市原隼人、永作博美にメロメロ!?「超かわいかったです」

市原隼人、永作博美にメロメロ!?「超かわいかったです」

有罪?無罪?主人公・美紀に下る判決は…

9月24日(日)よりWOWOWプライムにて放送される「連続ドラマW 沈黙法廷」(毎週日曜夜10:00-11:00)の完成披露試写会が行われ、永作博美、市原隼人、田中哲司が登壇した。

本作は、佐々木譲原作のリーガルサスペンス。連続不審死の容疑者として主人公・山本美紀が捜査線上に浮上し、彼女は一体、何者なのか、何が真実なのか警察、マスコミ、彼女を信じる者、三者三様の視点から、美紀の人生が徹底的にあぶり出されていく。

主人公・山本美紀を演じる永作は「本を読んでこんなすごい役できるのかなと不安になりました。沈黙が多いからこそ表には出てこない微妙なことが徐々に徐々に見えてきて、珍しい作品になっていると思います」とあいさつ。

美紀をいちずに思い続けるかつての恋人・高見沢弘志を演じる市原は「現場で永作さんにお会いできるのが素直にうれしかったです(笑)。本当に魅力的な方で気さくに温かく声を掛けていただいて、屈託のない笑顔が僕は大好きなので…」とはにかみながら気持ちを明かした。

「ある意味見ている方を試すような作品だなと思います。この作品を通して自分がこういう感覚で人や世の中を見ていたんだと感じるきっかけになればいいなと思っています」とアピールした。

美紀の弁護士・矢田部完を演じる田中は「僕は小説から読んだんですけど思わず泣いてしまいまして。ただ一つひっかかったのは僕の演じる矢田部完という役が、すごく格好良い役だったんですね。それで僕にできるかなって思っていたのですが、撮影台本をいただいて読んでみたら、駄目な感じに変わっていて(笑)。これなら僕でもできるなってちょっとほっとしましたね」と、会場の笑いを誘った。

連続殺人事件の容疑者という難しい役柄を演じる永作に、役を演じる上での難しさを聞くと「一言喋るのが怖くて怖くて…せりふが少ない分それに全てが込められてしまうので。こんなに怖いのは久しぶりでした」とドキドキしながら現場に臨んでいることを明かした。

また、「美紀は、前半の部分は無機質な感じなんですけど、徐々に徐々に感情が見えてくるのでそこの最後の部分を見てほしいですね」と美紀の変化にも注目してほしいとコメント。

続いて、共演者の中で最初とは異なる印象がある方はいるかという質問に、田中は市原の意外な一面を告白。「体育会系な硬派なイメージだったんですけど、繊細な部分を持っていると思いました。よく撮影現場で写真を撮っているんですけど、めちゃくちゃ繊細できれいな写真を撮っているんです。市原君のインスタグラムで見られると思うんですけど」と言い、永作も「背中からひしひしと繊細さを感じている」と同意。

市原は第一印象とかは決めないと前置きをしつつ「クランクインして永作さんとの最初のシーンがデートの場面だったんですけど、そのとき『こういうの恥ずかしいね』ってやっている永作さんが超かわいかったです(笑)」と初日から気持ちを持っていかれメロメロな様子。

市原のコメントに永作も照れつつ「純愛もこの後出てくるので…市原さんのファンの方すいません、かなり純愛入っています(笑)」とサスペンス要素意外の見どころをアピールした。

最後に永作が「今回は社会的にも重いテーマということもあり、貧困だったり生きていくのが本当につらい人たちがたくさん出てくる作品です。そういうところを踏まえすごく繊細な作品になっていると思います。徐々にしっかりゆっくり見ていただいて、最後までどこがポイントなのか確かめていってほしいです」と再度作品の見どころを語り、締めくくった。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)