堂本剛「娘ができて、料理作ってくれたら泣いてまう」乃木坂メンバーの調理風景見て“父親”の気持ちに

堂本剛「娘ができて、料理作ってくれたら泣いてまう」乃木坂メンバーの調理風景見て“父親”の気持ちに

「KinKi Kidsのブンブブーン」(フジ系)

9月24日放送の「KinKi Kidsのブンブブーン」(フジ系)では堂本剛、堂本光一がゲストに乃木坂46の桜井玲香、西野七瀬、松村沙友理の3人を迎えて、若い女性に人気の料理教室を訪れた。その中で、堂本剛が乃木坂メンバーを見て“父親”の気持ちになる一幕が放送された。

「インスタ映えする料理」を習いたいという要望に、「出たよインスタ映え、もうようわからん」と光一。剛は「しょうもない!」と辛口のツッコミを入れたが、3人と共にエプロン姿で料理の腕前を披露した。

まずはオムレツ作りで腕前をチェック。乃木坂メンバーに続いて、オムレツ作りに挑戦したKinKi Kids。光一は卵液の中にバターを入れたところはNGだったが、スクランブルエッグを作るように箸でかき混ぜながら火を通し、「こうやんじゃねぇの」とフライパンの半分に卵を集めて丸めた。ふっくらと焼けたオムレツをカットすると絶妙な半熟で「ほら上手でしょう?」。味が足りていなかったようだが「オレ、誰よりもうまいと思う」と乃木坂のメンバーと張り合う、負けず嫌いな一面をのぞかせた。

一方の剛は「オムレツ…週7で作ってます」と、卵の片手割りをカメラ目線で披露。「こうやって見るとどこかの料理人ぽいよね」光一の言葉どおり、慣れた手つきで焼きに入る。そして、完成する手前で卵液を追加。剛オリジナルのハイブリッドオムレツが完成した。剛の料理を見届けて光一は「これは一番オレがうまい!」。

乃木坂のメンバーは、今回のメイン「きのこのビーフストロガノフオムライス」に取り掛かる。3人が料理をする間、KinKi Kidsは筋トレの話題に。腹斜筋をつけたいと話す剛に光一が「背筋を伸ばしてちょっとこうする」、「戻すときにブレーキをかける」などと細かく指導。オムレツ作りから筋トレまで、随所に光一のストイックさがにじむ。

料理に集中する乃木坂メンバーの隣で、両手を広げて上半身をねじる二人。ちょっと不思議な構図も「ブンブブーン」ならでは。

また、インスタ映えを左右するオムレツ作りに取り掛かる乃木坂46メンバーを横目に、剛が妄想を繰り広げた。

「これホンマにさ、娘ができてこのくらいの年になって(オムライス)作ったるわとか言われたら泣いてまうやろな」。作ってくれた料理画像をTシャツにプリントするかもと妄想全開の剛。

松村の隣でじっと彼女の奮闘を見守る剛。光一は後ろで手を組み「上達するもんだねぇ、やっぱりこうやって習うとさ」と感心しきり。「気持ちは伝わってきたよ」、「料理は愛情!」とフォローをいれる。

今回、乃木坂メンバーが習ったビーフストロガノフは、電子レンジでチンするだけの簡単レシピ。はじめは「電子レンジは料理じゃないよ!」とこだわりを見せた光一だったが、「おいしい!」と嬉しそうに頬張る。剛も「これ毎日食える!それは言い過ぎか」と彼らしい言い回しで褒めた。

不慣れな手つきで挑戦する3人を前に、兄でもなく彼氏でもなく、娘の成長を見守る父親のようなKinKi Kidsがいた。

次回は10月1日(日)放送。ゲストに吉田剛太郎と前田晴翔が登場する。

【文・柚月裕実】

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)