元宝塚トップ娘役・実咲凜音が花魁役で地上波ドラマ初出演!! 

元宝塚トップ娘役・実咲凜音が花魁役で地上波ドラマ初出演!! 

花魁役を演じる実咲凜音

TOKIOの松岡昌宏が主人公・遠山金四郎を演じるドラマ特別企画「名奉行!遠山の金四郎」(TBS系)に、元宝塚宙組トップ娘役の実咲凜音が出演する。実咲がドラマに出演するのは今作が初となる。

江戸の北町奉行・金四郎(松岡)が庶民のために悪事を裁いていく本作で、実咲は花魁の朧月(おぼろづき)役で出演する。今回、金四郎がひも解いていく江戸で起きた事件に深く関わる役どころ。本作でドラマデビューとなった実咲は「初めてのドラマの現場でしたので、とても緊張しました。一つの場面がたくさんのスタッフの方々によって成り立っているのだとあらためて知り、映像の作品は自分の集中力が特に大切だな、と思いました。新しい環境が新鮮で、とても楽しかったです!」とコメント。撮影は、東映京都撮影所と京都市内ほかで行われ、番組冒頭の江戸市中の祭りの様子、立ち回りのアクション、花魁道中やお白洲で行われるお裁きのシーンなど見どころ満載だ。その中の花魁道中に関して「カツラ、お衣装、お化粧…全てを身に付けると役に入り込みやすく、着物や羽織がずっしりと感じ、動きが大変な部分はありましたが、貴重な体験をさせていただきました。また一つ、新しい実咲凜音をお見せできたらうれしいです」と実咲自身もこのシーンには、手ごたえを感じているよう。

放送は9月25日月曜夜8:00から。約23年ぶりの“金さん”の復活に期待が膨らむ。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)