miwaが高杉真宙&葉山奨之主演ドラマ「セトウツミ」のED曲を歌う!

miwaが高杉真宙&葉山奨之主演ドラマ「セトウツミ」のED曲を歌う!

新曲がドラマ「セトウツミ」のエンディングに

テレビ東京ほかにて10月13日(金)より放送のドラマ25「セトウツミ」。同番組のオープニングテーマをSUPER BEAVERが歌うことは先日発表されたが、エンディングテーマを、miwaが担当することが明らかになった。

「セトウツミ」は、「別冊少年チャンピオン」で連載中の此元和津也氏による同名コミックが原作。塾までの空き時間を過ごす男子高校生・内海(高杉真宙)とサッカー部を退部し、暇を持て余した・瀬戸(葉山奨之)が、暇つぶしのために河原で無駄話をするドラマだ。

2017年4月から6月にかけて行われたアリーナツアー「miwa ARENA tour 2017“SPLASH☆WORLD”」の豪華な演出が話題となり、発売されたDVDも好調なmiwa。そして今回、10月25日(水)にリリース予定の新曲「We are the light」が、「セトウツミ」のエンディング曲に選ばれた。

miwaは「主人公の二人のゆるい掛け合いがとても面白くて、何げない放課後の時間なんだけど、実はお互いがお互いを必要としているなぁと思いました。

今回書いた『We are the light』は、“誰もが誰かの光”という思いを込めて作ったので、そんな二人を照らせる曲になれたらうれしいです。ドラマがとても楽しみです」とコメントを寄せた。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)