初主演・桜井ユキ「踊り狂った」高橋一生は「今が輝いている」

初主演・桜井ユキ「踊り狂った」高橋一生は「今が輝いている」

舞台あいさつに登壇した桜井ユキ、高橋一生、満島真之介ら

桜井ユキが映画初主演を務める「THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY - リミット・オブ・スリーピング ビューティ」の完成披露上映会舞台あいさつが行われ、桜井、佐々木一平、阿部純子、満島真之介、高橋一生、二宮健監督が登壇した。

ヒロインのオリアアキを演じた桜井は、自身の出演シーンについて「踊り狂っているシーンが多いです。撮影の間、靴を履いている時間が少なくて、ずっとはだしで踊っていました(笑)」と明かす。

アキの恋人・カイトを演じた高橋は、「ビジュアルや見せ方など、監督の頭の中が表現されています。アキの成長を描いていますが、皆さんがどのように自分とシンクロして見ていただけるか楽しみです」と作品について語った。

また、「監督からは細かいオーダーはなかった」と撮影現場での様子を明かし、「セットが作り込まれていたので、現場に入ってまずお芝居を見せ、そこからどうやるかを話していく感じでしたが、監督はそういうところがすごくうまいんです。細かく言わず、少しずつ道を作るような作業をされる方でした」と、二宮監督の演出手腕を称賛した。

“ときめきチャーリー”という名の風変わりな男を熱演した満島は、「普通の日本映画に出てこないような謎の男です。これまで、若松孝二さん、蜷川幸雄さん、大林宣彦監督といった監督とお仕事をすることが多かったのですが、これから同世代の監督とも一緒に仕事をして、日本映画を背負っていきたい。そんな思いの中、いい出会いをさせてもらったし、このタイミングで出会うべくして出会った人たちとご一緒でき、これから自分のキャリアが第2ステージに入っていくんだなと感じています」と出演を喜んだ。

さらに、本作が商業映画デビューとなる二宮監督は「素晴らしいキャストと自由に作らせていただき、皆さんのおかげで今日があるんだなと思います。『僕がこういう映画を見たい』と思うものを作ることをモットーにしています。俳優の皆さんとも、自分がお客さんならこういうところを見たいという気持ちで向き合っています。今まで見てきた映画、好きだった映画に支えられてやっています」と語った。

ほか、「人生で最も輝いていた時間は?」という質問を投げかけられ、桜井は「私は小さい頃、大分のおばあちゃんの家で生活していた記憶が鮮明にあります。楽しく満たされていたんだと思います」と、高橋は「今を常に更新していこうと思いますし、今輝いていると思います。どんどんこういう瞬間を更新したい」と力強く語っていた。

映画「THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY - リミット・オブ・スリーピング ビューティ」は10月21日(土)より新宿武蔵野館ほか全国で順次公開。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)