綾瀬はるか主演「奥様は、取り扱い注意」第1話の“ゲスト奥様”は倉科カナ!

綾瀬はるか主演「奥様は、取り扱い注意」第1話の“ゲスト奥様”は倉科カナ!

「奥様は、取り扱い注意」第1話にゲスト出演する倉科カナ

10月4日(水)より、日本テレビ系にてスタートする新ドラマ「奥様は、取り扱い注意」。このたび、第1話のゲスト出演者と新たなレギュラーキャストが発表され、倉科カナが第1話のゲストとして出演することが明らかになった。

ワケありな過去を持つセレブな専業主婦・伊佐山菜美(綾瀬はるか)が、ひょんなことから街に暮らす人々が抱えるトラブルを知り、自ら体を張って解決していく姿を描く同ドラマ。

「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」(2017年フジテレビ系)、「BORDER」シリーズ(2014年ほかテレビ朝日系)などで知られる脚本家・金城一紀が、初めて女性を主人公にした物語を手掛けることや、金城作品特有のハードなアクションを綾瀬がどう演じるのかなど、さまざまな方面で話題を集めている。

今回倉科が演じるのは、菜美らと同じ高級住宅街に暮らす主婦・水上知花。料理教室で菜美、優里(広末涼子)、京子(本田翼)と知り合い、すぐに打ち解けるが、不自然な体の動きを見ていた菜美から、DVを受けていることを見抜かれてしまう。知花はそんな菜美の助けを借り、一歩前へ進もうとする役どころだ。

菜美としても、知花は初めて「誰かのため」に行動することになる存在。持ち前の正義感から知花の抱えるトラブルを解決しようとするが、果たして菜美は「主婦」としてどのようなやり方で挑むのか期待しよう。

併せて、新たなレギュラーキャストも明らかに。優里の夫・大原啓輔役に石黒賢、京子の夫・佐藤渉役に中尾明慶、渉の母で京子のしゅうととなる良枝役に銀粉蝶が決定。菜美と共に知花を助けようとする優里や京子だが、それぞれに家庭内で問題を抱えているようで…。新キャストがどのように物語と関わっていくのかも注目だ。

■ 10月4日(水)放送 第1話あらすじ

閑静な高級住宅街に暮らす専業主婦・菜美(綾瀬はるか)は、夫にも秘密にしている“ワケありの過去”を持つ女性。合コンて?一目ぼれしたIT企業経営者・勇輝(西島秀俊)と結婚し、憧れていた温かい家庭を手にした菜美だが、これまで波瀾(はらん)万丈な人生を送ってきたこともあり、平凡な家庭生活に物足りなさを感じていた。

そんなある日、菜美の家に隣人の主婦・優里(広末涼子)と京子(本田翼)が訪ねてくる。人生の知識豊富な優里と、好奇心旺盛て?人懐っこい京子から、今まて?縁のなかった“主婦の知恵”についてアト?ハ?イスを受けた菜美は、生まれて初めて女友達との友情を育んて?いく。

京子の提案から、料理教室に通い始めた3人は、そこで知花(倉科カナ)という主婦と出会う。知花か?夫からDVを受けていることを直感した菜美は、優里と京子に相談。DVを受けている事実をひた隠しにしようとする知花の本音を聞き出すために、3人はます?は知花の“親友”になることを決意する。

たわいない会話を交わす中て?、少しす?つ菜美たちに心を開き始めた知花は、夫・喬史に支配され続けている生活について告白。菜美たちは知花を救うため、喬史に直接話をしようとする。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)