【ひよっこ通信(終)】半年間ありがとう、みね子「またね!」

【ひよっこ通信(終)】半年間ありがとう、みね子「またね!」

視聴者がイチャイチャっぷりに赤面した有村架純と磯村勇斗のラブラブシーン

とうとう来てしまった有村架純主演、連続テレビ小説「ひよっこ」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)の最終週。幾重にも張り巡らされてきた伏線も徐々に回収され、ラストウイークの展開は果たしてどうなるのか。約1年がかりの撮影は先日無事に終了し、半年間にわたる放送も、いよいよ完結を迎える。

ひよっこファンは、みね子(有村)の「またね!」で終わるまで、残り6回の放送を心して、まばたきも惜しいくらいにチェックしたいところだべな。

9月18日からの第25週では、これまで一方通行だったヒデこと秀俊(磯村勇斗)とみね子(有村)の恋が一気に進展し、カップル成立。まさかの予告プロポーズが飛び出し、ラブラブっぷりにファンはニヤケっ放しだったべ。

トドメとばかりに、みね子によるロングカメラ目線「大好きです」攻撃に、瞬間推定萌死率が97%に及んだとか。(ひよっこ記者調べ、関東地区)

それに、ここまで誰の目にもウキウキっぷりが明らかだった愛子(和久井映見)の“シェフ様”省吾(佐々木蔵之介)への真の思いも明らかになって、いつも明るい愛子の切ない一面に、全米が泣いたとか、全英が泣いたとも。

省吾もまた、いちずな思いをこれでもかと真正面から、決してイヤミなく、けれん味もなく、今秋のドラフトに引っ掛かるんじゃないか?ってくらいの豪速球を愛子にぶつけ、こっそり聞き耳を立てていたみね子ら女性陣もまんべんなく涙腺崩壊させた。

それでも、豪速球過ぎて愛子がまた勘違いするという、おちゃめな面を見せて終わるあたりが岡田惠和らしいというか、ひよっこらしいというか、ニクイべ!

本作のあらすじを毎週紹介する連載「ひよっこ通信」。今回は最終第26週『グッバイ、ナミダクン』の第151〜156回までの1週間をまとめて予習する。

その前に、ひよっこ記者が第25週で気になった人物は、もうこの人しかいない! そう、みね子だ。

25週では、「同じ部屋に住んで、本音で話した方がいい」と早苗(シシド・カフカ)に背中を押されて、世津子(菅野美穂)と同居を始め、秀俊と初デートに行くことになり、行く直前になって「ヒデさんが大好きです」と語ってしまい、それを聞かれてしまうといううっかりさんっぷり。

先ほども触れたが、いざデートに行くと、秀俊から告白され、それを受け入れたかと思えば、島谷(竹内涼真)のとき以上にラブリーみね子が発動し、見ている方が赤面してしまうほどのイチャイチャっぷり。

そして愛子(和久井)と省吾(佐々木)の悲恋を語る場面では、感情移入して号泣しちゃうという、怒濤(どとう)の展開。これこそ、半年間特に何の武器も持たず“人柄”一本でファンを魅了し続けた、みね子のポテンシャルの高さだっぺな。最後までみね子を応援すっぺ!

ではでは、そろそろいくべ! 最終週の「ひよっこ」は〜?

■ 第151〜156回/9月25日(月)〜30日(土)放送

すずふり亭では、秀俊と元治(やついいちろう)が考えた“新メニュー”の試食会が開かれる。みね子は一口食べて「これはいける!」と思ったが、合否を決めるのは料理長の省吾(佐々木蔵之介)。

神妙な面持ちで試食する省吾の様子を、一同は固唾(かたず)を飲んで見守る。そのころ三男(泉澤祐希)は、さおり(伊藤沙莉)から告白の返事を催促され、自分の気持ちをはっきり告げようとしていた。

世津子が来てから半年がたったあかね荘では、お茶パーティーが開かれる。世津子は、みんなに話があると言い、仲良くしてくれたことへの感謝を伝える。

別れの時が近づいているのを感じ、寂しくなるみね子。そんな折、実(沢村一樹)から「見せたいものがある」とはがきが届く。秀俊にも相談し、急いで奥茨城に帰ることに。

バス停まで迎えに来ていた妹のちよ子(宮原和)と弟・進(高橋來)に、何が待っているのか尋ねるが、「内緒」と言って教えてくれない。家に着くと、それはもう飛び切りすてきな光景がみね子を待っていた。

さらに、その夜には角谷家の高子(佐藤仁美)や助川家の人々が、谷田部家を訪ねてくる。

■ ひよっこ記者の裏ネタ

これで最後となる本コラム。まずは、これまでつたない文章、というか多分に遊び過ぎな文にお付き合いいただき、感謝の極みにございます候。

最後までふざけてんじゃないか!と思われるかもしれねえけども、それは奥茨城村出身者の照れだべ! 古き良き日本人の恥じらいだっぺ!

さておき、全26週中25週が終えた今、走馬灯のように思い出されるのは、なぜかみね子の笑顔ばかり。奥茨城村に居たころのみね子と、現在のみね子では、顔つきもかなり変わってきており、わずか4年(設定上)の時しか経ていないのにもかかわらず、ここまで大人っぽくなったのは、いろいろなことを経験したからだろう。

父ちゃんの失踪から始まり、滑り込みで東京のトランジスタ工場への入社、乙女寮メンバーとの出会い、茨城出身の親切な警官・綿引(竜星涼)との出会い、工場の閉鎖、同僚・豊子(藤野涼子)の立てこもり、三男(泉澤)の受難…。

すずふり亭にみね子ワン入りま〜す、あかね荘の個性豊かなメンバーとの出会い、宗男おじさん(峯田和伸)狂騒曲、島谷との真剣交際に別れ、大女優・世津子との出会い、父との再会、されど記憶喪失…。

久々の奥茨城村に帰郷、愛子のあかね荘入り、世津子のあかね荘入り、親友・時子のツイッギーコンテスト参加&優勝、ヤスハルの歌、時子あかね荘を出ていく、由香、早苗、愛子、省吾それぞれの新たな一歩、ヤスハルの歌、喋るひよことの再会(?)、秀俊との交際、そしてヤスハルの…そういや、ヤスハルはしばらく見てねえな。

さておきたった4年でそれはそれは激動の日々を送っているみね子なのだった。

現代の4年なんて大学通ってそこそこ勉強してほどほどにアルバイトをして、無難に過ぎていく人も少なくない中、ここまでいろいろな出会いと別れを繰り返し、それでも決して性根が曲がることなく、ピュアに存在し続けてくれたみね子。

最後に来て裏ネタでも何でもなくなってしまったけども、本当のラストシーンまで、そんな史上最強にピュア過ぎるヒロイン・みね子の一挙手一投足まで目が離せねえべな。涙もそりゃ出るだろうけども、涙の数だけ強くなれるのも事実だっぺ。

サヨナラは始まりの言葉、という名言もあることだし。さあ、岡田先生! 続編もぜひ作ってくんちぇ!

もちろん、ナレーションは世界の増田明美でよろしくですよ〜。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)