片岡愛之助らが“これまでにない池波正太郎ワールド”をアピール

片岡愛之助らが“これまでにない池波正太郎ワールド”をアピール

記者会見に各話の主演俳優が出席

10月3日(火)よりBSジャパンで放送の火曜ドラマ「池波正太郎時代劇 光と影」の制作会見が行われ、片岡愛之助、高橋光臣、でんでん、筧利夫、望月歩が登壇した。

同番組は、「鬼平犯科帳」や「剣客商売」などのシリーズで知られる、時代小説の第一人者・池波正太郎の短編を1話完結で映像化。「人間とは善も悪も同居する矛盾が素晴らしい」というテーマで、人間の本性を描く。

第1話「運の矢」で、臆病者の武士を演じている片岡は「池波先生の作品が大好きなんですけど、先生のイメージとはちょっと違った作風で、人間くさく、泥くさく、楽しんでいただけると思います。私自身今まで強い役ばかりで、腰抜け役は少なかったのでチャレンジさせていただこうと」とコメント。

でんでんは、第3話「あほうがらす」で家族には内緒で、年の離れた妾(めかけ)がいる袋物問屋の主人を演じており、「年取って若い女と巡り合い、溺れていく。同じような人生を送りたい。切なる希望です。1年でもいいです」と訴え、さらに「別作品でグラビアアイドルの足をなめまくる役があって、楽しくて。また若い子とベッドシーンか?と思ったら帯ほどくだけだったので、期待外れだなって」と、ぶっちゃけた。

そして、第4話「二宮尊徳・秘話」で二宮金次郎の“裏の顔”を演じている筧利夫は「見たことも、聞いたことも、想像したこともない二宮金次郎になっていると思う。時代劇ではなく、現代劇のつもりでスパークさせていただきました。新しい現代劇のような二宮金次郎をご期待ください」と自信をのぞかせた。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)