香取慎吾、涙こらえ“笑顔”で「スマステ」16年の歴史に幕!ファンからは「700回待ってる!!」の声

香取慎吾、涙こらえ“笑顔”で「スマステ」16年の歴史に幕!ファンからは「700回待ってる!!」の声

香取慎吾がMCを務めた「SmaSTATION!!」が最終回を迎えた

9月23日に「SmaSTATION!!」(テレビ朝日系)が最終回を迎え、放送回数699回、16年間の歴史に幕を閉じた。最終回の平均視聴率は8.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。

放送当日は、香取が「大好き」と公言している東京タワーがスマステカラーのブルーにライトアップされるというサプライズが。そんな東京タワーを背に、最終回の放送がスタート。ゲストには2004年放送のNHK大河ドラマ「新選組!」での共演をきっかけに親交を深めてきた山本耕史が出演した。

「21世紀の、まったく新しいニュースエンターテイメント」という番組のコンセプトどおり、話題のニュースの解説や英語の勉強などの特集もあれば、スイーツや文具などのトレンドやお役立ち情報を特集する回など、番組の企画は多岐に渡った。

香取慎吾と大下容子アナが待つスタジオにゲストを迎える少人数のスタイルが定番。

生放送らしく屋外から始まるオープニングには季節の移ろいを感じた。深夜の生放送番組が16年間続いたことだけでもすごいが、そのMCを人気アイドルグループのメンバーがつとめていたことは快挙といえるだろう。

番組には、SMAPのメンバーも度々ゲストとして出演した。まるで末っ子の部屋に遊びにきた兄弟のような、リラックスした表情をみせていたのが印象に残る。

特に稲垣と草なぎは準レギュラーで出演しており、映画好きな稲垣ならではのコーナーを持ったりもしていた。

木村が他局でドラマ主演を務める際にはドラマに関する特集を組んだり、他局の生放送とをつないだ連携企画もあったり。多方面で活躍していたSMAPだから実現した企画も多かった。

番組の後半、大下アナが「番組を続けてほしいというお電話やメール…私、数を確認したんですけど、本当にたくさんの方からいただいた」と視聴者からの存続を望む声が多数寄せられたことを明かした。

番組が16年継続した秘訣はどこにあったのか。一つには番組と視聴者をリアルにつなぐ企画が盛り込まれていたことも理由ではないだろうか。

番組では、視聴者からの投稿をリアルタイムで流すなど、視聴者が参加できる企画が盛り込まれていた。

行列店を紹介する場合でも、番組ADがストップウォッチ片手に並ぶなど、リアリティのあるロケによって、物事が身近に感じられた。

他にも英会話学習コーナー「ベラベラステーション」からは「ベラベラブック」の書籍化、全国の系列放送局やCDショップなどでは「Sma TIMES」というフリーペーパーの配布と、首都圏外の視聴者も番組を身近に捉えられるような工夫が散りばめられていた。

最終回の放送後にカメラスタッフの一人は、「最高の現場だった」として、撮りながら泣いたとSNSで投稿。スタッフも楽しんでいた、それもスマステの雰囲気作りにつながっていたのではなだろうか。

最終回の放送開始からツイッターのトレンドにも「#スマステ」が入り、番組終了を惜しむ声はもちろん「700回待ってるよ」と今後に期待を寄せる前向きな投稿も並んでいた。

番組後半。「はい」と山本に手を差し出す香取。握手を交わして「最後のゲスト、山本さんでほんと嬉しかったです」と、ピンマイクを無視して抱き合った。

「香取さん、時間があるようなので少しお話しませんか」という大下アナの誘いで、ゲストのいないスタジオに香取と大下アナが並んで座る。

中継で小林克也が登場し「眠いです」と笑いをとりつつ16年を振り返った。「僕はね、こういうナレーション初めてやったんだ」小林にとっても初の試みだったことを明かした。

香取に少しでも時間を与えようとする配慮か、山本同様に小林も挨拶を済ませるとさっと身を引いた。

香取が24歳の時にスタートした「SmaSTATION!!」。

16年間を振り返って香取は、「僕、香取慎吾を形成した、作った一つだと思うので、もう本当に感謝しています」と話した。

涙をこらえ声を詰まらせた場面もあったが、笑顔で終わろうとする様子が見て取れた。

一番印象に残っていることを聞かれると、「今日になっちゃうかな…東京タワーの色が変わるとはもう、いやーこんなことありますか?東京タワーの色が番組のカラーになっているなんて。今もまだなってるの?本当にありがとうございます」とコメント。

ネットでは一般視聴者から、番組を支えたナレーターの小林克也をはじめ、「CMまで5秒前」の声を担当した金田朋子にも「番組を支えてくれてありがとう」など感謝の言葉があふれた。

また、放送中に「新しい地図でまた会いたいです」とコメントした大下アナには「ずっと慎吾の隣にいて欲しかったな」、「ファンが聞きたいことを聞いてくれてありがとう」、「最高のパートナーだった」など賞賛の声が相次いだ。

最後に「699回…あと一回やりたかったな。700回やりたかった」ポロリとこぼした香取。

大下アナもギリギリまで涙をこらえていたが「大下さんありがとうございました」と言われ、ハグを交わすと泣き崩れそうなっていた。

一方、香取は大下アナを支えながら、笑顔で「ありがとう!」。ラストは二人で手を振って番組を終えた。

【文・柚月裕実】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)