いきものがかり・水野良樹が阿久悠の未発表詞を歌に

いきものがかり・水野良樹が阿久悠の未発表詞を歌に

阿久悠に関わった人々に水野良樹が取材

70年代にヒットチャートを席巻した作詞家・阿久悠の軌跡を水野良樹がたどり、歌を作るヒントを探る「ETV特集『いきものがかり水野良樹の阿久悠をめぐる対話』」(夜11:00-0:00)が、9月23日(土)にNHK Eテレで放送される。今回、阿久の詞に強く引かれていたという水野にインタビューを行い、番組出演のいきさつや、改めて阿久について思うことなどを聞いた。

■ きっかけは長文過ぎるメール

――まず、どのように出演のオファーがあったんでしょうか?

以前「SWITCHインタビュー達人達」(2016年10月1日放送回)に西川美和さんとの対談で出演させていただいたんです。その時にお世話になったスタッフさんに「水野くん、阿久悠さんをどんなふうに思っていますか?」ということを聞かれたんです。

その質問に対して、僕が阿久さんの作品などについてどう思っているかなどをかなり長文のメールで送って。まさか番組につながるとは思っていなかったのですが、そこを面白がっていただいたのか、今回のお話をいただきました。

――阿久悠さんの詩の魅力はどんなところなんでしょうか?

これは皆さんにも共通する認識だと思いますが、映像のような詩が魅力ではないでしょうか。一編の詞が映画のように感じるくらい、視点がさまざまに設定されていて、登場人物を引いて見たり、突然アップになったりする場面が一つの歌の中に入っているんです。

目まぐるしく変わる情景から、聞き手がいろんな世界に行けたり、さまざまな感情を味わえるっていうのは阿久さんの詩の醍醐味(だいごみ)ですよね。

僕個人の意見としては、シンガーソングライター全盛の90年代後半に青春時代を過ごしたので、阿久さんの書くような自分の存在からちょっと離れた物語を描く詩が、慣れ親しんでいたようなものとは違う輝きを放っているなと感じています。

■ ご子息の前でも阿久悠でい続けた強い存在

――取材の中で印象的だった言葉などはありましたか?

本当にどの方も印象的だったんですが…阿久さんのご子息の深田太郎さんの言葉ですね。明治大学で、保管されている阿久さん直筆の日記を拝見したんです。その中には、2007年頃の闘病のことなどはっきりと書かれていたので、すごく胸に迫るものがあって。

僕らはそこに注目して、もちろん番組でその部分も取り上げたんですが、その撮影シーンが終わった後に、深田太郎さんが僕を呼び止めて「もちろん闘病シーンも大事なんだけど、父はそれだけじゃない。作詞について常に戦ってきた人だから」っていうことを、一言おっしゃったんですね。それがすごく印象的で。

例えば外では阿久悠でしたけど、家では違いましたよ、なんていう話をされてもおかしくはないのに、それだけではなくて、父はいろんなことを考えて、戦いをして阿久悠という存在を守りきったんですということを伝えてくださったんだなということをすごく感じて。

実の息子さんにも弱みを見せず、“阿久悠”でい続けたというところが、やはり偉大な方だと思いましたし、そういうことを理解しつつ今も阿久さんの作品を残すことに尽力されている深田さんの姿はすごく胸にくるものがありましたね。

後は「ピンク・レディー」を阿久さんと共に育てた音楽ディレクターの、飯田久彦さんですね。いろんなお話をお聞きした後に、雑談のように僕が「阿久さんのこと好きでしたか?」と尋ねたら、飯田さんは「たくさん歌を作ってきて、たくさん怒られていろんなことがあったけど、大好きでしたね」と涙を浮かべながら素直に言ってくださったんです。

阿久さんって僕らの世代からするとちょっと、近寄りがたいというか。実際歌を作る時には怖い場面もあっただろうと思うんですけど、今回お話を聞いた、阿久さんの近くにいらっしゃった方々から人間味みたいなものを聞いて、やっぱり愛される方だったんだろうなということを感じましたね。

■ 直筆の歌詞原稿から感じ取るメッセージ

――そんな思いを受けて、未発表だった詞「愛せよ」に曲をつけたご感想は?

僕が曲を作るというお話を聞いたときは、迷いもありました。もしかしたらご自身が出したくないから残したのかなっていうこともあると思いますし。

ただ、阿久さん直筆の歌詞の原稿を見せていただいた時に、書き直しがないことに気付いて。恐らく清書を確実にしていて、書き損じたら最初から書き直しているんじゃないかなと考えたんです。あくまで僕が推察しているだけですけど、阿久さんはちゃんと意思を持って残していると感じたんです。そこで決心がつきました。

阿久さんの手書きの文字からは、単純に文字だけじゃない情報量を感じる部分がありました。直筆の歌詞にこだわられた方だったようで、場合によっては仕事場まで作曲家やスタッフに取りに来てもらっていたと伺ったんですね。阿久さんは、それくらい自分が作った熱量を伝えたいという気持ちが強い方だと思ったんです。

曲作りをする際には、その原稿をお借りしたんですが、やっぱり何かすごくプレッシャーを感じましたね。原稿を机に置いた状態でコーヒーとか飲めないなみたいな(笑)。

曲のアレンジで参加している亀田誠治さんも、雑談などから曲への思いをくみ取ってくださる方で。なので、この番組がどういういきさつで進んでいるのかや、僕がそこからどう感じたかなんていうことを、すごく長く書いて送って、アレンジに生かしていただきました。

歌唱していただいた山本彩さんはアイドルなんですが、一方でシンガーソングライターとしてご自身でも曲を作っている方です。

アイドルって世の中のいろんな気持ちを受け止めて、自分でも発信をしたり、すごく大変なところに置かれている存在だと思うんです。

山本さんは、今の時代の真ん中を生きている人だなと感じていて、だからこそ阿久さんの歌を歌っていただく人にふさわしいんじゃないかなと思い、今回僕から提案させていただきました。

もちろん、阿久さんと同じ時代を生きた方に歌っていただいても素晴らしいものになるとは思うんですけど。今の時代を、山本さんには背負っていただいたというか。素晴らしく真っすぐに歌っていただいて、本当にお願いして良かったなと思いましたね。

――その経験はどのような糧になったと感じますか?

音楽やってて良かったなと思いました。もう亡くなった方とやりとりをできるのは、音楽でしかできないことだと思うので。これがスポーツだったら無理じゃないですか?(笑) 不思議なんですけど、歌詞自体の独特なリズムだったり、そういうものから感じるものもありました。

リアルタイムでそこに阿久さんがいるかのように感じたりもして、すごくうれしかったですね。

■ 偉大な作詞家を身近に感じられた

――番組の収録前と後で、阿久さんの印象は変わりましたか?

以前は、半分歴史上の人物のような遠い存在だったんです。でもいろいろな方からお話を聞いて、人間として、普通に僕らと同じように壁を感じていらした人なんだなと近くに感じることができました。

それと、阿久さんの歌は、いろんな人に届いたとおもうんですけど、かといって自分がないかというとそうではなくて、阿久さんの思いがかなり色濃く残っていたんです。

僕自身「いきものがかり」は、なるべく自分の色が入らないように、器のように中を空洞にして皆さんに感情を入れていただくっていう歌を作ってきたんですが、一方で、全く自分という存在がなくなると、ちゃんと届かなくなるのかもしれないなという気持ちが元々あって、自分自身をしっかりと持って多くの人に歌を届ける上ですごく大事なことなんだなと思いましたね。

――「ここは見てほしい!」というポイントはどんなところでしょうか?

どうしても亡くなった方で偉大な作詞家を取り上げると、その偉大さを誇張してしまったりすることもあるんですが、すごくフラットに、阿久悠という作詞家がこういう人だったということを取り上げた番組になったと思うんですね。

ヒットから遠のいていった80年代に阿久さんがどのように考えたのかということとかを、僕なりに向き合ってみたので、今までにあまり見たことがないような阿久さんの姿を見られるじゃないかと思いますね。

それと、糸井(重里)さんや小西(良太郎)さんが厳しいことを言ったり(笑)。そんなところも見どころです。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)