小栗旬、“戦友”青木崇高に「普段ちょっと見下しています(笑)」

小栗旬、“戦友”青木崇高に「普段ちょっと見下しています(笑)」

仲の良さを見せた主演の小栗旬(右)と、共演の青木崇高(左)

10月22日(日)に放送される、小栗旬主演のドラマスペシャル「BORDER 贖罪」のスペシャルトークショーが、9月21日に都内で開催され、小栗と青木崇高、波瑠、そして遠藤憲一が登場。連続ドラマ最終回『越境』をスクリーンで見た直後の観客を前に、チームワークばっちりのトークを繰り広げた。

このドラマを象徴する挿入曲の1つである「越境」(川井憲次)が流れる中、登場したキャスト陣。主演の小栗は大勢の観客に目を細めながら「本日はどうもありがとうございます。3年ぶりの『BORDER』を放送まで楽しみに待っていただけたらと思います」とあいさつした。

まずは来場者・SNSを通じて寄せられた中で最も多かった「3年という月日が流れている中で、『BORDER』続編をやることになったと聞いた時の気持ちは?」という質問に、キャストが答えることに。

小栗は「続きをやりたいという話だけは(連ドラの)終わり際には聞いていたんですが、なかなかその後、いろいろな事情や都合があってうまくハマらないままできていたので、ないだろうなって思っていたんですよ。3年ぶりにやるぞと言われて、そっかやるんだ、と。しかもあそこ(ラスト)からのお話なので、嫌だなあ〜って思いました(笑)」と、笑みを浮かべながら率直に語った。

続けて、その理由について「石川(小栗)は結構追い込まれる役だったので。本当に最終回とかを撮っているあたりはしんどかったので、その状態に戻らなきゃいけないというのは…。『よし! やるぞ!』となるまでにはちょっと時間がかかりましたね」と、包み隠さず心情を吐露した。

一方、青木は「旬くんとこの作品に入る前、舞台でも一緒だったんですよ。それもかなりハードだったので、これはちょっと大変だなあと。

でも、旬くんは石川のラストシーンと直結でやるということで、痩せたりとか当時のメンタルを取り戻すのはさらに大変だろうなと。これは僕はしっかり頑張らないとと思っていたんですけど、比嘉(波瑠)との関係でまたボコボコにされるのかと思うと、気分的に嫌だなあ〜ってなりました」と、振り返る。

続く波瑠は、その流れをくんでか「えっと…嫌だなって話(をするの)?」と言って笑わせつつ、「私もあのエンディングだったので、見ているお客さんと同じで、どういう続きになるんだろうって想像できなくて、本当にやるのかなと思っていて。私、別の作品で1年間大阪にいて、いつやるんだ?って思っていて(笑)。

いざやるとなって、またあのミニスカートを履くんだ! 入るかな?って思いましたし、あの透明な術着を着るのかな?って思いました」と、放送当時話題を呼んだビジュアルについて言及した。

すると、小栗も透明な術着に食いつき「あれってすごい蒸れて、水分が付くんだよね!」と自身が着た時の話をして、波瑠の同意を得ると、横から遠藤が「でもさ、あれ格好いいよね! 俺一度着てみたかったんだよ。俺だけ着たことなくてさ。今回着られるかと思ったら、また着なかった」と、切なそうに話に加わっていた。

続けて遠藤は3年ぶりの続編について「ラストの直後から始まると聞いたんで、みんな顔がつながるのかよ!って思いました。髪形もそうだし、ましてや旬くんはね、ダイエットをしてストイックな状態で終わっていたので、そのことを心配していたんだけど、会ったらみんな同じ顔をしていました(笑)。むしろ俺が痩せたくらいで、ビックリしましたよ」と驚くと、小栗は「そうですね。でも、よくぞ戻ったなって感じですよね」と、自らも驚きの“原状復帰”を満足そうに振り返った。

そして、視聴者からたくさん寄せられた“続編の妄想”を一同で時折うなずきながら聞き、「皆さんしっかり見てくださった後に妄想してくれているんだなあ」と、小栗は感激の面持ち。

遠藤は「皆さんの妄想も面白いんだけどさ、俺もあれの続きってどんなふうになるんだよ!と、思ったんだけど、読んだら遥かに(想像を)超えているね。やっぱり金城さんはすごいよね!」と、金城ワールドの無限の広がりに、賛辞を惜しまない。

その後、「BORDER 贖罪」のPR映像が公開され、キャストも客席から見ることに。緊迫のシーンの連続を思わせる映像に、観客も息をのんで見入っていた。終わるなり、青木が開口一番「う〜んモソモソしますね」と言って笑わせ、小栗は「面白そー!」と客観的に語り、一気に和やかなトークショーの雰囲気に引き戻した。

再びファンから寄せられた質問をキャストにぶつけるスタイルでトークは進行。

連続ドラマの最終話の台本を初めて読んだときの感想を聞かれ、小栗は「よく覚えています。それこそ脚本の金城(一紀)さんが2日で書き上げたのかな? 確か。2日で書き上げた最終回ってどうなっているんだろうって思っていて、自分も石川というキャラクターにだいぶ引っ張られながらそのころ生活していたので、『心して読んでほしい』って言われて、読んだらどっと疲れちゃって…。『こんなにしんどいのをやるんだなあ』って思ったのを覚えています」と、素直な感想を明かす。

また、今回の脚本を受けて「多少お話は聞いていたんですけど、実際に読んでみて、なるほどなあ!って思うこともすごく多かったですし、ある意味、石川にとっての選択肢の中で、これをチョイスするということは必然なんだなって思わせるような物語で、すごく面白く読みました」と感慨深く語った。

そんな金城脚本の魅力について、波瑠は「言葉がすごく格好いい。やっぱり知識がないと使えない単語や言葉がすごく出てくるし、言い回しとかも、思いつかない言葉がすごく多いんですよね。それを撮影で自分の言いやすいように言い換えて言うと、全く違うものになってしまうんです。一言一言全部が重要な、という印象ですね」と分析。

これには、遠藤も「金城さんの言葉って本当に難しいんですよ。前回の連ドラのとき、説明役に回ることも多いんですけど、つかえるたびに『何か他に言葉ねえのかよ!』ってなって(笑)。だけど、自分の言いやすい言葉に変えると、すごく浅っちょろい言葉になっちゃって。一言一句(その通り)やらないと金城さんの本は駄目で、薄っぺらくなっちゃうので、難しいですよね。今回はそういう難しいのがなかったので、一安心でした(笑)」と、前のめり気味に同意していた。

さらに、キャストたちの普段の関係性についてのトークに。石川と立花(青木)の関係性について、小栗は「石川はどこかで立花のことをバカにしていますからね。熱血バカだと思っているフシが…」といきなりけんかを売ると、青木も「おやっ? 奇遇ですねえ。こちらもそういう部分はあったと思います。冷静な気に入らないやつだと思っていたはずです」と応酬し、劇中さながらのやりとりに、「BORDER」ファンは大喜び。

なおも小栗は「でも、僕も普段ムネくんのことを熱血バカだと思って、ちょっと見下しています(笑)」と“口撃”の手を緩めず、これには青木も「あっ! そうですか…それは…そうでしたか。傷つきますね…」と、大ダメージを受けていた。

すると小栗は大笑いしながら「ことしは舞台からずっとムネくんと一緒だったので、普段から戦友みたいな感じですね」としみじみ語り、ちゃんとフォローした。

また、遠藤と演じる市倉の違いについて話が及ぶと、小栗は「遠藤さん自体はもっと柔らかい人だと思います。班長は結構怖い部分もあるので…」と断言。

それを受け、遠藤は「まだ旬くんが19歳のとき、地方ロケに行って、俺、ベロンベロンになっちゃって、旬くんに担がれて、『しっかりしてくれよ!!』って怒られたからね」と暴露し、一同は大笑い。

「そのとき初めて会って、19歳ってまだちょっと若いから恋愛の悩みとかを聞いて、次に会ったのが『クローズZERO』で、旬くんすっげーアクション俳優になった!って思って、次に『BORDER』で出会ったら、“死んだ目”のできる名優になってたんです」と、小栗の成長ぶりを絶賛。

小栗は照れくさそうにこれを受け「忘れもしないすごいうれしい言葉が、(「BORDER」の)第1話が出来上がった後に、遠藤さんに会ったら『旬くんごめんね! 俺がそんな言い方するのも失礼なんだけどさ…、旬くん本当に芝居がうまくなったよね』って言われたのはうれしかったです。

それは本当に背中を押してもらって、石川という役を作っていけた気がしました」と心温まるエピソードを語り、会場が優しい空気に包まれた。

その後、青木“画伯”がデザインしたサイモン&ガーファンクル(浜野謙太、野間口徹)の絵がプリントされたTシャツを、会場にいる1人にプレゼントされるというサプライズが催され、座席の番号によって選ばれた若い男性がゲット。

その場でTシャツに身を包み、「すごい感動しています」と大感激してドラマの魅力を語り、小栗が「ありがとうございます!」とお礼を言うという、ほほ笑ましいやりとりで、トークイベントの幕は下りた。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)