渡邉剣が映画初主演! BLコミックの名作「花は咲くか」を実写化

渡邉剣が映画初主演! BLコミックの名作「花は咲くか」を実写化

「花は咲くか」で映画初主演を果たす渡邉剣

渡邉剣(わたなべ・つるぎ)が、2018年春公開予定の「花は咲くか」で映画初主演を果たすことが分かった。

渡邉は、2014年度のジュノン・スーパーボーイコンテストのファイナリスト。その後、「動物戦隊ジュウオウジャー」(2016〜2017年、テレビ朝日系)では、ジュウオウエレファント・タスクを演じ、お茶の間の知名度を上げた。

10月17日(火)からスタートする井上真央主演のドラマ「明日の約束」(フジテレビ系)にも出演が決定している、注目の若手俳優だ。

そんな渡邉が主演する映画「花は咲くか」は、累計35万部を超える日高ショーコの傑作BLコミックを実写化したもの。

広告代理店に勤める37歳の桜井和明(キャスト未発表)と、彼が偶然出会った19歳の美大生・水川蓉一(渡邉)が、互いに惹かれ合いながらも不器用に距離を縮めていく純愛ストーリーは、「こんな恋がしてみたい…」と多くの読者の支持を集めている。

渡邉が演じる、ぶっきらぼうで寡黙な美青年・蓉一は、年の差や同性同士という戸惑い、社会人と学生という立場の差を飛び越え、真正面から好きな人にぶつかっていくという難役。渡邉は、本作で役者人生初のキスシーンも体験している。

初尽くしの主演映画を撮り終えた渡邉は、「『花は咲くか』を読ませていただいた時に、年の差のある男性同士がお互いに惹かれていく様子がとても素直で純粋だなと感じました」と語り、「この作品の肝となる『好き』ということを表現をする際に、自分自身が初めて恋をした時を思い出しながら演じました」と役作りについて明かした。

渡邉演じる蓉一が恋に落ちる桜井役のキャスト、そして渡邉が新境地となる本作でどのような演技を見せるかに注目が集まる。

【渡邉剣のコメント全文】

人気コミックの実写化で主演を演じさせていただける事、とても嬉しく思います。

「花は咲くか」を読ませていただいた時に、年の差のある男性同士がお互いに惹かれていく様子がとても素直で純粋だなと感じました。あまり人と話さず、感情を表にしない蓉一と自分がどこか重なる部分がありました。

この作品の肝となる「好き」ということを表現をする際に、自分自身が初めて恋をした時を思い出しながら演じました。

2人が徐々に惹かれ合い恋心に変わっていく所や、戸惑いながらもようやく気持ちが分かり合えた2人が初めてキスをするシーンにも注目して見ていただけると嬉しいです。

【「花は咲くか」ストーリー】

広告代理店勤務の桜井和明(37)は、CMの撮影で美しい日本家屋に赴く。広い屋敷の中、一心に絵を描く青年・水川蓉一(19)と出会う。無愛想な蓉一は美大生で、古くて広い日本家屋に従兄弟たちとともに住んでいた。

日々の忙しさに摩耗して「誰かを好きになる」ことすら忘れていた桜井だったが、偶然が重なり水川家へ通ううち、やがて蓉一自身に惹かれていく。一方、絵を描くこと以外に一切興味を示さなかった蓉一もまた、自分よりずっと年上の桜井のことが気になって仕方ないのに、2人の距離は一足飛びには縮まらない。

一つ一つ確かめ合うような日々を経て、桜井だけに花が綻(ほころ)ぶような笑顔を見せるようになっていく蓉一。次第に距離が縮まっていくのを実感していく2人だったが、その矢先、桜井に大阪転勤の辞令が――。

この記事の続きを読む