「新しい役をいただくとワクワクする」連ドラ女王・観月ありさの歩み

「新しい役をいただくとワクワクする」連ドラ女王・観月ありさの歩み

ザテレビジョンのスペシャル連載第3弾は観月ありさ

週刊ザテレビジョン創刊35周年企画として、本誌を彩ってきたテレビスターたちがテレビとの思い出を語るスペシャル連載がスタート。第3弾となる今回は、4歳からモデルを始め、数多くのCMに出演。1988年、11歳のときに「あぶない少年III」(テレビ東京系)で連続ドラマデビューした観月ありさ。抜群のプロポーションの美少女だった観月は、今や“26年連続、30回のテレビドラマに主演”という記録をもつ女優として輝き続けている。

■ まさかのオーディション合格 モデルと並行して女優へ

観月ありさがモデルから女優へ踏み出し、注目を集めたきっかけはあの名作ドラマだ。

「モデル時代にいくつかドラマのオーディションにも行ってたんです。きっと落ちるだろうなと思いながら受けたのに、まさか受かっちゃったのが『教師びんびん物語II』(1989年フジ系)の生徒役。田原俊彦さんが先生役で、あんな大スターなのに、私たちと一緒にロケバスに乗って移動してくれて、みんなの悩み相談や恋の相談にも乗ってくださって。子供扱いせず一人の人間として扱って一緒の空間にいる感じだったから、すごく楽しかったですね。普段通っている学校はもちろんあるんですけど、もう一つ学校に行っている気分でした」

1991年には「伝説の少女」でCDデビュー。同時期には当時、“ジェットコースタードラマ”と呼ばれ、話題になった、吉田栄作主演の衝撃作「もう誰も愛さない」(1991年フジ系)に出演。山口智子の妹役で、あるトラブルから記憶障害を発症してしまう難役に挑戦した。

「とにかく展開が早くて衝撃的なドラマでしたよね。一瞬見逃すと分からなくなっちゃうような。障害のある役でとても難しかったですし、私、ラスト近くで撃たれて死んでしまうんですね。胸のところにパンと破裂するのをつけていて、そのスイッチは裏でスタッフの方が押すんですけど、どのタイミングで押されるのが分からないので、いつ来る?いつ来る?ってドキドキしながらお芝居していたのを覚えています。で、私が撃たれたあと、栄作さんが私の横で『うぉぉぉぉ』って叫ぶという…。当時この叫びがすごく話題になっていて。栄作さんも『オレの声、絶対うるさいから、耳元で言うから、耳ふさいどくな!』と言って、死んでいる私を抱えているふうにして、私の耳をふさいで叫んでくださったんですよ。栄作さんの心遣いが懐かしいです(笑)。時を経て、栄作さんとは恋人同士も演じたので、すごく不思議な感覚です」

そして、初主演作品となった「ぼくたちのドラマシリーズ『放課後』」(1992年フジ系)。観月演じるお嬢様育ちの優等生が、いしだ壱成演じる正反対のやんちゃな劣等生と入れ替わってしまう学園ドラマだ。

「主演で、と言ってくださったのはとてもうれしかったんですけど、お芝居に対してどこか苦手意識があって、私には無理かも、と思ってたんです。現場でも手探り状態で、ドラマの世界観に一生懸命なじむように必死にやっていたような気がしますね。ただ、役柄がいわゆる“男の子の役”ということで、キャラクターがハッキリしていたので、つかみやすかったというのはあったと思います。現場の雰囲気がとってもよくて、ドラマをやっている間は、壱成くんも本当に女の子みたいになってて、2人とも男女が逆転したような日々を送ってたんですね。前室から男女が入れ替わっている感じでしたね。スタジオに入るときから、私は扉をバーンと開けて『おはよう〜!』みたいに元気に入ってきて、逆にいしだ壱成くんは、肩をすぼめて小声で『おはようございます…』みたいな感じで(笑)。そのおかげで、最後までやりきれたかなと思います」

■ 演じるのが苦手だったときに出会った作品で女優開眼

翌1993年には「じゃじゃ馬ならし」(フジ系)で中井貴一とW主演。このとき、本誌で初レモン(=表紙)を飾った。

「このときが初レモンだったんですね! 私はこのときは16歳だったんですけど、貴一さんがいてくれて、本当に良かったなと思いました。貴一さんのおかげで、みんな本当に仲良しで。みんなで一緒に打ち上げとかで温泉に行ったり、ゴルフをしに行ったりしたことも。貴一さんのおうちにも遊びに行かせてもらいました。貴一さんのたたずまいとか、スタッフの方からエキストラの皆さんに至るまで細部にまで気を使う、現場に向かう姿勢が本当に素晴らしくて。主演をやるとはこういうことなんだなと思いましたね」

芝居に関しても、大先輩の中井からすてきな言葉をいただいたという。

「そうなんです。『お芝居というものはキャッチボールだから、自分がストレートで投げると誰かが受けてくれて、今度はカーブで投げ返してくれたりする。そういう面白みみたいなものがあるんだよ。お芝居は一人でするものじゃないから』と教えてくださって。ちょうどこのころ、どういうふうに現場にいればいいんだろうとか、私はあまり向かないのかな、女優さんのお仕事をちょっとセーブしようかなぐらいに迷いがあった時期だったんですね。でもこの作品をやって、もうちょっと頑張ってみようと素直に思えた。撮影現場での楽しみ方を学んだ作品でした」

■ 大きな転機となったとびきりキュートなナース役

学びながら、全力で駆け抜けた10代。そんな彼女が10代最後に出会った作品が大きな転機に。ドジでかわいい新米ナース・いずみを演じた「ナースのお仕事」(フジ系)である。回を重ねるごとに人気が増し、シリーズは連続ドラマではパート4まで続き、映画、スペシャルドラマと裾野を広げていった。印象的なシーンを挙げれば数え切れないという。

「“ナース”では一転して、どちらかというと怒られる役というか、ドジな役。今までもコミカルな作品はやってますけど、ツッコミが多かったから、ボケをやるのが“ナース”が初めてだったんです。そういう意味では転機にはなりました。コメディーをやるとき、どうしても自分を抑えちゃったり、これやりすぎじゃない?とか、自分でどこまでやればいいかというバロメーターがつかめなかったんです。でも、先輩ナース・尾崎翔子役の松下由樹さんが横でバーンとやってくれるから、ここまで振り切ってやっていいんだなっていう境が超えた瞬間があって。どんなに一生懸命ああやってこうやってと頭の中で考えていても、共演者の方と一緒にお芝居をやってみるのが一番早いんだというのは身をもって知りました。パート2の松岡昌宏とのラブシーンでは、“ナース”にしては珍しく、噴水の前でトレンディードラマみたいにきれいなキスシーンを撮るんだ!とか言って、監督が張り切ってましたね。レールでは撮るわ、上から下から、もう12アングルぐらい、いろんな角度から撮った記憶があります(笑)」

それまでに、等身大のラブストーリーが少なかった彼女。だが、1997 年に幼なじみの恋を描く、香取慎吾と共演した「いちばん大切なひと」(TBS系)はまさにそんな作品だ。

「慎吾くんとは、実際幼なじみですからね。それを反映したドラマっていう感じの同級生の役で。それこそ『あぶない少年III』から、歌番組などで会う機会はあっても、慎吾くんとドラマで共演することは全くなくて。それが時をへて、お互い20代になってあらためて共演しました、みたいな。ちょっと照れくさかったです。あるとき、慎吾くんと山小屋みたいなところで2人でくっついてラブシーンみたいな撮影があったんですね。そのとき、たまたま隣のスタジオで撮影していた中居(正広)くんが、わざわざ見にきたんですよ。2人のラブシーンを見て『あぁぁぁ〜』って叫んで照れてましたね。中居くんにしてみたら、妹と弟がなんかラブシーンやってるみたいな感覚だったんでしょうね。自分たちより、中居くんが照れまくってた方が印象に残ってます(笑)」

■ 鬼嫁から正義の人まで…強くたくましい役が似合う

20代後半からは、人気ブログが原作の「鬼嫁日記」シリーズ(2005年ほかフジ系)や、「斉藤さん」シリーズ(2008年ほか日本テレビ系)など、嫁や母親役も増えてきた。

「『鬼嫁日記』は鬼嫁役だから、何かというと(相手役のゴリの)『耳をつかむ』とか、『ベッドからけり落とす』とかって台本にあるんですよね。最初のうちは『すいません…』と言ってたんですけど、パート2に入るころは、ゴリさんも芸人さんだからリアクションも上手なんで思いっきりやってました(笑)。すごい楽しかったです。『斉藤さん』は、他局の方たちにもとても褒められたんです。時代性に合っていて、何かスカッとしたものを求めている時代だったんでしょうね。メッセージ性がストレートだったから。この作品をやっていた30歳のときは、そういうものかなとぼんやり思ってやってたことも、今になって考えてみると、すごくいい題材を取り上げていたんだなと思いました。また機会があればやってみたいドラマだなと思います」

2017年春放送の「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」(フジ系)で「26年連続」「30回」の連続ドラマ主演記録に。

「自分の中で1年に1本、か2本、連続ドラマをやるというのがライフワークみたいになってるんですよね。だから、連ドラをやらない年があまり想像つかないんです。連続ドラマは、そのときどきの時代性がすごく見えるもの。これからも時代時代で、面白いものができたらいいなと思いますね。40代ならではの大人の世界で、悪女とかもやってみたい。やっぱり新しい役をいただくと毎回ワクワクしますから。新しい刺激も取り入れて、みんなで作っていく楽しさをまた味わいたいと思います」

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)