加藤浩次の前で「当たり前じゃねえからな!」を完コピした芸人って?

加藤浩次の前で「当たり前じゃねえからな!」を完コピした芸人って?

ある意味ひど過ぎるネタの数々に驚く加藤浩次

AbemaTV内「AbemaSPECIALチャンネル」にて、9月28日に「極楽とんぼ KAKERU TV」が放送。物まね芸人たちが、「やばいネタを放送にかける!極楽クソものまね」と題し、本人には見せられない“地上波では放送できない物まね”を披露した。

MCにパンサーの向井慧、ゲストに原口あきまさ、キートン、紺野ぶるま、森たくま、むらせ、シンディーの7人が登場して行われた同番組。

番組冒頭から「俺、今日超楽しみなんだけど」「飲み屋とかでやって超ウケるやつ」と大興奮していた加藤浩次だったが、最初に登場した森の過激過ぎる物まねに「駄目だよ! 駄目だって!」と絶叫し、1発目から放送ギリギリの物まねに焦りを見せ始める。

続いて登場したむらせは、下ネタを混じえ“ひふみん”こと将棋界のレジェンド・加藤一二三の物まねを、紺野は下ネタを混じえて元女優の江角マキコさんの物まねを披露した。

さらにシンディーは「テレビのニュースで毎日見ていたら、誰かが引き継がなきゃという使命感が生まれて…」と話し、「このハゲ−!!!」「そんなつもりはなかったんです〜」とワイドショーを騒がせたネタを披露するなど、思いのままに物まねを連発する。

これには加藤も「この番組何をやってもいい訳じゃないですからね」と焦りながら真剣に注意する場面もあった。

そして“物まね王者”原口が登場。期待に胸を膨らませるスタジオ一同の前に。学生服姿で登場した原口は、加藤の「当たり前じゃねぇからな」に下ネタを加え、「スッキリできない初体験」バージョンの物まねを披露した。

そんな原口の物まねを見た加藤は「こんなネタに俺を入れるのやめてくれない?」とツッコミながらも、ハイクオリティーな物まねに「完コピだね」と感心していた。

さらに番組の最後には、山本も自信のある物まねとして“ビートたけしが名曲を歌う”物まねを披露し、スタジオを沸かせた。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)