“失踪中”の原田泰造、「“怪しい”ゲストに注目を!」

“失踪中”の原田泰造、「“怪しい”ゲストに注目を!」

「全力失踪」でNHKドラマ初主演を果たした原田泰造

NHK BSプレミアムにて放送中のドラマ「全力失踪」(毎週日曜夜10:00-10:50)は、契約社員の磯山武(原田泰造)が人生のリセットを求めて現実から逃避する、ヒューマンコメディー。

正社員への道を絶たれ、家でも妻の聖子(緒川たまき)と娘のななみ(鈴木梨央)から見下される武は、法律上死亡したとみなされ「失踪宣告」を受けられる7年間の行方不明(=“完全失踪”)を目指して逃亡することに。そして武は、日本各地の人々との出会いと別れを繰り返していく。

そんな本作でNHKドラマ初主演を果たした原田泰造にインタビューし、撮影秘話や今後の見どころを聞いた。

■ 第5話には“怪しい”ゲストが…

──あらためて、オファーを受けた時の感想を教えてください。

「主人公が逃げ続ける話です」っていうのを聞いて、素直に「面白そう!」と思いましたね。すごく楽しそうだなと。

──“完全失踪”のことは、元々ご存じでしたか?

この作品で初めて知りました。そんなものがあるのかと、驚きましたね。でも、残された方のことを考えると、確かに(制度として)必要だなと思います。いなくなってしまった人を、ずっとそのままにしておくわけにいかないですから。その期限が、7年なんですね。

──10月1日(日)に放送される第5話では、大阪へたどり着いた武が、図らずも詐欺行為に関わってしまいます。このエピソードについて、どのような印象を持ちましたか?

まず、犯罪の手口がリアルだなと思いましたね。武はギリギリの生活の中で、犯罪と隣り合わせになるんです。その時に、「ここを越えたらいけない」っていう、デッドラインを見てしまうというか…面白いですよ!(笑)

それから、(詐欺集団のメンバー役で)ゲスト出演された役者さんたちが、かなり“怪しい”んです(笑)。岩松了さんに、村上淳さん。撮影現場にいる佇まいから異様なオーラが出ていて、一緒にいたくなかったですね!(笑) それも役作りなんだと思うと、すごいですよね。

■ 共演者の方と距離を詰められないんです

──本作は逃亡劇である一方で、武が日本各地を回る「さすらいの旅」でもあります。毎回登場するゲストの方とは、どのように接していたのですか?

ゲストの方たちとは、ほとんど距離を詰められませんでした。今回が特別というわけではなくて、人見知りだからいつものことなんですけど(笑)。

──それは夫婦役の方であってもですか?

そうですね。恥ずかしいんですよね(笑)。

今回も、(鈴木)梨央ちゃんが緒川(たまき)さんに「(原田は)あんまり喋らないね」って言ってました(笑)。申し訳ないなって、思うんですけどね。

──そんな梨央ちゃんは、原田さんとまた共演したいと仰っていましたよ!

そうなんですか? そう言えば、梨央ちゃんは本当に演技がうまいんです。特に、「無視」の演技。お父さん役として、芝居中に傷ついちゃうんだよね。超リアルで、勉強になりました!

──緒川さんとの共演は、いかがでしたか?

緒川さんはチャーミングな方なので、旦那につらく当たる聖子を演じるのは、相当切り替えが必要だったと思います。だから大変だったんだろうなと思いますね。

■ 過去には失踪したいと思ったことも…

──原田さんご自身は武と似ていますか?

似ていますね。今回、武はあまり役を作り込まずに演じていました。

──では、失踪したいなと思うこともありますか?

全くありません!(笑) 昔、借金を作って奥さんにバレた時には、そのたびに失踪したいと思っていましたけど。

借金しているのを黙っている状態で、家族でハワイに行ったことがあって。いい雰囲気の時に「今だ!」と思って奥さんに打ち明けたら、すごい怒られました(笑)。それで本気で土下座したんですけど、子どもが僕の上に乗ってきて(笑)。

当時“お馬さんごっこ”がブームだったから、子どもが勘違いしたんだよね。それでちょっと和んで、「よかったぁ」って思いました! 今はもう、借金なんてしないですけどね。

■ 自身も引っ越しが多かった

──ご自身も日本各地を転々としてこられたのですよね?

そうです。引っ越し続きでしたね。

──では、新しい土地に慣れなければいけないという面では、武の境遇とも重なるのでしょうか?

そうかもしれないですね。でも僕の場合は、そのたびにどんどん人見知りになっていったけどね。殻に閉じこもっていったのかな(笑)。

■ クランクアップを迎えて

──ところで、無事クランクアップを迎えたそうですが、“逃げ切った感”はありますか?

そうですね! クランクアップして、“逃げ切った感”そのままにサウナに行って、汗を流してきました。

──全編の撮影を通して、一番印象に残っていることは何ですか?

第2話のゲストだった、前田吟さんとの共演です。「寅さん」のことを聞くと、いろんな話をしてくれました。このドラマも「さすらいの旅」なので、自分でも気付かないうちに、どこかで意識していたのかもしれないです。

──では、逆に“意識していた”作品はありますか?

岡本健一さん主演のドラマ「サーティーン・ボーイ 僕は札束中学生」(1985年、TBS系)です。主人公の中学生が大金を持って逃走するドラマなんですけど、「全力失踪」を撮影している時に、ずっと頭の片隅にありました。懐かしいな。

──最後に、今後の見どころと、視聴者・読者へのメッセージをお願いします。

第5話は特に、武が家族と“逃げながら向き合う”回なんです。これまでのストーリーのテイストとちょっと違うので、見応えあると思いますね。それから、“怪しい”ゲストにもぜひ注目を!(笑)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)