ピーター&ミッツは息ぴったり!「家族のよう」

ピーター&ミッツは息ぴったり!「家族のよう」

収録後取材に応じた、ピーターとミッツ・マングローブ

歌手で俳優のピーターと、タレントのミッツ・マングローブが、10月6日(金)よりスタートの新番組「ピーター&ミッツの煮るなり焼くなり」(BSジャパン)の取材会に出席した。

ピーターが得意の料理でゲストをもてなし、ミッツが赤裸々本音トークを引き出す同番組。毎回、2人の人脈を生かした個性豊かなゲストが登場する。泉谷しげるや小島瑠璃子、阿川佐和子らが出演予定だ。

芸能界きっての料理上手として知られるピーターは、自宅に100人近く招き、ホームパーティーを開催するほどで、「食べることで本音が出るし、いい笑顔になったり、機嫌が良くなる。人がおいしい、うれしい、楽しいって言ってくれることが好き」とにっこり。

そして、8年目の仲という2人は、一緒に番組をするのは今回が初めて。

ミッツは「ピーターさんは、自分にとって、レジェンドで憧れの存在。一緒に仕事ができるのは夢のようで、とても感慨深い」と話すも「最近、ありがたさがまひしていて緊張感がゼロ。独り身なので、亡くなったらハワイの海に散骨して欲しいと頼まれているけど、相模湾にまいてごまかそうと思っている。流れていくだろうって」と明かし、笑いを誘った。

一方のピーターも「23歳も年齢差があるから、子どものよう。家族みたいな気がするので、何かあったら守りたいと思う。でも、私が40代の頃はこんなに老けてなかった」と言い返し、絶妙なコンビネーションを見せていた。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)