元グレチキ北原、“芸能界引退”し就職も仕事を転々、“リストラ”も…

元グレチキ北原、“芸能界引退”し就職も仕事を転々、“リストラ”も…

MCの名倉潤(中央)

9月28日深夜放送の「じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告〜」(テレビ東京系)では、「アノ芸能人は最近何やってるの?テレビのウラ側大暴露」スペシャルを放送。お笑いコンビ、元グレートチキンパワーズの北原雅樹が、数々のドラマに出演したものの、いつの間にかテレビで見かけなくなり、その後のリストラ、ハローワーク通いなど、波乱の人生を大暴露した。

高校でコンビを組んだ北原は「天才・たけしの元気が出るテレビ」の企画、お笑い甲子園でブレイク。

「僕らは(お笑い甲子園に)出ることになって、(練習で)ストリートパフォーマンスをやって、それと一緒にアンケートも渡していた。女子高生が結構集まってくれていて『面白くなかった』とか『ここ改善』とか色々書いてくれる。

で、皆、住所と電話番号も書いてくれるんで、それを集めていた。全国大会が決まり、全員に電話したんですよ。何日にドコドコで(お笑い甲子園)あるから来てねと。

300人中130人位来てくれたんですよ。」と北原。「それはすごいね」とMCの河本準一(次長課長)。

「200人位のキャパの会場だったんです。ネタをそれぞれがやって、3チーム良かったチームを書いてくださいと。ダントツだったんですよ」と北原。その時見に来ていた事務所の社長にスカウトされたという。

「でも人気だけで獲っていただいたんです」と北原。「じゃあお笑いだけじゃなく、他の事も挑戦してほしいっていう事は、事務所の方に言われた?」と河本。

「元々とんねるずさんを育てた事務所で、同じように売ろうと」と北原。「俳優もやるし、歌もやるし、お笑いの枠を飛び越えてという」と名倉潤(ネプチューン)も答えた。

すると北原はたちまち数々のドラマに出演。アイドル的な人気を博した。一番忙しいときは1週間で12時間しか眠れなかったという。「未成年」「星の金貨」や「竜馬におまかせ」など人気ドラマの重要な役どころに抜擢され、若くして人気俳優となるが、そんな絶頂期に北原の人生を狂わす大事件がおこる。

それはNHKのお笑い番組「爆笑オンエアバトル」。観覧客が持っているボールを、ネタが面白かった芸人に投票していくのだが、グレートチキンパワーズはボール“ゼロ”に。「玉が転がらない。玉が0個」と北原。

「すぐに情報は流れてきたよ。ゼロキロバトルがあったって」と河本も当時を振りかえる。連日、ドラマの撮影に終われお笑いの腕を磨けていなかったためだがこの影響でお笑いどころか、俳優としての仕事も激変していった。

「その時はグレチキは解散しているの?」と名倉。「はい、2005年に解散しています。僕はドラマをやっているし、相方は他の仕事をやっているし、あんまり会わなくて」と北原。「お笑いができひんもんね」と名倉。「劇場があれば、毎日ネタをする場があればね」と河本も続く。「羨ましかったですね。他の事務所の芸人さんたちが」と北原も呟いた。

その後、デザイン事務所など職を点々とするが「僕、一番どん底のとき(28歳)に結婚したんで、子どもも1歳くらいになった時に東京から足を洗って(芸能界を)やめよう、就職しよう」と決意し地元の兵庫県加古川市へと戻った。

34歳から司法書士事務所に就職して事務員として働くがそこも経営の事情でリストラにあう。

「やってもやっても職が手につけへんな」と河本。「もう行かな、と思ってハローワークに。次こそ終の仕事を、一生やる仕事やと思って、ムチャクチャ文字、履歴書につめたんです。で、ハローワークのおっちゃんに『これどうですか?添削してください』って言ったら、おっちゃんが『これじゃあ、どっこも通らんな』って言われたんです。

恥ずかしくて仕事内容を書かなかった。事務所名しか書いてなかった。何してきたか分からんって言われて。で、おっちゃん『恥ずかしいですけど(昔)芸能人をやってまして、見たことあるドラマ、もしかしたらあるかも知れないです』と。

そしたら『アンタな、そんな長いこと、そんな仕事しとったんならそれやらな!』って言われたんですよ」と北原。

「ハローワークのおっちゃんに言われたん?」と河本。「ズキューンときて」と北原。「誰にズキューンきてんねん。でも本当の核心をついてくれたんやな。どっかでモヤモヤしてたんや。やりたいことじゃないのにって」と名倉も笑顔で話す。

「よく考えてみたら、ケーブルテレビとか、コミュニティラジオとか、(地元加古川周辺に)結構あったんですよね。そこに『こんにちは!!』って営業に行った。今も(営業でとった仕事が)続いているんです」と北原。現在は地元兵庫県加古川のケーブルテレビでローカルタレントして活動。

レギュラーは4本あり食べていけているという。「ハローワークのズキュンがなかったら今がないんですから」と河本。意外なきっかけにより、一度は辞めた芸能界でまた頑張っている現在の北原の姿に、スタジオ一同が安堵し話は終了した。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)