「科捜研の女」熟成肉と共につり下げられるマリコが“衝撃的”!

「科捜研の女」熟成肉と共につり下げられるマリコが“衝撃的”!

「科捜研の女」新シリーズ1発目の“衝撃的なマリコのワンカット”では、マリコ(沢口靖子)が熟成肉と共につり下げられながらも真剣な表情を見せる

沢口靖子主演の連続ドラマ「科捜研の女」の第17シリーズが、10月19日(木)からスタートする(毎週木曜夜8:00-8:54、テレビ朝日系)。

前シリーズから劇中に登場し話題となっている“衝撃的なマリコのワンカット”を、今シーズンでも継続。マリコ役の沢口は“お姫さまの格好した金髪のマリコ”や“結婚指輪をもらう赤いドレスのマリコ”など、法医研究員という役柄からは想像できない、まさに“衝撃のシーン”を披露してきた。

第1話に登場する“衝撃的なワンカット”もかなりドキッとするカットだが、「ストーリーに沿っているのであれば、あらゆる衝撃的なシーンにチャレンジしたい」(沢口)と意欲満々。その言葉通り、第1話の“マリコが肉の熟成庫で牛の枝肉とともにつり下げられるカット”は、ストーリーの流れの中で沢口の体を張ったチャレンジから誕生したものとなった。

撮影について沢口は、「(宙に)つられながら体を動かすなどの全身の表現がなかなか難しく、ロープに縛られ擦れた腕の部分は真っ赤になりました。慣れない体勢で全身の筋肉を使ったせいか、翌日は体のあちこちが筋肉痛でぐったりしてしまいました(笑)」となかなか苦労した様子。

だが「とてもマリコらしく面白いシーンだと思いました。とはいえ、これまで両腕をつられた経験などありませんから、監督にお会いして開口一番、高さやロープの縛られ方を伺ったり、現場の写真などを見せていただいたりしました」と貴重な経験に対して真摯(しんし)に挑んだ。

“衝撃的なワンカット”については「例えばお菓子作りのときに加える『バニラエッセンス』のように、“作品の風味をより増すための一滴”と捉えています。また、事件が始まってしまうと、マリコはどうしても厳しい表情が多くなってしまうので、そんなマリコの『もう一つの顔』をお見せできる場面でもあると思っています。視聴者の皆さまには、そんな“マリコの新たな一面”も楽しみにしていただければと思います!」(沢口)と新しい見どころだとアピールした。

■ 第1話あらすじ

肉を熟成させるための熟成庫で両腕をつるされた男性銀行員の遺体が発見された。マリコ(沢口)の見立てで生きている間につるされたことが分かるが、なぜか抵抗を示す外傷が見当たらない。

そして所持品などから被害者が人気口コミグルメサイトで「舌三郎」と呼ばれるカリスマレビュアーだったことが判明する。

藤倉(金田明夫)に連れられ、民間鑑定所の鑑定人・江藤(中川大志)がやって来た。熟成庫の持ち主でレストラン社長の里美(櫻井淳子)が、捜査のせいで熟成庫が使えなくなったと抗議。自分が事件とは無関係だと証明するために民間鑑定所に調査を依頼したという。科捜研は藤倉の命令で江藤にデータを提供することに。

呂太(渡部秀)による熟成庫の温度と湿度の鑑定、宇佐見(風間トオル)による菌の鑑定などから、マリコは被害者の死亡推定時刻を割り出すが、江藤はわずか1時間ほどの違いを指摘する。

呂太とは違い、熟成庫の風速の変化までも計算に入れた結果だった。さらに独自の調査で江藤は、被害者が「舌三郎」であることもつかんでいた。マリコら科捜研メンバーは江藤の頭脳と行動力に目を見張る。

カリスマレビュアーの採点が店の評価を大きく左右することが分かった。つまり舌三郎」の評価は、店にとって死活問題。里美が自らの店の評価を低く採点されたために殺害したのか、と思われたが、「舌三郎」は高評価していた。殺害の動機はなくなったと思われたが、土門(内藤剛志)は里美の真実の顔を暴いていく。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)