小栗旬、長澤まさみらが「メチャメチャ緊張した」こととは? 主役級俳優たちの10代フレッシュ語録【ザテレビジョン35周年特集】

小栗旬、長澤まさみらが「メチャメチャ緊張した」こととは? 主役級俳優たちの10代フレッシュ語録【ザテレビジョン35周年特集】

小栗旬はドラマ「SUMMER SNOW」出演時に誌面に登場

ザテレビジョンは今年、創刊35周年。35年にわたり、スターをめざす若者たちが夢をかなえる姿を目撃してきた。そんなザテレビジョンの過去の記事からピックアップして振り返る【ザテレビジョン35周年特集】で、今回は、主役級俳優に成長した人気者たちの若手時代のフレッシュ発言に注目! 

■ 小栗旬「緊張してて何をしてるのかわかりませんでした」【'00年8/18号】

ドラマ「SUMMER SNOW」(TBS系)に出演中の小栗旬が本誌に登場。'94年に芸能活動をスタートさせ、子役として単発ドラマなどに出演していた小栗だが、初めて連ドラレギュラーを務めたのは「GTO」('98年フジ系)。この「SUMMER SNOW」が2回目の連ドラレギュラー作品となった。堂本剛演じる主人公・夏生の耳の不自由な弟・純という難役だった。

インタビューでは「撮影に入ったばかりの頃は、緊張してて何をしてるのかわかりませんでした」と撮影開始当初を振り返りつつ、「オンエアで自分の演技を見ると『心から笑ってないな〜』と思います」と、自身の演技に厳しい目を向けるプロ意識の高さものぞかせた。

当時、高校3年生。高校生活の前半は野球にも打ち込んだが、このときすでに心は俳優一本。インタビューの最後には、「きょうもオーディンションなんです」と、挑戦の日々であることを明かしている。

■ 上戸彩「上戸彩って男だと思ってた、って言われるのがいちばんの目標だった」【'01年11/30号】

ドラマ「昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜」('14年フジ系)の大ヒットも記憶に新しい上戸彩。「昼顔」は同年の新語・流行語大賞の候補50語にノミネートされるなど話題をさらい、今年6月には映画も公開。代表作の一つとなった。

そんな上戸がドラマ「3年B組金八先生」第6シリーズ('01〜02年TBS系)に出演したのはドラマデビューの翌年、16歳のとき。上戸は、性同一性障害に悩む鶴本直という難役に挑んだ。

撮影期間中のインタビューで、瞳をキラキラさせながら「男兄弟ばっかりだったんで、男の子のしぐさはけっこう見てたんですよ。どちらかというと、演じやすいですね」と役作りに自信をのぞかせた上戸。「最近うれしいことがあって。『上戸彩って男だと思ってた』って言ってくれる人がいたんです。いちばんの目標だったんで。でも、もっとみんなから(男みたいだと)言われるようになりたいですね」と、難役にもひるむどころかどん欲に立ち向かう“役者魂”を見せつけた。

■ 長澤まさみ「キスシーンはメチャメチャ緊張していましたね〜(笑)」【‘05年9/16号】

'99年、東宝「シンデレラ」オーディションでグランプリに選ばれ、12歳で芸能活動をスタートさせた長澤まさみ。映画やドラマで活躍し続け、日本アカデミー賞には新人俳優賞(‘03年)、最優秀助演女優賞('04年)、優秀主演女優賞2回('06年、'11年)、優秀助演女優賞('15年)、話題賞(’04年)と6度その名を刻み、名実ともにトップ女優として輝いている。

そんな彼女のさわやかな笑顔が誌面を飾ったのは、18歳で映画「タッチ」('05年)にヒロイン・朝倉南として出演したときのインタビューだ。

世代を超えて愛される人気キャラクター・浅倉南を演じるにあたり、「南ちゃんについていろいろと勉強しました。彼女はしぐさや行動はかわいいんだけど、その反面で心が強いし、心の内を読ませないようなところがある」と分析し、役作りにも余念がない。一方で、「映画の中で斉藤祥太くん(達也役)とのキスシーンがあるんですけど、そこはお互いメチャメチャ緊張していましたね〜(笑)。きっと南ちゃんも、あの瞬間は緊張したんだろうな」と、10代らしい初々しさものぞかせた。

小栗は主演映画「銀魂」が公開中。上戸は現在も10社とCM契約中という好感度を誇り、長澤も主演映画「散歩する侵略者」が公開した。今では次代のスター候補生たちのあこがれの存在にもなっている彼らにも、10代の頃は悩みがあり、緊張があった。そして、自分への厳しさと、「いい作品を作りたい」という強い思いも。その気持ちの強さが、彼ら彼女らをスターへと導くのかもしれない。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)