Lily’s Blow、初のワンマンライブで美声を響かせる!

Lily’s Blow、初のワンマンライブで美声を響かせる!

Lily's Blowが初めてのワンマンライブを行った

9月20日に2ndシングル「花の影 / 泥沼 Break Down」をリリースしたLily’s Blowが、同日に東京・新宿MARZで、メジャーデビュー後、初のワンマンライブを開催。平日にもかかわらず、ファンで埋め尽くされた会場は開演前から熱気であふれ返った。

オープニング曲の「Who is the Devil?」の印象的なピアノのイントロと共にNANAが登場。「新宿MARZいくぞー!」の叫びに合わせて、会場内は高ぶる感情を抑えられない観客の歓声が響きわたる。

「待ちに、待ちに、待ちに、待ちに、待った泥沼レコ発ワンマン! 盛り上がっていくぞ!」と、NANAの感情まで大空に解き放たれた大鳥のように羽ばたいていく様子が感じ取れるほど。

インディーズ時代にライブ会場限定でリリースした楽曲「Road」の爽やかなギターリフが響く中、ステージの上から見せる、絶好調のNANAらしい笑顔がとても印象的な場面となり、当時から応援しているファンたちも一層力が入った拳を突き上げ、応えていた。

今やLily’s Blowのライブ代表曲となったバラード「Loved you」が始まると、今までの熱気がうそだったかのように静まり返る会場にNANAの美声が響き渡る。さらに、リリース当日を迎えた楽曲「花の影」「泥沼 Break Down」へと続いた。

「花の影」は放送中のTVアニメ「信長の忍び〜伊勢・金ヶ崎篇〜」の主題歌で和楽器を取り入れた和ロックナンバー。CDでの縦笛や琴も、さすがずっと一緒の息の合ったバンドメンバーで見事にサウンドを再現し、Lily’s Blowらしいロックなステージを見せつけた。

「泥沼 Break Down」は“ダメ男”を一蹴する痛快ソングだが、ステージ上のNANAは小悪魔的な表情を振りまき、これでもかというほど楽しそうに歌う様子も印象的。

「人生、生きていればやり直すこともできると思う。でも何もなかったように、また最初から無傷で始めることはできない。それでも私たちは何度でもやり直してゆかなければならないし、生きていかなければならないと思う。そんな歌です。聴いてください。『This Life』」と語り、リリース前にもかかわらず総合格闘技「パンクラスLIVE」のテーマソング、さらに来年公開の映画「東京彗星」の主題歌になっている曲「This Life」へ。

そしてNANAの口から「10月8日にディファ有明のパンクラス会場にてリングで生歌唱しちゃいます!」とサプライズなうれしい報告も伝えられた。

続いた「Blue Jean」はNANA自身を歌った楽曲。音楽をやるために上京してきた当時の心境そのままに、感情をぶつけたであろうNANAの目にはうっすら涙のようなものが見えたかもしれない。むき出しの思いに観客も引き込まれていた。

アンコールの「NAI NAI NAI」まで全15曲を一気に駆け抜け、Lily’s Blowの初ワンマンが終了。全てが終わった後、ファンはこれから始まる彼女への期待感と、自分たちもとにかく頑張ってみよう!と思えるパワーのようなものをしっかりと感じ取ることができただろう。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)