トレンディ斎藤「最初はピンポン球の役かと思った」

トレンディ斎藤「最初はピンポン球の役かと思った」

斎藤は、「元お笑い芸人の斎藤です」と自分で俳優アピール

10月21日(土)に公開する映画「ミックス。」の完成記念レッドカーペット&舞台あいさつが東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、W主演の新垣結衣、瑛太と広末涼子、瀬戸康史、永野芽郁、佐野勇斗、森崎博之、中村アン、斎藤司(トレンディエンジェル)、鈴木福、谷花音、田中美佐子、遠藤憲一、石川淳一監督が出席した。

本作は、不器用で欠点だらけの登場人物が、卓球の男女混合(ミックス)ダブルスを通じて小さな奇跡を起こす恋と人生の再生物語。

本作で萩原(瑛太)の上司の役を演じたトレンディエンジェル斎藤は、おなじみの「斎藤さんだぞ」の後、「元お笑い芸人の斎藤です」と自己紹介。

「最初はピンポン球の役かと思った(笑)。人間の役だということが分かってよかった」と答えて客席を盛り上げた。

また、遠藤は「今回は怖い役じゃありませんよ! 気の弱い役をやっています。でもそれが素ですよー!」とおちゃめにあいさつ。

足が細過ぎるのが悩みだと告白した遠藤は「短パン姿を見せるより、まだ全裸がましと思っていたのに、(短パン姿を)共演者が優しく受け入れてくれた」というエピソードを披露。

ほかに、6年ぶりに新垣と共演を果たしたという谷は、「6年前と変わらず優しくて、結衣ちゃんに会いに行くために撮影に行っていた感じ」と新垣への愛の深さを打ち明けた。

さらに鈴木とダブルスを組んだ感想を聞かれると「福ちゃんって意外に運動神経がいいんだなと感じた」と答え、「意外と?」と鈴木がすぐにツッコミを入れる場面もあり、共演者同士が仲の良いところを見せていた。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)