「雑学王」復活第2戦が開幕!! 太田光『僕にとってこの番組はライフワーク』

「雑学王」復活第2戦が開幕!! 太田光『僕にとってこの番組はライフワーク』

「雑学王」復活第2戦が開幕。 爆笑問題が優勝者を予想!!

9月25日(月)夜7時より、芸能人たちが雑学バトルを繰り広げる「芸能人雑学王最強No.1決定戦 2017秋」(テレビ朝日系)が放送される。

ことし4月、5年ぶりに復活した同番組が、復活からわずか半年という異例のスピードで第2弾の放送が決定。前回の放送では、総勢30人の芸能人が雑学クイズでバトルを展開する中、クイズの女王・麻木久仁子が“雑学王最強No.1”の座&賞金100万円をゲットし、幕を閉じた。

今回は、麻木と双璧をなすクイズの女王・宮崎美子や東貴博ら、かつて「雑学王」を制した“強者たち”が続々と参戦する。

さらに、気象予報士の木原実や新進気鋭の女流雀士・岡田紗佳&女流棋士・竹俣紅、高IQ団体・JAPAN MENSAの会員でもある俳優・岩永徹也らが登場。

そんな波乱含みの復活第2戦を前に、MCを務める爆笑問題が“雑学王最強No.1”の座を射止めるのは誰かを予想することに…。

「甲子園じゃないけど、思わぬ番狂わせがあったり大逆転があったり…。『雑学王』には“ドラマ”があるんですよね」と語る田中裕二は、東貴博が優勝すると予想。「彼は前回の『雑学王』に出てないんです。恐らく、相当悔しい思いをしているはずだし、今回に賭けていると思う!」とその理由を明かした。

一方、太田光は「毎回、予想が外れるんだよね〜」と頭を悩ませながら、平井“ファラオ”光(馬鹿よ貴方は)に一票を投じることに。

「奇跡が起きることを期待して…。彼が優勝したら大変なことになりますよ!」とまさかの展開を想像しながら笑顔で語った。

さらに太田は「僕にとって、この番組はライフワーク。できれば毎週1本のペースで、一生やり続けたい!」と番組に懸ける熱意を明かす。

一方田中は、「番組が出題する雑学問題は本当に難しくて、僕だったら1割も正解できるかどうか自信がないほどハイレベル! だからこそ問題を解く側にとっては面白い。これからもずっと続けていきたい」とアピールした。

2人の予想は的中するのか…、波乱の展開に目が離せない。

■ 爆笑問題(太田光・田中裕二)コメント全文

――5年ぶりの復活からわずか半年で、第2弾の放送が決定したときのお気持ちをお聞かせください。

田中:素直に嬉しかったですね。というのも前回、5年ぶりに収録したときはすごく面白かったんです。甲子園じゃないけど、思わぬ番狂わせがあったり、大逆転があったり…。「雑学王」には“ドラマ”があるんですよね。

あと、改めて思ったのが、クイズの質がいい、ということ。学校の勉強ができても答えられない問題が多々あるので、そこが面白いなって再認識したんですよ。

太田:決まったときの気持ちを一言で言うと…、「ワクワクすっぞ! 見てくれよな!(笑)」

田中:それ、後輩のアイデンティティのネタですからね!

――お二人にとって、「雑学王」はどんな存在ですか?

田中:僕は元々クイズが好きなので、MCをやっていても、解答者側の気持ちが分かるんです。この番組が出題する雑学問題は本当に難しくて、僕だったら1割も正解できるかどうか自信がないほど、ハイレベル! 

だからこそ、解く側にとっては面白いんです。そんな番組ですから、これからもずっと続けていきたいと思っています。

太田:僕にとって、この番組はライフワークです。できれば毎週1本のペースで、一生やり続けたい! この番組を続けていれば、いずれ芸能人として認められ、“やすらぎの郷”に入れるのかなぁ、なんて(笑)。

田中:また適当なことを…、絶対に入れないですから!

――「雑学王」に関する雑学を教えてください。

田中:太田はクイズの内容も正解も、何も知らない状態で収録に臨んでいるんですよ。いつも収録前に打ち合わせをするんですけど、話を全然聞いてないんです(笑)。

太田:打ち合わせが長いんだよね〜。

田中:ちゃんと打ち合わせする人からすれば、「長い!」なんて感じないんですけどね。でも、太田はただお菓子を食べてるだけですから、長く感じちゃうんでしょうねぇ。

太田:だから、お菓子の量は普通の番組よりも多いかもしれないですね!

田中:そういえば、「雑学王」のメンバーで以前、野球チームを作ったんですよ。僕がピッチャーという時点で、そんなに強くはないチームで、3〜4試合やって自然消滅したんですけどね(笑)。

――視聴者に向けてメッセージをお願いします。

田中:「雑学王」は問題もどんどん進化していて、正解を聞いても「なるほど!」と思うような答えが目白押し。オンエアの翌日に思わず誰かに話したくなるような雑学がいっぱいあるので、ぜひ見ていただきたいです。

あと、勝負の行方も必見! これが本当に面白いんです。さっきまで調子の悪かった人が急に好調になるなど、いろんなドラマがありますからね。そこもぜひ楽しんでください。

太田:「雑学王」は家族そろって、一緒に問題を解きながら楽しめる番組。ぜひ気楽に見ていただきたいですね。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)