映画「あさひなぐ」出演の若手女優・樋口柚子「撮影は部活みたいで“ザ・青春!”を味わえました」

映画「あさひなぐ」出演の若手女優・樋口柚子「撮影は部活みたいで“ザ・青春!”を味わえました」

公開中の映画「あさひなぐ」に出演している若手女優・樋口柚子が撮影の裏話のほか、プライベートな話も語る!

“なぎなた”に青春を捧げる女子高生たちを描き、話題の映画「あさひなぐ」(公開中)。同作でヒロイン・旭(西野七瀬/乃木坂46)らのライバル校・國陵高校のなぎなた部主将・寒河江純を演じているのが、樋口柚子。その可憐で凛としたたたずまいは、大和なでしこの伝統武道・なぎなたにピッタリで、映画を見て気になっている人も多いのでは?そんな彼女に直撃し、映画撮影の裏話をはじめ、女優になったきっかけ、プライベートについて語ってもらった。

■ 監督から「吹き替えいらないね」って言われたのがうれしかったです

――映画「あさひなぐ」では寒河江がなぎなたで試合をする場面が3回もありましたね。練習は大変でしたか?

「撮影が始まる2ケ月くらい前から練習して、多い時には週4回通いました。そもそも私、左利きなので、基本の構えが右なのを、全部逆に構えてしまって(笑)。そこからの矯正だったのですが、最後には先生に『もうプロフィールに“特技・なぎなた”って書きなさい』と言われ、監督にも『吹き替えはいらないね』と言われたのがうれしかったです。もともと武道には興味があったんですが、なぎなたは形が美しくないと技が認められないということで、やみくもに打ち込んでもダメなんです。美しさを極めるというその精神に、いちいち感動していました」

――お芝居の面でも、部長として、エース・一堂寧々(乃木坂46・生田絵梨花)の勝ち気さゆえの言動に悩まされている部分を丁寧に表現されていましたね

「原作漫画では細かく描かれているんですが、寒河江ちゃんと寧々ちゃんはちょっと心が通じ合えなくて葛藤している部分があって。映画ではそこまで詳しくできなくても、ちょっとの場面でも、完全には打ち解けあっていない感じが出ればいいねって、みんなで相談しながら演じました」

――撮影現場でのメンバー4人とは仲良くなれましたか?

「練習場がすごく遠い上に学校ごとだったので、毎回みんなで待ち合わせして通って、帰りにはコンビニでお菓子を買って…と、本当の部活みたいでした。私、運動部の経験がないので、それはほぼ初めての経験で。作品内ではぎくしゃくした関係でしたが、実際にはお互いの形をチェックし合って『今のはちょっと違ったよ』と率直に言い合える関係にもなれたし。メンバーを応援する場面では、つい熱が入っちゃいました。“ザ・青春!”っていうのをもう一度体験できたようで、楽しかったです」

――作品ごとに未知の分野をいろいろ学ばなければならない女優さんって大変ですね!

「実はこの前に出演させていただいた映画『咲-Saki-』('16年ほか)では麻雀部の役だったので、そのときは麻雀の打ち方、手のさばき方などを練習しました。たまたまそういう練習系が続いていますね(笑)。今回もそうですが、こうやっていい先生に出会えて教えていただけるのが、とても貴重な経験だな、と思います」

■ 妹・日奈と一緒に劇場に見に行く約束しています!

――乃木坂46・樋口日奈さんは妹さんですよね、柚子さんの「あさひなぐ」出演に関しては何かおっしゃっていましたか?

「日奈とは一緒に舞台版『あさひなぐ』を見に行ったんですが、『一緒に出られたら良かったね』と話していたくらいなので、今回の映画版を楽しみにしてくれていて。一緒に劇場に見に行く約束はしています。日奈とは1歳しか違わないので、かわいい妹でもあるし、友達のような存在でもあるんです」

――一緒に旅行にもいらっしゃるとか。仲良し姉妹なんですね!

「妹が乃木坂46のオーディションで最終選考に残ったのと、私が事務所に声をかけていただいたのがほぼ同時期だったんですよ。アイドルのお仕事は大変そうなのも分かるので、尊敬もしつつ、お互いに頑張って、高め合っていけたらいいね、というのは話しています。2人での共演は未経験なので、いつかできたら…夢ですね」

――柚子さんが女優を目指そうと思われたきっかけは?

「市川拓司先生の小説が大好きで、全作品読んでいるほどファンなんですが、中学生のころ『いま、会いにゆきます』の小説を読んでから映画を見たのですが、私が想像していた通りの実写化で、それにすごく感動したんです。竹内結子さんのお芝居にも…これだけの世界観を体現できるお仕事ってすごいな、と思って。それから女優さんになりたいな、と強く思うようになりました」

――実際女優業を始めてみて、どうですか?

「以前は、明るくて元気な役が自分には難しいかもという苦手意識があったのですが、最近は、苦手なことは難しく考えすぎないようにしたら、視野が広く持てたというか。共演の皆さんとの掛け合いの中で自然に役なれるものなのかも、と思えてきました」

――元気な役に苦手意識があった? つまり、自己分析ではおとなしい性格ということなんですね。趣味は読書、とも聞きましたが。

「決してにぎやかな方ではないですね(笑)。本はやっぱり市川先生の世界が好きで、純愛ファンタジーというか、きれいな世界にひたりたい!というところがあるかも。『いま、会いにゆきます』に出てくるような、お花畑も大好きで、最近母と長野に旅行に行ったときには、コスモスの美しさに気づいたんです」

――その感性は…女子力高めですね! ほかに趣味や、ハマっていることは?

「ミシンや裁縫が好きで、本に合ったブックカバーを作るのにハマっています。市川先生の本に合うカバーを作ろう!と思ったのが最初のきっかけで、それ以降は『ミステリーを読む時はこれ』とか決めて自作しています。ずっと家にいますね(笑)」

――本当に、市川拓司さんがお好きなんですね。先生の作品に出演するのも夢の一つ?

「そうですね。先生の作品に限らず、あぁいう、透明感のある作品に出会えたらうれしいです。また恋愛ものだけでなく、日常の中にある温かさを描くような、ほっこりするような作品に出られたらうれしいです」

【プロフィール】ひぐち・ゆず='96年6月8日生まれ。東京都出身・O型。'11年映画「愛のしるし」で主演デビュー。「咲-Saki-」はドラマ版('16〜'17年TBS系)と映画版('17年)両方に出演。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)