志尊淳、「今は小松政夫さんに“のぼせて”います!」

志尊淳、「今は小松政夫さんに“のぼせて”います!」

「植木等とのぼせもん」で小松政夫を好演中の志尊淳

NHK総合で放送中の「植木等とのぼせもん」(毎週土曜夜8:15-8:45)は、小松政夫の著書を原案に、山本耕史主演でドラマ化したもの。

「スーダラ節」や「無責任男」で時代の寵児(ちょうじ)となった植木等(山本)と、付き人兼運転手として植木を支え続け、後に自身も大活躍する小松政夫(志尊淳)。師弟以上の強い絆で結ばれた2人が、激動の昭和を駆け抜ける。

そんな本作は9月30日(土)に第5話がオンエアされ、小松が思いを寄せるみよ子(武田玲奈)との恋模様も見どころの一つとなる。

存命する人物で、原案の執筆者本人という難役を熱演中の志尊淳に、役作りの苦労や撮影中のエピソードを聞いた。

──オファーを受けた時の心境を教えてください。

ご存命の方を演じるのは初めてですし、しかも30〜40代の小松政夫さんのことは直接知っているわけではないので、うまく演じられるかどうか不安でした。

──ご自身が演じる小松と、似ている部分はありますか?

“何事にもすぐに熱中する”という、(福岡・博多の言葉で)「のぼせもん」の部分は僕も一緒です。そのあたりを、皆さんもよくご存知の“小松さんのイメージ”に重ねていけたらと思いました。

──小松政夫さんご本人とお会いした時は、いかがでしたか?

クランクインする前から、小松さんにはぜひお会いしたいと思っていたんです。それがかなって、実際にお会いできました。

その時、小松さんは声まねなどで当時の様子を再現してくださったんです! “小松イズム”のようなものを強く感じたので、それを作品の中で表現できるようにと考えています。

──「シャボン玉ホリデー」や「紅白歌合戦」など、当時のテレビバラエティーや映画の熱気ある撮影風景の描写が印象的ですが、撮影の様子について教えてください。

この作品に携わらなければ、体験することができなかった撮影現場だなと思いました。テレビ番組にしても映画にしても、当時の様子を知ることができたのは刺激的で、今のエンターテインメントの礎(いしずえ)となっているのがあのころの作品なんだなと、あらためて感じましたね。

──山本耕史さん扮(ふん)する植木等を、どうご覧になっていますか?

台本の読み合わせをする時に、山本さんの(せりふの)第一声を聞いて、「植木さんだ!」と思ったんです。圧倒されました!

──最後に、志尊さんが今“のぼせている”ものを教えてください。

今は生活のほとんどが仕事なので、熱中しているものと言えば「仕事」でしょうか…。昔から、1つのことに集中すると周りが見えなくなるタイプなんです(笑)。

先日小松さんとお会いした時に、その空気感や話し方、人との接し方に「これが“のぼせもんか!”」と衝撃を受けました。ですから今は、「小松さんやこの作品に“のぼせている”」ということでしょうか?(笑)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)