“東京駅でパンツ落とした”、NGT48荻野が赤面エピソード告白

“東京駅でパンツ落とした”、NGT48荻野が赤面エピソード告白

今年の総選挙時の様子

「AKBINGO!」(日本テレビ系)の9月26日の放送で、今年のAKB総選挙で5位に入ったNGT48の荻野由佳が“道にパンツを落とした”という赤面エピソードを告白した。

この回の放送では、AKBになって1番◯◯だった話を直筆の絵日記付きで暴露する、「リアル絵日記発表会」が行なわれた。

2代目総監督の横山由依は、自らがしでかした恥ずかしいエピソードとして、「AKBINGO!」収録終わりの移動で人気カフェへコーヒーを買いに行った祭、並ぶ列の後ろから肩をトントンと叩かれ「こんな行列での顔バレはマジ勘弁!」と思い振り向くと、予想していた言葉ではなく、「パンツ挟まっていますよ」だったことを告白。

これに向井地美音が「さらっと言ったけどヤバいやつ」と言うと、この日の収録に参加していたNGT48のシンデレラガール、総選挙5位の荻野由佳が、東京駅を歩いていた時にトントンと肩を叩かれ、横山と同じく「あ、ヤバいバレた!」と思い顔を作って振り向くと「荷物落ちてってますよ」と言われ後ろを見たら、パンツやら下着が歩いた通りに落ちていたことを語った。

最後に、ドラフト1期生の下口ひななが一番頭にきていることとして、同じくドラフト1期生として加入した後藤萌咲との間に起きた事件を語った。

自分たちで“ナマイキッズ”と言うコンビ名をつけるほど仲良しだったこの2人、後藤がSNSに上げた写真を下口の母が見つけ確認してみると、椅子に座り机の上に足を上げて携帯をいじる、盗撮に近い油断しきった下口の姿がアップされていたことに激怒。それ以降、下口から“ナマイキッズ”と言う言葉が出ることはなくなったと言う。

その写真が公開されると、下口が「すごい駆け出しの時だったから、ちゃんとイメージを正統系でつけたかったのに、こんなの載せられたから、もう性格悪い子見たくなっちゃって」と心境を語るが、ここから意外な展開に。

後藤は、この写真を1度SNSにアップしたがすぐに削除し、違う写真をアップしたと言う。下口はその投稿にガチギレしたことを明かすと「ん〜」と言って口ごもり、「思い出したくない…。本当にもう嫌なんです〜」と泣き出してしまった。

さらに「わざと載せたんじゃない。ひななはもう友達だと思ってない」と後藤から書かれたことを説明すると、「でも、もう大人になったから、もうネタにしようと思って、今日、頑張って書いたんですよー、本当に。一生言いたくなかったけど、お蔵入りにしようとか思ってたけど、でもネタにしようって強く描いた!本当はすごく嫌なんです〜」と大号泣。それに反してメンバーやウーマンラッシュアワーの2人は大爆笑し、スタジオは大盛り上がりとなった。

次回の放送は10月3日(火)、「海外ドラマ声優オーディション 見事声優の座を射止めるのは誰?」を予定。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)