の)ボウリング場でパイセン(今野浩喜)に声をかけられ、4人で再会できたときは本当にうれしかったです。

大人になりきれず、もがいているトビオを演じることはすごくやりがいがありました。衣装合わせで制服を着た時は「無理でしょ!」と思っていたのですが、始まってしまえば一張羅のようになって、自分になじんでいきました。あの制服のおかげで高校生に戻れた気がします。

■ 「ずっと”罪との向き合い方”を考えていた」

――トビオというキャラクターを演じてみていかがでしたか?

器用ではないので、どうしても役の影響を受けてしまうことはあります。ずっとモヤモヤが消えないというか、作品のテーマでもある“罪との向き合い方”をずっと考えながらやっていました。

(トビオたちは)殺意をもって殺したわけではないので、余計に他人事のように感じてしまう部分もあったりしたのですが、市橋(新田真剣佑)が亡くなってしまった時に、罪の重さが形を変えてのしかかってきました。ある種の恐怖を感じました。

■ トビオの決意を感じた蓮子へのセリフ

――蓮子との関係で印象的なシーンはありますか?

第9話で蓮子(永野芽郁)に「別れよう、一生会いたくない」と言った時は、トビオの決意を感じました。それと同じ第9話の水族館のシーンでかかったナレーション「無言のままでもいい。そんな関係を愛っていうのかな」というセリフはグッときましたね。

世の中、好きだけど出来ないことはたくさんあるし、トビオと蓮子がそれを体現していたと思います。

■ 凡下高4人は「どんどん自由になっていった」

――”凡下メンバー”との撮影はいかがでしたか?

伊佐美(間宮祥太朗)、マル(葉山奨之)、パイセンの4人でいるときは、どんどん自由になっていきました。流れのままにやってみようとする部分は、台本にとらわれない作品の強さでもあるなと感じます。

■ 最終話は「トビオにとって悔いのないラスト」

――ラストに向けてメッセージをお願いします!

ドラマオリジナルのラストについては、僕からもアイディアを出させてもらいました。トビオとして、悔いのないラスト。原作を読んでいても違和感もなく、気持ちはスッキリしました。

若い方が大人になって、「中学、高校生の時に何のドラマを見ていた?」という話題になった時にこの作品が出てきたら、本当にこの作品をやった意味があるなと思います。見てくださった方の心に何か刺さるものがあれば幸せです!

9月19日(火)放送の最終話では、ライブ会場に乱入し「僕たちがやりました」と罪を告白したトビオらが、動物のマスクを被った男たちに襲われる。それは、輪島(古田新太)から指示を受けた西塚(板尾創路)のによるたくらみであった。

そこで、トビオらの前に現れた西塚、玲夢(山田裕貴)は、「小坂秀郎はこれから殺される。あなたたちはもう関係ない。全部忘れてください」と告げ、パイセンだけを残して逃げるように促す。絶体絶命の中、トビオは判断に迫られる…。

今作で制服姿も見納めになるであろう窪田が、ラストのラストまで駆け抜ける!

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)