山本耕史、本気の「スーダラ節」は植木等ファンでも聴き分けられない!?

山本耕史、本気の「スーダラ節」は植木等ファンでも聴き分けられない!?

「植木等とのぼせもん」で植木等を演じる山本耕史にインタビュー

NHK総合で放送中のドラマ「植木等とのぼせもん」(毎週土曜夜8:15-8:45)が、9月23日(土)オンエアの第4話で折り返し地点を迎える。

本作は小松政夫の著書を原案に、山本耕史主演でドラマ化したもの。「スーダラ節」や「無責任男」で時代の寵児(ちょうじ)となった植木等(山本)と、付き人兼運転手として植木を支え続け、後に小松政夫として活躍する松崎雅臣(志尊淳)。師弟以上の強い絆で結ばれた2人が、激動の昭和を駆け抜ける。

そんな本ドラマで、山本の演じる植木は「本人にそっくり!」と賞賛の声を呼んでいる。だが、誰もが知る人物を演じるのはチャレンジングなことだったそう。

「初めは不安の方が大きかった」と話す山本に、役作りの苦労や、撮影中のエピソードを聞いた。

──オファーを受けた時の心境を教えてください。

植木さんのことはもちろん知っていましたが、自分に合う役なのか不安でした。

ただ、植木さんは楽器や歌をされたり、舞台をされたり…。されていたことは(自分と)かけ離れてはいないなと思って、できる限りのことをやろうと思いましたね。正直なところ、不安の方が大きかったですが…。

──植木等さんを演じる“難しさ”とは、具体的にはどのようなことなのでしょうか?

僕にとって、今回の役はかなり特殊だったんです。例えば「土方歳三」を演じるなら、肖像画や資料からの“イメージ”を元に役を作っていくわけですが、植木さんはまだ、皆さんの脳裏にご本人の姿が焼き付いていますよね。“物まね”になってはいけないけれど、ご本人の名前で演じる以上、ご本人とかけ離れて“モチーフ”にするわけにもいかない。そういう難しさが大きかったです。

背格好が違うので限界はあるのですが、例えば声のトーンを落としたりという、“植木さんに近づける”ための役作りをしていました。

──植木さんの人物像を、どのように捉えていますか?

ドラマの中でも描かれていますが、植木さんはいつでも真面目な方だったと聞いています。とても家族思いで、弟子思いの人だったので、三枚目のキャラクターとしての植木さんではなく、1人の人間としての植木さんを演じるようにしています。

──そういった“テレビやスクリーンに映る顔とプライベートの顔が違う”という部分については、ご自身とも通ずるところはありますか?

人は求められる場所ごとに、違う顔をするものだと思います。誰かに愛をもって接する時もあれば、厳しさをもって接する時もあって。“似ている”というより、“共感できる”という感じでしょうか…?

──では、実際に植木さんを演じられて、いかがでしたか?

ビルの合間を「スイスイ」やる、「スーダラ節」のシーンがクランクインだったんです。まだ役に入り切っていない時だったので、あれは恥ずかしかった…(笑)。

──手応えを感じるところはありましたか?

歌の収録をしたのですが、ディレクターから「(植木本人の歌声に)寄せられるだけ寄せて」と言われたんです。それでできるだけ似せて歌ったんですが、結構うまくいったと思いますね! 植木さんのことを大好きな友人に聴かせたんですけど、僕が収録した音源と原曲を聴き分けられていなかったんです。うれしかったですね!

──「シャボン玉ホリデー」など、当時のテレビバラエティーや映画の、熱気ある撮影風景の描写が印象的ですが、撮影の様子はいかがでしたか?

楽しいですよ! 「シャボン玉ホリデー」は、その時代の人気者たちを全て集めたような番組ですからね。いろいろなタイプの「人気者」が集まっている空間で、眠りこけているクレージーキャッツのメンバーが、叩き起こされたりなんかして(笑)。芸能界の原点を垣間見ているような、不思議な気持ちになりました。

──コントのシーンで、特に意識されていることはありますか?

“笑いあり、涙あり”の作品ではありますが、“笑わそう”とは思っていないんです。コントをしているのではなくて、コントのシーンを“演じている”感覚なんですよね。

自分たちでアレンジせずに、なるべく当時のものを再現しようとしています。ですから、「植木等とのぼせもん」の作品自体がコメディーかといえば、そうではないような気がしています。

──最後に、志尊淳さんが演じる小松政夫さんをご覧になって、率直な感想を教えてください。

小松政夫さんご本人とはずいぶんと長く一緒にお仕事をさせていただいているので、最初は「あの小松さんを、志尊くんが!?」という驚きはあったんです(笑)。

それに、22歳の志尊くんが当時の小松政夫さんを演じるというのは、相当なプレッシャーだと思うんですよね。植木さんを演じるのも難しいですけれど、小松さんを演じるのは、それ以上に難しいと思います。

でも、志尊くんは周りの人がついつい注目してしまうような、愛される人です。台本の読み合わせをするうちに、小松さん役が彼でよかったなと思うようになりましたね!

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)