羽鳥慎一、初体験の“2人同時タイムショック”に「ドキドキ感がすごかったです!」

羽鳥慎一、初体験の“2人同時タイムショック”に「ドキドキ感がすごかったです!」

羽鳥慎一、中山秀征がツーショットで「タイムショック」の決めポーズを披露!!

9月27日(水)夜7時より、2017年春に復活した伝説のクイズ番組「ザ・タイムショック 最強クイズ王決定戦SP2017秋」が放送される。

ことし3月に約3年ぶりに復活し、新たに導入された2人同時に椅子が上がる「2人同時タイムショック」を今回も採用。1分間という時間と孤独との戦いに、一騎打ちという緊張感が高まる「タイムショック」ならではのスリリングな戦いが展開される。

「羽鳥慎一モーニングショー」(毎週月〜金朝8:00-9:55、テレビ朝日系)などでおなじみの羽鳥慎一は2度目の出演となり、並み居るクイズ王とともに優勝を目指して果敢な挑戦を披露する。

およそ3年ぶりの「タイムショック」出演となった羽鳥は、初体験の“2人同時タイムショック”に「ドキドキ感がすごかったですね」とコメント。

MCを務める中山秀征も「解答ぶりはみごとでした。前回もすごかったですが、今回もまた違うドラマがどわんという感じで見られました。あそこでこうなったので、ああなるのか、と思ったら、実はこうなって『ええっ!』という驚きがあって…。もう結果を言ってしまいたいぐらい。皆さんには本当に見ていただきたいですね」と熱い思いを明かした。

羽鳥は数々の番組MCを担当しているだけに、中山に代わって「『タイムショック』のMCにも興味があるのでは?」という問いには「無理です。あれほど多くのキャリアのある出演者の方のキャラクターをうまく引き出せるのは、ヒデさんだからできること。群馬県のPRも入れてくるあたりは本当に素晴らしいです」と語った。

また、中山の「ターイムショック」というポーズについては「私も似たようなポーズを長年やっていたので、ヒデさんが『ターイムショック』と言ってくだされば自然にポーズは出来ると思います」と自信のほどを披露した。

――以下、中山秀征・羽鳥慎一コメント全文

■ 中山秀征コメント

羽鳥君の落ち着きぶりは、さすがという感じがしました。数多くの大舞台を経験しているからでしょうね。あの高い解答席でクイズをやると、皆さん普通は平常心を失うんです。それだけ本来できることができなくなるのですが、全くそんなことはなかった。ご本人は「緊張する」とかおっしゃっていましたが、いざ上がってしまえば解答ぶりは見事でした。

ただ、「モーニングショー」の司会をされているからか、「情報を背負って戦う」と自分で宣言されて…。それだけ自分を追い込むというか、自分にムチを打つというか(笑)。結果については乞うご期待、ですね。

■ 羽鳥慎一コメント

私が前に出演したときは、一人で上がってクイズに答える、という形式でした。それが今回は二人同時に上がって答えるという…。そのドキドキ感がすごかったですね。そして決勝戦が最後の最後まで盛り上がって。予選で敗退した人たちも全員が決勝戦に参加しているぐらいハラハラドキドキしながら見守っていました。

結果など細かいことは言えませんが、結果次第でオンエア翌日の「モーニングショー」に私が出るか出ないかという話にまでなっていく感じでした(笑)。ひょっとしたら「モーニングショー」にヒデさんが出ているかもしれません(笑)。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)