明石家さんま「やらしいわぁ(笑)」玉木宏をうらやむ理由とは!?

明石家さんま「やらしいわぁ(笑)」玉木宏をうらやむ理由とは!?

玉木宏

9月20日に放送された「ホンマでっか!?TV」(フジ系)に、鈴木京香、玉木宏がゲスト出演。深刻すぎる悩みから平和すぎる悩みまで、赤裸々に打ち明けた。

年下と気軽に付き合えず悩んでいるという鈴木は、「ごはん誘って良いのか悪いのか悩んだり、あと今話しかけたら迷惑かなと思ったり、あとは全然楽しくないけど気を使って楽しくしてくれるんじゃないかと思って、どういう話を振っていいか困っちゃう…」と次々に理由を挙げ、はたと我に返って尻すぼみになるほどの悩みよう。

食事に誘えば食事が口に合ったかどうか、ホームパーティでは品数や量の不足、果ては帰りのタクシーを呼ぶタイミングまで悩みっぱなしになってしまうという。あまりのことに、20年ぶりに鈴木と会った明石家さんまは「なんでこんな人になってんやろなぁ」と驚きを隠せないようす。

印象評論家・重太みゆき氏によると、女性が慕う女性先輩像の要素“サバサバしている”、“女子力がある”、“頼りがいがある”、“(内外を問わず)美しい”の中で、鈴木にはサバサバ感が欠けていると指摘。すると鈴木も仲の良い小池栄子と長澤まさみの名を挙げ、年下ながら頼りにしてしまうと頷いた。そんな小池が番組へ寄せたメッセージには「純粋でキラキラして周りが守りたくなる」とあり、法律評論家・堀井亜生氏も、鈴木が相手を気遣うあまり頼りない印象になり、年下からも手を差し伸べたくなると分析。さんまも「俺ですら守りたくなったぐらいやから、よっぽどですよ!」と同意し、笑いを誘った。

一方、さんまが「玉木君はもうな、大昔から(笑)。芸能界に入る前にゴルフ練習場でバイトしてたんです」と古くからの知り合いであることを明かした玉木は、「(爪の)白い部分が黒くなるのが嫌」と過度の深爪を告白。

鈴木とは打って変わって平和な相談内容にさんまらが爆笑するなか、マツコ・デラックスは「やらし〜!深爪の人って、やらしくない?なんかもう(笑)」とにやけ顔。さらに、印象評論家・重太みゆき氏が深爪であっても日常生活に支障のない長い指を、脳科学評論家・澤口俊之氏が女性にモテる非常に低い声を指摘すると、さんまは「玉木、お前ホンマにやらしいわぁ」「指が長くて、深爪で、声がえぇ!?やらし〜!」とマツコと共にますます盛り上がり、スタジオを沸かせた。

次回は10月11日夜9:00より2時間SPを放送予定。ゲストは柔道金メダリスト・阿部一二三が登場する。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)