柳美稀、ぶっ飛んだギャル役に挑戦!「自分の友達にいたら困っちゃう(笑)」

柳美稀、ぶっ飛んだギャル役に挑戦!「自分の友達にいたら困っちゃう(笑)」

「ふたりモノローグ」で福原遥とW主演を務める柳美稀

昨年、特撮ヒーロー作品「動物戦隊ジュウオウジャー」(テレビ朝日系)のセラ役で本格的に女優デビューを果たした柳美稀が、10月9日(月・祝)からAbemaTV Specialで配信される連続ドラマ「ふたりモノローグ」で、福原遥とW主演を務めることに。

本作は、人気同名漫画を実写化した学園コメディー。内気でネクラな女子高校生・麻積村ひなた(福原)と、彼女の元親友で現在は“ギャル”となった御厨みかげ(柳)という対照的な二人の友情物語が、モノローグを織り交ぜた独特の演出で展開される。

念願(?)のギャル役に挑戦した柳は、どういうふうに自身のキャラクターと向き合ったのか。20歳になったばかりの彼女が役作りや撮影現場でのエピソード、趣味の話や将来の目標など、飾ることなくざっくばらんに語ってくれた。

――まずは、自己紹介からお願いします!

柳美稀です。ことしの8月に、やっと20歳になりました!

――「やっと」ということは、早く20歳になりたかったんですか?

その思いは強かったです。行きたいエステがあったとしても20歳未満は親の承諾が必要な場合もあったりして、なかなか自由に行けなかったんです。20歳になれば、年齢制限で引っ掛かることが少なくなってくるので、すごくうれしい。行動範囲が広がりますね。

――20歳になって、心境に変化はありましたか?

20歳になったら何をするんだろうって考えた時に「お酒」しか浮かばなかったんですけど、あまり興味がなくて。ビールは匂いが苦手ですし、飲みたいとは思いません。

好きな食べ物が生ハムとするめだし、私の見た目から周りの人たちには「酒豪」だと思われているみたいですけど、飲んでませんから(笑)。これは、声を大にして言いたいです! 

生ハムとするめを食べる時はウーロン茶を飲んでいます(笑)。

20歳になったんですけど、心境の変化というのは特になくて。「あれ? 私の人生つまらないのかな?」って思ったりもしますけど(笑)、これから何か変わってくるのかなって期待しています!

――出身は大阪ですよね。

そうです。でも、小学2年生の時に愛知に引っ越したので、地元は愛知になります。猫が大好きで、実家では猫を飼っています。私が里親としてもらってきた猫なんですけど、仕事で上京しちゃったので、今は母親に世話をお任せしています(笑)。

――デビューのきっかけは?

「全日本国民的美少女コンテスト」に応募したんですけど、見事予選で落ちまして…(笑)。その時に100人ぐらいがオスカープロモーションに入って、それぞれ地元にある系列の事務所に“預かり”という形で所属することになったんです。

私は愛知で、2年ぐらいカタログのモデルなどを経験しました。その後、どれくらい成長しているのかを見てもらえるチャンスがあって、“預かり組”が集められたんです。その時に、今のマネジャーさんに声を掛けられて上京することになりました。

――愛知の事務所に所属していた頃は、いろいろなレッスンを?

私は、あまり真面目に行っていませんでした(笑)。どちらかというと自由で、スチールのモデルなどをしながら実践でいろいろなことを学んだ感じです。だから、上京して1年もたたないうちに戦隊ドラマの出演が決まった時はびっくりしました。

――その「動物戦隊ジュウオウジャー」で学んだことは?

演技のこともそうですけど、何も知らないまま参加したので、たくさんの方にお世話になりました。

現場では、寺島(進)さんの演技をずっと見ていて、喜怒哀楽の表現などを勉強。 南羽翔平くんも親身に相談に乗ってくれて、すべてのことをイチから学んだような気がします。「ジュウオウジャー」は、私の成長になくてはならないものでしたし、とてもいい経験になりました。

――そして、今回の「ふたりモノローグ」では、福原遥さんとW主演! 

学園ものでギャルの役をやってみたいと思っていたので、このお話を頂いた時はうれしかったです。「ジュウオウジャー」で演じたセラは、どちらかというとクールな感じのキャラクター。今回、私が演じる御厨みかげは完全にギャルなんです。

なんか、すごくぶっ飛んでる感じ(笑)。セラとは正反対ですね。自分の友達にいたら、強烈過ぎてどう接したらいいか困っちゃうと思います。それぐらい、ハジけているキャラクターですね。

――ドラマのタイトルにも入っていますが“モノローグ”が多い芝居は大変でしたか?

モノローグで物語が進む芝居は、ものすごく難しい。遥ちゃんのモノローグが終わって、私の番が来るんですけど、そのタイミングがよく分からなくて。表情の作り方に関しても、せりふを声に出すときと喋らないときでは、表現の仕方が変わってくるんです。

どうすればうまく伝えることができるのか。現場では監督と話し合いながら、1つ1つ作っていきました。

――監督から何かリクエストはありましたか?

最初の頃、モノローグのせりふに合わせて表情を作っていたんですけど、監督から顔の動きが多過ぎると言われて。なるべく、表情がうるさくならないように心掛けました。それが、一番難しいんですけどね(笑)。

「ジュウオウジャー」の時は、全然表情がないと言われたこともあったので、あらためて作品ごとに求められることが違うんだなと思いました。どちらかというと今回は、顔の動きを減らしていく作業が多かったような気がします。

――ひなた役の福原さんとは、演技のことで話し合ったりしたんですか?

モノローグのきっかけについて、いろいろ話しました。例えば、ちょっと手を握るとか、二人だけが分かるサインを決めて、モノローグの終わりのきっかけを教え合ったりして。私たちだけの秘密のつもりでやっていたんですけど、どうやら監督には見抜かれていたみたいで、さすがだなと思いました(笑)。

――福原さんの印象は?

お芝居の経験が豊富なので、目の動き1つにしても「すごいな〜」と思いながら見ていました。そんなふうに動かせば驚いたような表情になるのかと、勉強になることが多かったです。あとは、単純にかわいいなって(笑)。撮影期間中は、ずっと一緒にいました。ちょっと天然なところが魅力的で、癒やされっ放しで。

実は誕生月が同じ8月なんですよ。だからと言うわけではないと思うんですけど、考えることが一緒だったり、監督から何か言われて「了解しました!」って返事するタイミングも同じ(笑)。変に気を使わなくてもいい関係だったから楽でしたね。

――そういえば、みかげを演じるに当たって金髪にしたんですよね。

髪の毛が明るくなると、黒い帽子が映えるんだなと思いました(笑)。確実にファッションが変わりましたね。今までチャレンジしなかった色も金髪だとイケてたりするんですよ。いつもと違う服を着る機会が増えたので買い物も楽しかったです。ただ、買ったばかりの赤のTシャツだけはダメでした。

――その理由は?

だって、カズレーザーさんみたいになっちゃうから(笑)。金髪中は、赤いTシャツを封印します。

――今作では“歌手”にも挑戦!

エンディングテーマ曲を歌いました。お仕事で歌を歌ったのは初めてです。

――歌に自信は?

カラオケはよく行きます。うまいかどうかは…聴く人次第(笑)。どう判断するかはお任せします。

自己評価は「並」。カラオケの点数も平均で80〜85点ぐらい。この点数、並ですよね(笑)。歌の収録はめちゃくちゃ緊張しました。みかげが歌っているという設定なんですけど、レコーディングブースに入ってマイクの前に立ったら、もうパニックに。

ガラスの向こうでみんなが私のことを見ているんですよ。その光景を見てしまったから、ガチガチでしたね。

――今後は、歌の活動も…!?

う〜ん、もっとしっかりとボイストレーニングをして、レベルを上げないとダメですね。

――では、作品の見どころをお願いします。

モノローグが続くから、ドラマ見ているとムズムズしてくると思います。「もう、喋っちゃいなよ!」って言いたくなるかも(笑)。でも、そこはちょっと我慢して、ひなたとみかげが友達になっていく過程を楽しんでほしいです。

仲良しになったらなったで、どうしたらいいのか分からなかったり、二人の間に擦れ違いがあったりして、とても先が気になる展開になっていると思います。ぜひ、ムズムズ、ウキウキ、ワクワクしながら見てください!

取材・文=月山武桜

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)