「このメンバーで最後を迎えたいという気持ちが強かった」SKE48大矢真那が“らしさ”全開の卒業コンサート!

「このメンバーで最後を迎えたいという気持ちが強かった」SKE48大矢真那が“らしさ”全開の卒業コンサート!

「神々の領域」を披露する大矢真那(左)と松井珠理奈(右)

9月24日に名古屋・日本ガイシホールで「SKE48大矢真那卒業コンサート in 日本ガイシホール 〜みんなみんなありがとう!〜」が開催。卒業時期は未定としながらも、今年6月に卒業発表をしたSKE48・大矢真那が、最後のコンサートで仲間たちから盛大に見送られた。

コンサートは「明日のためにキスを」や「万華鏡」など大矢が所属するチームSで行ってきた公演の楽曲や、大矢が選抜総選挙の“アンダーガールズ”として参加してきた楽曲のメドレーなどで構成。メドレーの「抱きしめちゃいけない」は、当時アンダーガールズで一緒だった大場美奈、高柳明音、佐藤すみれ、須田亜香里と共に歌った。

そして、2014年に行われたSKE48のナゴヤドームコンサート初日の1曲目で、SKE48の1期生の楽曲「神々の領域」は本編の最後にメンバー全員で披露。1期生の松井珠理奈と大矢の2人が青い衣装で登場し、最後のサビの前に大矢がステージを去ると、残された松井の目から涙が流れた。

一方、大矢を見送る側のメンバーたちも、「(大矢の)真っ直ぐな情熱を持って生きるということ、そういう気持ちはSKE48が今の形であるためには欠かせなかったあり方だなと思います。真那さんが卒業しても、みんながそれぞれ受け継いだものはこれからもずっとずっと私たちが受け継いでいきたいと思います」(須田)との言葉通り、熱くパフォーマンス。

「孤独なバレリーナ」では、高柳と古畑奈和が高い歌唱力をもって情熱的に歌い上げ、バレリーナ役の須田と惣田紗莉渚がしなやかな動きでステージ上を躍動。古畑と卒業生・東李苑によるユニット・フルマリオンの楽曲「愛してるとか、愛してたとか」では、2人の大先輩である松井と佐藤が登場し、キレのあるパフォーマンスを見せた。

また、一時期SKE48兼任メンバーとして活動していたHKT48・田中菜津美が駆け付けると、大矢、田中に一色嶺奈、後藤理沙子、野島樺乃、菅原茉椰、谷真理佳、野村実代を加えたSKE48の“美脚選抜”と言えるメンバーで、脚の振り付けに特徴のあるHKT48の「スキ!スキ!スキップ!」を披露した。

本編終了後、大きな“真那コール”が客席から巻き起こると、アンコールで大矢が時おり涙に声を詰まらせながらも自身の卒業ソング「永遠のレガシー」を歌唱。

MCでは、松井が大矢に対する思いを語り始めると、大矢が足をつってしまうハプニングが発生し、会場からは笑いが。その後も大矢は「やり残したことはありません」と言いたかったところを「やり切ったことはありません」と言い間違えるなど、最後まで大矢らしい天然ぶりをさく裂させて会場のファンを沸かせた。

そして、最後の楽曲「大好き」では、サプライズで小嶋陽菜からのビデオメッセージやメンバーのメッセージが入った横断幕が贈られ、大矢は目に涙を浮かべながら「ありがとう」と感謝の言葉を口にした。

また、コンサート終了後には、大矢の囲み取材が行われた。

■ 大矢真那 囲み全文【前編】

――卒業コンサートを終えた今の気持ちを教えてください。

卒業を実感したのは「永遠のレガシー」を歌っているときで、その後みんなで踊り出したら「まだSKE48にこのままいるのかな」と自分で思ってしまうくらい、逆に卒業の実感がなくなった気がしました(笑)。「永遠のレガシー」で泣いたぶん、気持ちは晴れやかで、こう思うってことはやっぱり自分の中のSKE48に対する思いは強いし、SKE48は自分にとって「まだまだいたいなって思えるグループ」という存在なんだと再確認しました。

――1曲目からファンがペンライトの色を(SKE48カラーの)オレンジに揃えていましたが、見てどう思いましたか?

ファンの方ってどうやって(情報を)拡散するんだろうって思いました(笑)。感動したし、1人1人がペンライトの色をカチカチと変えているのかと思うと、なんだかいとおしいというか、曲に合わせて色を変えてくださって、SKE48のファンの方は温かくて、メンバー思いで、優しい方が本当に多いなと思いました。

――自分が参加したアンダーガールズの曲を全部やったりというのは、ご自分で考えたんですか?

アンダーガールズに入れていただいたお礼は絶対にしたかったし、なかなか披露する機会もないので絶対にSKE48のコンサートで入れたいと思って。AKB48さんの曲だけど、私にとっては本当に大きな存在で、流れで見てほしかったのでメドレーにしました。

――「狼とプライド」の演出などは大矢さんらしいものでしたが。

私は小さい子が好きなので、小さいメンバーと、11歳からかわいがっている江籠裕奈ちゃんと何かやりたいって思ったときに、「私いつも追いかける側だ」って思ったんですよ。それで追いかけることを想像したら、「SKE48にはピッタリな曲がある」と思って、それが「狼とプライド」だったので、曲の意味とかではなくて、振り付けで選びました。

――やってみてどうでしたか?

江籠ちゃんとは10歳くらい離れているんですよ。年の差を感じました(笑)。

――バックダンサーでも小さいメンバーが出ていましたが、「1人だけ連れて帰っていい」って言われたらどうします?(笑)。

上村亜柚香です。上村はどうやったら自分がかわいがってもらえるかを分かっているあざとい13歳なんですけど、13歳でそんなことを身に付けて、これから先どうなるのかと楽しみで、どんどん小悪魔に成長していくのを見たいなと思って選びました(笑)。

――松井さんと絡む場面が最初はあまりなかったように思えるんですけど、それは意図的だったんですか?

珠理奈とは9年間一緒にいたけど、私は“じゅりれな”(松井珠理奈&松井玲奈)みたいな2人でグループを引っ張っていくというようなメンバーではなくて、珠理奈の横に立ってSKE48全体をこういう思いで引っ張っていきたかったなとか、そういう思いをこのコンサートで出したかったので、珠理奈と一緒に全員で踊るという曲を多くしました。

――「神々の領域」は、大矢さんが去ってから珠理奈さんは泣きながら歌っていましたが、あの曲に対する思いは?

「神々の領域」は元々1期生の曲として作っていただいて、(松井が)最後の1人になって。珠理奈もMCで言っていたように、周りに支えてくれるメンバーがたくさんいるから、メンバーみんなで珠理奈を支えてほしいし、珠理奈ももっとみんなに甘えてもいいなって思うから、「神々の領域」は1期生の曲で1期生は珠理奈1人になるけど、きょうみたいにみんなで歌うのもいいかなって思います。

――きょうは足をつってしまうハプニングもありました。

実はユニット曲が終わったくらいには前兆があって、「つるかもしれない」って思いながらやっていたら、最後に緊張が解けたのか…つりました(笑)。

――「強がり時計」は小畑優奈さん、「Escape」は後藤楽々さんがセンターでしたが、大矢さんから2人に託すものがあって選んだというような意味合いはあったのでしょうか?

(2人は)“SKE48の未来”で、センターに珠理奈の次に立てる子ってたくさん候補がいると思うんですけど、その中でも、ゆなな(小畑)は最新のシングルでもセンターをやっているし、楽々も「前のめり」のときにフロントメンバーに抜擢されたということもあって、2人とも前の方に立つ意識が普段から見ていてもすごく強くて、「(SKE48を)引っ張らなきゃ」「引っ張りたい」という気持ちが日頃から強いので、センターをやって引っ張ってほしいなと思いました。

――「アンダーガールズメドレー」では、時間の都合上「ハッピーランキング」を泣く泣くカットしたということでしたが、その曲を披露したいと思った理由を教えてください。

「ハッピーランキング」はSKE48のカップリング曲で秋元(康)先生が書いてくださった曲で、その年の選抜総選挙でランクインしたメンバーにあてた曲だったんですけど、ちょうどその年の総選挙を私は辞退していて、歌うことができなかったんです。ずっと「(ファンに)感謝の気持ちを伝えたい」と思っていて、その曲に参加できなかったことが悔しくて、選抜総選挙に出なかったことには一度も後悔しなかったんですけど、その曲ができてから、それだけは後悔して、だから最後に感謝の思いを伝えるために、「ハッピーランキング」を「ありがとうございました」の気持ちを込めて歌いたかったんですけど、時間の都合上、カットしなくてはいけなくて、MCのBGMとして使うことになりました。

――卒業生を呼ばずに今のメンバーだけでの卒業コンサートとなりましたが、どういう思いで決めたのでしょうか。

今のメンバーと過ごしている時間もすごく長くて、後輩との距離は昔の同期たちより縮まっているのかと言われたら同期の方が距離は近いんですけど、SKE48として今までやってきた中で、このメンバーで最後を迎えたいという気持ちが強かったんです。未来のSKE48を引っ張っていくこの子たちと一緒に舞台に立ちたいと思ったので、卒業生は呼ばなかったです。

■ 大矢真那 囲み全文【後編】

――小嶋陽菜さんからのビデオメッセージを見たときの気持ちは?

陽菜さんって私に対して冷たいというか、「陽菜さ〜ん」って行っても「また真那来た」みたいな感じで結構雑にあしらわれることが多くて。でも、私はそんな陽菜さんが大好きで、お下がりの服をいただいて着るたびに写真を撮って、陽菜さんに「きょう着ました!」って送って、既読無視みたいな(笑)。そういう感じのやりとりだったので、あの映像を見て「やっぱり陽菜さん、私のこと好きでいてくれたんだ」と思ってうれしかったです。この後、長文のLINEを送ろうと思います(笑)。

――かつての同期のメンバーからメッセージはありましたか?

リハーサルの最中に(松井)玲奈から着信があって、リハーサル中だったので出られなかったんですけど、すぐ掛け直したら出てくれて、「見に行けることになったから楽しみにしてるね。ごめんね、リハーサルで忙しいのに」って、その一言のために電話をくれました。なので、「きょうは玲奈が見に来てるんだ」と思ったら、「頑張らなきゃ」と思いました。あとは、結構前に卒業した初期のメンバーとか、2期生や3期生のメンバーもLINEをくれたりしました。でも、卒業発表をしたときの方がいっぱい来ました。

――個性派揃いだった1期生の中で、“大矢真那”はどういうポジションのメンバーだったと思いますか?

私はみんなに比べたら全然キャラも存在感もないし、芸能界向きの性格じゃないメンバーだったので、“空気”みたいな。

――でも、きょうのハプニングみたいに、天性の何かを持っているような感じはするんですけど。

何を期待されているかも分からなくて、何が面白いのかも分からない…(笑)。きょうもボケは一切していないです。

――アンコールの「永遠のレガシー」は、客席が大矢さんのメンバーカラーの青と白で染まっていましたが、それを見たときの気持ちは?

最初はファンの方に「好きな色は何?」って聞かれて、「青と白が好きです」って答えたらそれが自分のカラーになったんですよ。私の色を振ってもらっているときにピンクとかを振ってもらっているメンバーを見るとすごくうらやましくて。「何で『青と白が好きです』って言ったんだろう」って後悔してたんです。でも、どんどん好きになっていって、今では「何で」なんて思わないくらい誇りをもって、“青白といったら大矢真那”と思っているので、あの光景を見たときに、ファンの方がみんな私のことを考えて送り出してくださってるんだって思うと、胸が熱くなりました。

――歌っているときも、感極まっているように見えました。

秋元先生の書いてくださった歌詞が自分の感情とリンクすることばかりで、あと、これが自分にとって最後のSKE48としてのコンサートなんだって思ったら、何か泣けました。きょうまでに「永遠のレガシー」を100回歌うって決めて、何があってもいいように100回以上歌ってきたんです。私の中で100回というのはおまじないとして決めているんですけど、100回以上歌ってきたのにあんなに泣いてしまったのがとっても悔しいです。心残りになってしまいました。

――卒業後にやりたいことは?

SKE48にいてできなかったいろんなお勉強をしたいと思っていて、いろいろプランはあるんですけど、まずは電化製品の使い方と、お料理ができるようになりたいなと思っています(笑)。

――恋愛は?

恋愛もしたいです! 私は今まで“白馬に乗った王子様がいい”って言ってきたんですけど、卒業発表した後もその理想は変わりませんでした(笑)。白馬が似合って、さっそうと馬で迎えに来てくれるような人がいいです。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)