飯豊まりえ、刑事役初挑戦で「新たな一面をお見せできると思います」

飯豊まりえ、刑事役初挑戦で「新たな一面をお見せできると思います」

飯豊まりえが「連続ドラマW 石つぶて 〜外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち〜」のヒロインに!

WOWOWプライムで、11月5日(日)より放送される「連続ドラマW 石つぶて 〜外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち〜」に、飯豊まりえの出演が決定した。

本作は、清武英利による書き下ろしノンフィクション著書「石つぶて 警視庁 二課刑事の残したもの」(講談社刊)を原作とした本格社会派ドラマで、2001年に発覚し、政官界を揺るがした「外務省機密費詐取事件」の真相を主人公の刑事・木崎睦人(佐藤浩市)と、上司・斎見晃明(江口洋介)ら警視庁捜査二課の生え抜き刑事が暴いていく。

主演の佐藤をはじめ、江口、北村一輝、萩原聖人、真飛聖、菅田俊、矢島健一、佐野史郎と、豪華キャストが発表になる中、今回新たに飯豊の出演が明らかになった。

刑事役初挑戦となる飯豊は、所轄署から捜査二課に抜てきされた駆け出しの巡査長・矢倉かすみを演じる。佐藤や江口演じるベテラン刑事たちに囲まれながらも奮闘していく、捜査二課のヒロインを好演する。

■ 飯豊まりえコメント

最初に台本を見たとき「私の台本じゃないんだろうな」って思っていました(苦笑)。なので、「石つぶて」に刑事役で出演させていただけると聞いて驚いた半面、ご迷惑をおかけするんじゃないかとすごく不安になりました。

刑事さんならではの“縦社会”や“礼儀”といった立ち居振る舞いもまだまだ手探り状態ですが、これまでに演じたことのない新鮮なキャラクターなので、私の新たな一面をお見せできると思います。

私が演じる矢倉は芯がしっかりしていて、地道に頑張る女性です。そんな一生懸命な彼女を頑張って演じたいと思いながらも、シャツの襟を立てて、ボタンをあけて、という“ブルゾンちえみ”さんのような大人の女性スタイルにはなれそうになくて(苦笑)。

高校でも第一ボタンまでしっかり閉めていたので、「ボタンを一つ閉めさせてください」ってお願いしちゃいました(笑)。

私が生まれたのが1998年だったんですけど、その翌年にこの事件が起きていたというのがとても衝撃的で…。私と同世代の皆さんはこの事実を知らない人が多いと思います。

佐藤さん、江口さんと同様に「この話を一人でも多くの皆さんに知ってもらいたい!」という気持ちでドラマを撮影していますので、ぜひ最後まで“事件の真相”をお見逃しなく!

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)