「やすらぎの郷」最終回に鶴瓶がゲスト出演!! 『これで全部終わりました。すっとしました』

「やすらぎの郷」最終回に鶴瓶がゲスト出演!! 『これで全部終わりました。すっとしました』

笑福亭鶴瓶は石坂浩二演じる脚本家・菊村栄と旧知のマッサージ師を熱演!!

9月29日(金)の放送で最終回を迎える帯ドラマ劇場「やすらぎの郷」(昼0:30-1:15ほか、テレビ朝日系ほか)に、笑福亭鶴瓶がゲスト出演することが分かった。

同ドラマは、テレビの全盛期を支えた俳優、作家、ミュージシャン、アーティストなど“テレビ人”だけが入居できる老人ホーム「やすらぎの郷 La Strada(ラ・ストラーダ。イタリア語で“道”の意)」を舞台に、ホームに入居する往年の大スターたちが直面する問題をユーモラスに描いた人間ドラマ。

これまで、近藤正臣、布施博、冨士眞奈美、津川雅彦、向井理、村田雄浩、柴俊夫、佐々木すみ江、品川徹、織本順吉、上川隆也、神木隆之介といった豪華ゲスト俳優が多数登場。

満を持して出演する鶴瓶の役どころは、石坂浩二演じる老脚本家・菊村栄と旧知のマッッサージ師。菊村は鶴瓶のマッサージを受けながらいつの間にか眠りに落ち、ある決定的な夢を見る…。

これまで未発表ながら、鶴瓶は第1、2週の放送でドラマ冒頭のナレーションも担当。以降、加賀まりこに関西弁を教えるなど密かに「やすらぎの郷」との交流を持ってきた。

鶴瓶は、「加賀さんから電話が掛かってきまして、あんたナレーション下手やなと言われました。ちょっと怒っといてください。ホンマに。いやこれで全部終わりました。すっとしました。ありがとうございました」と明かした。

石坂は、「最終回に鶴瓶さんに出ていただけるということで、とても嬉しく思っております。今回、鶴瓶さんはマッサージ師の役で出てくださるのですが、マッサージはうまかったんじゃないでしょうか? もっとも、私には肩凝りとかが全くなく、普段マッサージを受けないので比較のしようがないのですがね(笑)」とコメント。

さらに、「ドラマのエンディングは、栄の壮大な“回帰”のようなもの。この半年間、ずっと観てくださった方には本当にありがたく思っております。随分と共感のお手紙もいただきました。丁寧に観てくださったみなさんに感謝します」と笑顔で語った。

■ 帯ドラマ劇場「やすらぎの郷」最終話拡大スペシャル(9月29日[金]放送)あらすじ

栄が榊原アザミ(清野菜名)に醜態をさらした翌朝、ひたすら自戒する栄をアザミが訪ねてくる。栄が書いた台本を読み感動したというアザミは、感謝の気持ちを涙ながらに伝える。

その姿に慌てた栄は、とうとう「手を離したのは私」に自分が心動かされた本当の理由を告げる。ところが、アザミから帰ってきた言葉に栄はろうばい。 その衝撃に心が折れてしまう…。

その夜、律子(風吹ジュン)の夢を見た栄は無性に孤独を実感し、自分が帰るべき場所へと車を走らせる。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)