大野柚布子、秦佐和子ら出演のアニメ「このはな綺譚」先行上映会はサプライズ満載

大野柚布子、秦佐和子ら出演のアニメ「このはな綺譚」先行上映会はサプライズ満載

アニメ「このはな綺譚」先行上映会に登壇した加隈亜衣、沼倉愛美、大野柚布子、秦佐和子、久保田梨沙、諏訪彩花(写真左から)

10月4日(水)よりAT-Xほかで放送開始となるテレビアニメ「このはな綺譚」(毎週水曜夜8:00)の先行上映会が9月24日に都内で開催され、声優の大野柚布子、秦佐和子、諏訪彩花、久保田梨沙、加隈亜衣、沼倉愛美、主題歌を担当するeufoniusが登壇した。

「このはな綺譚」は天乃咲哉による漫画が原作の、あの世とこの世の間にある温泉宿“此花亭(このはなてい)”で働く6人の“狐っ娘”仲居たちが織りなす、摩訶不思議な感動綺譚(きたん)。イベントでは大野らキャスト陣のあいさつの後に第1話が上映され、心温まる物語と美しい情景描写に客席からは拍手が起こった。

ここからは、改めて登壇したキャスト陣によるトークショーに。一同は、それぞれの演じるキャラクターの魅力や、第1話の感想などを語り合った。

第1話では、新人仲居の柚(大野)と、柚の教育係で先輩仲居の皐(秦)による掛け合いが多く描写される本作。その点について問われた大野は、同じ事務所の先輩でもある秦に対し妙に丁寧でよそよそしいコメントをし、場内は爆笑。秦から大野へツッコミ・指導が入るという劇中さながらの展開に、沼倉からも「佐和子ちゃんが皐に見えてきたぞ!?」という言葉が飛び出していた。

続いてのeufoniusによるライブコーナーでは、オープニング主題歌「ココロニツボミ」が初披露。作品の雰囲気を表現した温かなポップチューンを、美しい歌声で歌い上げた。

告知コーナーでは、大野と秦による本作のラジオ番組が配信されることもサプライズ発表。本人たちも知らなかったとのことで、2人は驚きと喜びの表情に。

さらにここで、京都から駆け付けたという原作者の天乃があでやかな和服姿で登壇。アニメ化に至るまでの経緯や、第1話を見ての感想などを語った。

最後に大野は「皆さんにより楽しんでいただけるよう、これからも柚を一生懸命演じようと思います」と、本作への意気込みを語った。また、キャスト陣の降壇後には観客へのサプライズとして第2話が上映。最後までうれしいサプライズ尽くしのイベントとなった。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)